倒産・民事再生 ガイド 榊原 正治朗

さかきばら しょうじろう

レイズ法律事務所(名古屋市)の代表弁護士。倒産事件が増加中の1997年に弁護士登録。登録直後より企業の倒産申立業務や破産管財人の補助業務に携わる。民事再生により再建した企業は、メーカー、商社、運送会社、ゴルフ場、医療法人と多業種にわたる。保険会社で企業内弁護士を勤めた経歴もあり。

得意分野

企業法務全般、倒産・民事再生、保険・交通事故に関する裁判、遺産相続・遺言、不動産売買・賃貸をめぐる紛争

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数7

ガイドからの挨拶

はじめまして。
倒産・民事再生のガイドを担当させていただく弁護士の榊原正治朗です。

生命ある人間は、死を迎えることでその一生を終えます。しかし、健康なうちは、死や病気のことを真剣に考えません。

株式会社などの法人には生命はありませんが、一定の事由が生じたときに消滅し、その役割を終えます。しかし、業績が好調なうちは、倒産のことを真剣に考えません。

たった一つの企業にも、従業員をはじめ、お客様、取引業者、株主などの多くの人や企業が関係しています。倒産により企業が消滅するのか、存続するのかは、その企業にとっても一大事ですが、周囲の多くの関係者にとっても一大事です。

企業が消滅か存続か、最終的にいずれの結論になるにしても、多くの関係者に迷惑をかけることに変わりはない以上、その手続きは公平かつ適切になされる必要があると思います。

普段はあまり考えない企業の倒産や民事再生に突然直面したとき、その関係者の皆様が、不確かな情報に振り回されたり、慌ててとった行動で失敗をすることがないように、倒産や民事再生の手続きをなるべく分かりやすく、また、直ぐに役立つ実践的な情報をご紹介します。

ガイドの新着記事

  • 倒産物件はお買い得?

    倒産物件はお買い得?

    倒産物件と聞くと、一般市民には近寄りがたいワケあり物件というマイナスイメージがあり、倒産後にどのように処分されているのか知られていません。しかし、実際には倒産直前まで倒産会社が使用していた物件で、モノには問題がないということも珍しくなく、一般の方が破産管財人から購入することも十分可能です。

    掲載日:2013年05月27日倒産・民事再生
  • 民事再生手続きを成功させるための5つのポイント

    民事再生手続きを成功させるための5つのポイント

    「民事再生」という名称から、手続きを申し立てれば企業の再生・再建ができるというイメージを持たれがちな民事再生。しかし、現実はそれほど甘くありません。民事再生手続きを成功させ、真に企業再建を果たすための重要な5つのポイントを説明します。

    掲載日:2013年04月30日倒産・民事再生