1週間で100万円儲かったベトナム株OTC投資

ベトナムの銀行のATM。ベトナムにはこんな近代的なATMも!
以前のレポートで、ベトナム株で株を買う方法は3つあるとかきました。1つは上場株を買うこと、2つ目はOTC銘柄(店頭取引銘柄)を買うこと、3つ目はIPOに参加することです。このうち最も一般的なのは上場銘柄を買うことです。これは、ベトナム現地の証券会社に口座を開けば誰でも買うことが出来ます。しかし、誰でも買うことが出来る故に最近株価が急騰してきてしまっており、PERが20倍前後まで上昇してきてしまっているので、それほど旨みが無くなってきているのも事実です。しかし、OTC銘柄は外国人投資家は普通は買えないし、買える立場にあったとしても情報が少ないので、有望銘柄が見分けにくい(上場企業と違ってOTCの対象銘柄はとにかく数が多いので)。したがって、まだまだ割安に放置されている銘柄が多いのです。

年間50~100%も売上が伸びているのにPER5倍以下の銘柄がゴロゴロ

そこで実際にOTC銘柄の企業を何社か、現地で取材してきました。そうしたら、

●まもなく上場予定
●年間50~100%も売上が伸びている
●しかし、2007~8年の予想PERは約5倍前後

という会社が何社かあることが分かりました。訪問した瞬間、この株を買ったら間違いなく数年で数倍になると直感で思う会社がベトナムには何社もあるのです。実はこの感じ、私が10年前に中国株で大きく利益を出したときに、株を買ったときの企業の業績の伸びや株価水準と凄く似ているのです。中国株でも業績が良くてPERが5倍以下の銘柄に投資して負けたことはありません。私の必勝ラインというわけですが、今の中国株には既にその水準の銘柄はありません。やはり株式市場という物は適正な価格で取引されていない、割安な値段で放置されている銘柄を買い、株価が高くなったところで売る必要があります。たとえばOTC銘柄の場合ですと、PERは5倍ぐらいな銘柄がある一方で、上場株はPERが20倍前後ですから、上場しただけで4倍に上昇する余地があり、その後も年間50~100%も売上が伸びれば、さらに数年で2~3倍増が狙えます。

→ベトナム株OTC銘柄に投資したら1週間で100万円儲かった!?