2006年5月1日の新会社法施行により、恒久的に資本金1円から株式会社を設立できるようになりました。しかし、資本金は多くを必要としないものの、登記のための費用はかかります。

(1)株式会社設立費用


株式会社は資本金1円、役員1人から創設できますが、登記のために必要な法定費用として登録免許税15万円と、定款認証の費用5~9万円がかかります。定款認証とは、会社の活動内容や取り決めなどを記載した「定款」を作って公証役場で認証を受けることをいい、通常この費用は9万円(公証人手数料5万円+収入印紙代4万円)かかりますが、電子公証により認証を受けると収入印紙代4万円が不要になり、公証人手数料5万円のみですみます。

そのほかに、定款の謄本や印鑑証明書をとるための費用が約4000円、会社の印鑑(角印、実印、銀行印など)を作るのに3~4万円かかります。また、定款作成や登記申請など手続き代行を司法書士へ依頼すると、報酬として10万円程度を支払うことになります。合計で30~35万円が目安です。

(2)合同会社・合名会社・合資会社設立費用


合同会社・合名会社・合資会社は、公証役場での定款認証は不要ですが、原則として会社保存用原本に収入印紙4万円を貼ります。また、登録免許税が6万円かかり、合計で10万円の法定費用がかかります。

(3)その他の費用


会社の登記以外にも、事務所を開設するまでには什器や備品などがかかります。机や棚、打ち合わせ用テーブル、電話、FAX、パソコン、プリンター、名刺、封筒、ホームページ開設など、30~50万円程度は必要です。

【上野 やすみ】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。