今回は基礎に戻って自動車保険の基本的な補償について解説していきます。自動車保険はその性質から「賠償責任保険」、「傷害保険」、「モノ保険」という3つに分けることができます。

今回は「賠償責任保険」を取り上げてみたいと思います。賠償責任保険ですからその名の通り第三者に対して損害賠償する保険です。

あくまで第三者(相手)に対してのものなので自分自身に対して支払われるものではありません。



自動車保険仕組みは図の通り、まずベースに自動車損害賠償責任保険(自賠責保険あるいは強制保険ともいう、以下自賠責保険)があります。ナンバーをつけて走行する車両はこの自賠責保険に加入しなければなりません。


主な補償内容は対人賠償<死亡補償3000万円、後遺障害75万円~4000万円、傷害120万円となっています(対物賠償の補償は自賠責保険にはありません)。

自動車保険(任意保険)における賠償責任保険は、「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険」の2つです。自動車保険を購入されている方なら対人は無制限で、対物は~などと耳にしたことがあると思います。

私たちが自動車保険に加入するというのは、いわゆる上段の「任意保険」のところで文字通り加入については「任意」です。

自動車保険で通信販売が始まったとか、新商品がでた、外資系保険会社が参入してきたなどというのはすべて「任意保険」の話で自賠責保険は関係ありません。

続きはコチラ→