村上 カナコ

ダイエット ガイド 村上 カナコ

むらかみ かなこ

ダイエットが楽しくなるお手伝い「ダイエットの通訳」

スポーツジムで、体脂肪の減量をサポートするパーソナルトレーナーとしてキャリアをスタート。全国トップセールスになる。部分痩せが気になり大手エステティックに転職。エステティシャンという立場でダイエットを指導。現在は仙台を拠点に東京でも施術や講座を行う。

ガイドからの挨拶

はじめまして。ダイエットガイドの村上カナコです。
20年ほど痩身に携わり、主に痩せられない人が気になって積極的に接客してきました。ダイエットしたくてもできるかどうか不安であること、またできなかった、やらなかったと自信と元気を消耗している人お声に、お悩みそのものはダイエットではないのではないかということに行きつきました。「楽しいことは続き、気持ちのいいことはやる」本当はすごく、シンプルなことではないでしょうか。

お客様の前後比較写真を作成するため撮り続けた写真から、姿勢の特徴、太さや凝りを気にしている部分と動きの関係、細かな歪みとスタイルの関係が気になりました。そのため2016年から、医師である橋本敬三先生が考案した操体法という妙療法で気持ちよくスタイルを整えるお手伝いに特化しています。橋本先生の言葉にはこのようなものがあります。

「自分でなければやれぬ事が四つある。
息と食と動と想は他人に変わってもらえない。
それに皆天然の法則がある。
知らぬと間違う勉強すること」

この操体法を通し、私たちは意外にも自分の気持ちよさや、自分の力加減さえ知らずに過ごしていること、つまりは自分の身体の情報が足りないことを知りました。気持ちの良い方に気持ちよく動くと凝り固まっていた部分がほぐれるだけでなく一回りほっそりし、動きたくないときは動かなくていい。このような自然な仕組みを知らないために、頑張っていたはずが身体本来のしくみの邪魔をしていることもあるのではないかと思います。

本当は元々恵まれていたことに気づき、ご自身や身体の素晴らしさに気付くお手伝いが、ここでも少しできればと思います。

経歴・バックグラウンド

  • 体脂肪の減量をサポートするパーソナルトレーナーとして働く。全国トップセールスとなる。痩せた後「部分痩せしたかった」女性の声と、「痩せたい」という割に順調に進まない姿、また生理前後のホルモンバランスや情緒の上下などに強く興味関心を持つ。
  • 大手エステティックに転職。 ダイエットコンテストの指導など行う。「ダイエットは苦しいもの」という概念や苦しそうな表情などに疑問を抱く。
  • エステティック課教員として、専門学校にてボディエステティック技術指導。
  • ダイエットの通訳として、ボディメイクサロン(操体法・エステ・パーソナルトレーニングを融合)を東京・仙台で主宰。東京・神奈川からも来店多数。
  • 現在は、女性のボディラインに特化したアトリエを運営。ダイエットの負荷や歪みを減らし、ご自身の素晴らしさに気付いて頂けたらと考えます。