海外旅行保険カード
クレジットカード付帯の海外旅行保険の内容を注意点とは?

海外旅行保険を確認しよう

年に数回海外旅行に行くような人は、海外旅行保険が自動付帯されているクレジットカードを持っていると役に立ちますし便利ですね。

また海外旅行保険が付帯されているものであれば海外旅行保険料をうまく節約できることもありますので、自分が持っているクレジットカードに海外旅行保険があるのか、またあるならどのような補償がついているのかをまずは確認してみましょう。

しかしクレジットカードに海外旅行保険がついているから必ずしも安心というわけではありません。こうしたことを押さえた上で、クレジットカードと海外旅行保険について解説していきます。

クレジットカード付帯の海外旅行保険とは?

海外旅行では、渡航先でのもしもの病気や事故によるケガ、持ち物の盗難や破損、他人に対して損害賠償しなければならないこと事故をおこしてしまうことなどが考えられます。

これらの事故や病気、さまざまなトラブルなどに対して補償するのが海外旅行保険です。クレジットカードに自動で海外旅行保険が付帯されているものであれば所定の補償を受けることができるというわけです。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の注意点

一般的にクレジットカード付帯の海外旅行保険は補償額が少ないものが結構あります。

具体的には病気やケガの治療費用の補償が少ない(あるいはもともと付帯されていない)ような場合、また海や山での事故などでは救援や搬送などのコストが高額になることも多々ありますので、こうした補償が少ない場合には注意が必要です。

また単純に補償額だけでなく保険のサポート体制がどうなっているかも必ず目を通しておいてください。日本語でのサポートがあるか、医療費を立替え払いしてくれるか、病院を探してくれるかなど渡航先での海外旅行保険のサポート体制は重要です。

最近のクレジットカード付帯の海外旅行保険はある程度の補償があるものは増えているようですがこうしたところまで忘れずにチェックしておきましょう。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の適用要件

海外旅行保険カード
クレジットカードの海外旅行保険を上手く活用しましょう。
仮にクレジットカードに海外旅行保険の補償必要なだけがついているから一安心かと言えばこれまたそうでもありません。

カードによって海外旅行保険を有効にするための要件を満たさなければならないことがあるからです。

例えば入会してから一定の日数が経過してからとか、クレジットカードで旅行代金などを支払うことなど条件がついていることがあります。自分のカードにはどのような条件がついているのかそして自分がその条件を満たしているのかを忘れずにチェックしておきましょう。

補償がついているのに要件を満たしていないい為に保険を使うことができなかったでは意味がありません。

クレジットカード所有者の家族の補償は?

所有しているクレジットカードによって家族まで対象となる場合ももちろんあります。自分で加入しているクレジットカードだけに目が向けがちですが、家族が対象になっているものがないかどうか念のためこれも要確認です。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の適用期間は?

通常3ヶ月程度を保険期間としているところが多いようです。一般的な短期の海外旅行に行く人にとっては十分な期間だと言えますが、長期滞在される予定の方については別途海外旅行保険の加入について検討してみてください。

クレジットカードを複数所有しているときのポイント

今回このテーマを取り上げた理由の一つでもあるのですが、クレジットカードを複数持っているときの海外旅行保険の補償についてです。

何枚持っていても補償が按分されるからあまり意味がないというようなことを耳にしたことはないでしょうか?正確には次のようになりますので是非覚えておいてください。

■死亡・後遺障害保険金
一般的に複数のクレジットカードから同時に保険金が支払われるケースでは、これらの中で最も高い保険金額(補償額)を限度にして、各保険から按分して保険金が支払われることになります。

ですから死亡や後遺障害の補償については皆さんのイメージ通りそれぞれの保険で按分されるわけです。

海外旅行保険カード
クレジットカードが複数あるとき、付帯されている海外旅行保険の適用は?
■死亡・後遺障害以外の他の保険金

一般的に複数のクレジットカードから同時に保険金が支払われるケースでは、これらの保険金額(補償額)を合算した額を上限として実際の損害について各保険を按分して保険金を支払うことになります。

人によって保険に加入する目的は異なるので一概に言えないところはありますが、海外旅行保険ではこの部分(自分自身の医療保障や持ち物損害、賠償責任など)の補償を重視する人が多いと思います。

各クレジットカードを合算した補償がそれなりの金額があれば、ある程度の補償はまかなうことは可能です。クレジットカードを複数枚持っていて、海外旅行保険が付帯されていても必ずしも無駄であるとは言えないわけです。

但し病気やケガによる医療保障や救援者費用などは実際に数百万の金額が必要な場合も多くありますので複数のカード付帯の保険があっても補償が少ないようであれば海外旅行保険の加入は忘れずに。

※付帯されている保険によって内容が異なることがあるので、加入先への確認は必ずしてください。

損害保険ガイドから今日のポイント

1年に何度も海外旅行に行く人なら多少会費が高くても、補償の充実しているクレジットカードに加入するのも一つの方法です。但し節約しすぎて万が一のときに役に立たない補償にしないように注意しましょう。

【関連記事】
無料カード付帯の海外旅行保険は使えるか?
あなたにぴったりの海外旅行保険診断テスト
海外旅行!これを読んでから出発しよう!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。