平井 千里

管理栄養士 / 実践栄養 ガイド 平井 千里

ひらい ちさと

メタボ研究を行いエビデンスに則ったダイエットを教える管理栄養士

小田原短期大学 食物栄養学科 准教授。女子栄養大学大学院(博士課程)修了。名古屋女子大学 助手、一宮女子短期大学 専任講師を経て大学院へ進学。「メタボリックシンドローム」について研究。前職では、病院にて栄養科責任者と栄養相談業務を行う。現在は教壇に立つ傍ら、実践に即した栄養の基礎を発信している。

ガイドからの挨拶

こんにちは! 管理栄養士・博士(栄養学)の平井千里です。港町の小さな短大で栄養学の先生をやってます。その前は病院で、「ゴハンの係(栄養科)」の責任者をやっていました。

現在は成人男性の5人に1人がメタボリックシンドロームであると言われています。女性も10~20代はやせている人が多いものの、1人の女性の一生を見てみると、年齢を重ねるごとに肥満していく人が多いようです。メタボリックシンドロームは糖尿病、高血圧、脂質異常症などを誘発します。これらは痛みがないからと放置しがちですが、症状が進むと、命を脅かすような病気をひき起こすことが知られています。

私は「メタボリックシンドロームと遺伝子多型」について研究しています。遺伝子多型とはお父さん・お母さんからもらった遺伝子に書き込まれた「体質」のことです。どんな体質の人がどのような過程を経てメタボリックシンドロームになっていくのか、メタボリックシンドロームやその予備軍と言われてしまったらどうすればよいのか、研究者としての立場と病院で患者様と接している現場の管理栄養士の視点から、食事を中心にくわしくお伝えします。

メタボリックシンドローム解消にはダイエットが欠かせませんが、巷では「やつれる」と「やせる」が混乱しているような気がします。1つの食品だけを食べる「単品ダイエット」は「やつれる」の典型ですが、読者の皆さんの中にも、「単品ダイエット」などで失敗し、つらい思いをなさった方もいらっしゃると思います。そんなつらい思いをなさった読者の皆さんがメタボリックシンドロームを解消し、リバウンドしない健康なカラダを手に入れていただくためのお手伝いができれば、こんなにうれしいことはありません。

経歴・バックグラウンド

■学歴
女子栄養大学大学院(博士課程)修了

■職歴
名古屋女子大学 家政学部 副手
名古屋女子大学 家政学部 助手
一宮女子短期大学 生活クリエイトコース 専任講師
介護療養型病院(老年内科) NST担当 管理栄養士
ケアミックス病院 栄養科 管理栄養士 
小田原短期大学 食物栄養学科 准教授

中学生時代に栄養士を志し、管理栄養士取得。
母校の助手として約1500人の後進を指導した後、女子栄養大学大学院にてメタボリックシンドロームについての研究で博士号を取得。学会発表30回以上。現在、病院栄養士として勤務。栄養に関することは低栄養(高齢者の「食べない」問題)から過栄養(メタボ)まですべてを手がける。深刻な悩みをかかえる患者様・数千人を観察しながら、一般向けのダイエット方法や病気にならない食べ方を研究。

資格

・管理栄養士/栄養士
・博士(栄養学)
・病態栄養専門師
・NSTコーディネーター
・ホームヘルパー2級

経営・所属している企業・団体・協会

・日本病態栄養学会
・日本糖尿病学会
・日本肥満学会

趣味・特技

落語鑑賞(柳家さん喬師匠とさん喬師匠のお弟子さんたちの大ファン)
音楽鑑賞(山下達郎さんの大ファン)
旅先のスーパーで「油揚げ」を探す(地域によって形が違います)
絵画鑑賞(特にフェルメールが好き)

好きなことば・座右の銘

おいしいゴハンがいいゴハン
おいしいゴハンで患者様をハッピーに