ガーデニングの害虫対策 ガイド 藤田 智

ふじた さとし

恵泉女学園大学人間社会学部人間環境学科教授。専門は園芸学、野菜園芸学。家庭菜園・市民農園の指導普及活動を積極的に行い、園芸関係の著書等は100冊を超え、NHKなどのメディア出演も多数。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数19
執筆書籍数4

ガイドからの挨拶

春は、様々な花が咲いて最も美しい季節です。汗をかいて、一枚上着を脱ぐくらいの温暖な気候。この季節から園芸は始まります。

畑ではジャガイモの植えつけが終わり、サニーレタス、ブロッコリー、キャベツ等の苗を植えつけ始めます。ホウレンソウ、コマツナ、ラディッシュなどの種も撒きはじめ、畑がにぎやかになるときです。1カ月もすると、トマト、キュウリ、ナス、ピーマンをはじめ、ゴーヤやサツマイモ、スイカ、メロン、カボチャなどの栽培がはじまります。

ガーデンでは、春の草花だけでなく夏の球根や秋の草花などの栽培もはじまります。まさに、1年で園芸が最も忙しくなる季節の到来なのです。

園芸は、畑で忙しくしているほかに、常に病気や害虫などの被害を観察しなければなりません。そうしないと、収穫はおろか何もなくなってしまうからです。そうならないうちに早めに見つけて、早めに対策を打ちましょう。畑やガーデニングは止まっていません、動いているのです。

「ガーデニングの害虫対策」では、みなさんが楽しく家庭菜園やガーデニングに取り組めるよう、害虫対策のノウハウを初心者の方にも分かりやすく解説しています。ぜひ、参考にしてください。

ガイドの新着記事