今年7月に『CHANCE』と『星の商人』という2冊の本を出された犬飼ターボさんへのインタビューを2回にわたりお伝えします。

犬飼さんは、大学を卒業した後すぐに中古車販売業を起こしたものの振るわず、セールスの勉強をするために勤めた会社でインターネットを活用した販売を成功させました。
そこで培ったノウハウを活かして、インターネットマーケティング会社を設立。
顧客とともに成功することにこだわった独自のビジネスモデルで業績を伸ばし、さらに起業家支援を中心としたビジネスコンサルティング、ボランティア団体の設立など多方面でご活躍されました。

現在は、複数の会社の経営をほとんど人に任せ、山梨県八ヶ岳でセミリタイア生活をしながら、執筆や福祉活動を精力的に行なわれています。

そんな犬飼さんに、ビジネスで成功し資産を作ることに加えて、人生での成功も実現する方法についてお話いただきました。!

複雑だった若き起業家の胸の内

犬飼さんの公式サイト
ハピサクとは「ハッピー・サクセス」の略。
“成幸両道”へのこだわりが随所に発見できます。

広瀬:
犬飼さんはビジネス・起業で成功されましたが、起業したきっかけとはどのようなものだったのですか?

犬飼:
私が大学時代に父がリストラに遭いまして、
「会社に頼って生きていく時代じゃないな。どうせなら、自分の思ったことをして生きてみよう」
と思ったのがきっかけといえるかもしれません。

子供のころからもともと独立心はあったほうで、心のどこかに社長ってかっこいいなという気持ちがあったと思います。
ところが高校、大学と進学するにつれて周囲にうまく溶け込めなくなり、みなとの間に距離がどんどんできてしまいました。

その頃、私はプライドだけが高くて周りの人間を見下していたのです。
そんな態度だからサークルの先輩にも好かれるわけがなく、浮いた存在になっていましたね。
こんな自分が会社なんかに入ったら、地獄だろうなと(笑)
自分を受け入れてくれない先輩たちに会社で部下として使われるくらいなら、自分があいつらを使ってやろう・・・。
そんな、実にトゲトゲしい心境でしたね。

広瀬:
起業の陰には、複雑な想いがあったのですね。。

実際に起業するのにあたっては、なにか具体的な準備をされましたか?
最近では起業家向けのセミナーや異業種交流会に参加する人も多いようですが。

犬飼:
はい、さすがになんの準備もないというのも不安になりまして、専門学校の会計士コースをとって学びました。
準備といえばそれくらいで、その勉強が終わったらいきなり中古車屋さんを始めてしまいました。

広瀬:
ほとんど「ぶっつけ本番」の起業だったわけですね!

2冊の本を生み出した
犬飼さんの成功談・失敗談は次のページで>>