■「貯金癖」はありますか?

 あなたは、毎月のお給料をどれくらい使ってしまいますか?
 毎月のお給料の1割程度を貯金している人もいれば、ほとんど残らない人もいるでしょう。あるいは、毎月ちょこっとだけお金を借りちゃってる人もいるんじゃないでしょうか?

 貯金をするためのルールはとても簡単です。1カ月の収入より支出を少なくすればいいのです。そうすれば、その差額分、あなたは貯金することができます。

 当たり前と思いますか? でもその当たり前のことを実行するのが難しい! ほとんどの若い人はそう感じていると思います(ぼくも、それができたら苦労しないといつも思います)。それに、毎月収入があるし、ボーナスもあるから、貯金なんてしなくてもいいと思う人も多いのでは?

 でも、もしあなたが貯金する習慣がないのであれば、今すぐにでも貯金癖を身につけたほうがいいと思います。そうしないと……あなたの未来は大変なことになってしまうかもしれません!


■貯金する習慣をつけないと、長い人生は「借金返済人生」になる!」

 では、なぜ貯金する習慣をつけておいたほうがいいのでしょうか?

 まず、言えることは、「借金人生をできるだけ避けなければいけない」ということです。今は、街を少し歩けば、お金を貸してくれるところがたくさんあります。何か欲しいものがあっても、お金がなかったとき、驚くほど簡単にお金を借りることができます。

 しかし、お金を借りるということは、「将来の自分の収入を前借りしている」だけに過ぎないことを強く意識しておくことが必要です。これも、当たり前なのですが、借りたお金は返さないといけないということです。