自分に合った保険代理店を見つけよう

 
お店によって、取り扱う保険商品が違うのが保険代理店。まずは相談の目的を明確にして、自分に合うお店を見つけましょう。

・加入したい保険商品が決まっている人
「CMで見た保険商品に興味がある」、「加入したい保険会社がある」など目的の保険が決まっている人は、その商品を取り扱う保険会社が直営する直販型代理店か、保険会社と委託契約を結んでいる専属代理店がオススメ。いずれも保険知識が豊富なスタッフに、商品の詳細を聞くことができます。

・複数の保険商品を比較して選びたい人
加入したい保険が決まっておらず、複数の保険から選びたいという人には、複数社の保険商品を取り扱う総合型の乗合代理店がオススメ。乗合代理店の中には数十社の生損保を取り扱う会社もあり、幅広い商品の中から、自分に合った保険を見つけることができます。

・具体的な相談内容が決まっていない場合
保険料を下げたい、更新で保険料がアップするので何とかしたい……。そんな漠然とした保険の悩みは、定期的に保険の無料相談会などを行っている乗合代理店で相談。保険の有資格者が悩みに応じて対応してくれます。

保険代理店選びは相性も重要

保険代理店を選ぶ際もっとも重視したいのが、店や担当者との相性。保険契約の窓口となった保険代理店は、その後も更新手続きや保険金請求の窓口として長く付き合っていくことになります。

保険の知識が十分にあるか、相談者のために中立な立場で意見を言ってくれるか、事故や入院の際にしっかりサポートする体制が整っているか、なども、店選びの重要なポイント。担当者との相性もありますので、可能であれば複数の保険代理店を回って自分に合う店を選ぶのがベストです。

【安田 一美】

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。