分かりにくい年金マニフェストを一刀両断!?

11月9日の総選挙が近づいてきました。テレビのチャンネルを変えればいつもどこかで小泉さんと菅さんの顔が映っているような感じです。皆さんは自分の好みの政党は決まりましたか?

「401kと将来設計」のコーナーでは自分の将来設計に大きな影響を与えるこの総選挙を「年金」というキーワードで解説してみたいと思います。

前編では各党のHPなどをもとに各党の年金に関するマニフェストを紹介しました(未読の人はこちらからどうぞ)。とはいえ各党ごとの書き方で書かれているためどの年金マニフェストがいいか判断に困る人もいるでしょう。

後編では各党の年金マニフェストを同じキーワードで比較し、解説してみたいと思います。どの党の年金マニフェストがいいか、ぜひ検討のうえ、総選挙に足を運んで投票をしてください!

[ 後編目次 ]
■各党の年金マニフェストを徹底比較!
□1:基礎年金財源は?~消費税か増税か
□2:制度の将来像は?~負担率の上限と制度再構築は
■まとめ~似たり寄ったり?年金マニフェストの選び方

[ 前編目次 注目!年金マニフェストを整理! ]
■今年の選挙の争点は「年金マニフェスト」だ!
■各党の年金マニフェストを整理!
□与党編:自民党、公明党
□野党編:民主党、社民党、共産党
■どの年金マニフェストが一番?


[ お 断 り ]
※筆者は、特定の政党を推奨する、あるいは非難する意図をもって本記事を執筆しているわけではないことをお断りします。筆者の目的は、分かりにくいマニフェストの内容を年金改正分野に絞って分かりやすく解説することにあります。
※政党の選択は、個人の自由と責任のもと行ってください。
※本記事は10月30日現在の各政党のオフィシャルホームページの記述を参考にまとめているものです。内容には細心の注意を払っていますが、本記事に明らかな錯誤がある場合は、正しい記述の根拠をお示しのうえ、ご連絡いただければ幸いです。