生活習慣病 ガイド 山本 匡

やまもと ただし

現役の循環器医として、心臓・血管病を中心に診療を行っています。生活習慣病における動脈硬化性疾患を専門として、予防や急性期治療は当然のこととして食事や運動療法へのアドバイスも行っております。どうぞご利用ください。

得意分野

心臓・血管の疾患、生活習慣病全般

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数6

ガイドからの挨拶

医療とは、医学のみならず様々な学問を包括して行われる枠組みだと考えております。この医療において工学と医学の知識を融合し、心臓血管疾患の予防・治療を行う医師の立場として、正確な情報を提供することを心がけ、お役に立てるサイトを創っていきたいと思います。
突然失われる命ほど怖いものはありません。突然死を回避するために出来ることを、このサイトを通じて提供していきたいと思います。

ガイドの新着記事

  • よくある動悸、危ない動悸の違いとは?

    よくある動悸、危ない動悸の違いとは?

    動悸には、不整脈を感じるとき、鼓動を感じるとき、脈拍が速くなると感じるときがありますが、これらのうち危険な動悸はどれにあたるのでしょうか。よくある動悸は、単純に運動により脈拍が速くなったり、健康な人にも起こる期外収縮といったものがあります。危険な動悸には脳梗塞の原因になる心房細動や心臓が止まる前兆である心室細動などがあります。

    掲載日:2016年08月09日心臓・血管・血液の病気
  • 血液ドロドロって具体的にどういう意味?

    血液ドロドロって具体的にどういう意味?

    血液がドロドロになるということは具体的にどのようなことなのでしょうか?そしてドロドロ血液になって何が悪いのでしょうか?ドロドロになるメカニズムを考えて、血液をサラサラにする方法を提案します。血液サラサラは、きっと健康をもたらす必要条件だと思います。

    掲載日:2015年05月02日心臓・血管・血液の病気