ボーナスはやっぱり貯金!と考えている方に、高金利のネット定期預金と、ネット定期預金を扱う銀行の情報をお届けします。

ネット定期なら年利1%もあり!

世界的な経済不安がしばらく続きそうです。せめて自分のお財布くらいあったかくしたいものですね。元本が安全で少しでも金利の高い金融商品といえば、やっぱりネット定期。今後の経済情勢は不透明なので、預入期間は短めの1年と2年、預入金額は100万円未満と100万円以上300万円未満で調べてみました。

画像の代替テキスト
2008年10月27日現在。イーバンク銀行は1万円以上の預入。新生銀行は30万円以上の預け入れで、100万円以上の金利は2009年1月31日までの期間限定。ソニー銀行は10万円以上の預け入れ。

年利0.7%以上が表の青い部分です。都市銀行の定期預金が1年で0.35%、2年で0.4%程度ですから、ネット定期の金利は約2倍。さらに新生銀行の濃い青の部分は、現在キャンペーン期間中(2009年1月31日まで)で年利1%以上。夏のボーナスシーズンには住信SBIネット銀行が、やはりキャンペーンで1%の金利を提供していました。期間限定でも高金利の商品を提供する銀行のサービスは嬉しいものです。キャンペーンをきっかけに口座を開くのも、もちろんあり。ただし、今回ご紹介した銀行は、いずれも一般的な定期預金よりも高い金利をキャンペーンにかかわらず提供しています。また、それぞれに個性があり、ネット定期以外にも様々な商品やサービスを取り扱っています。

せっかく口座を開くなら、わずかな金利差よりも、その銀行を自分が使いやすいかどうか、自分と相性がいいかどうかで選んだ方が、便利に気持ちよく利用することができるでしょう。