【起動/終了 /XP】

パソコンを休止状態で終了させると、作業中の内容がすべてハードディスクに格納されます。つぎの起動時には、前回に使用していたアプリケーションや開いていたフォルダは、そのままの状態で復元されますので、作業が途切れることなく続行できます。

まず、[コントロール パネル]を開きます。[コントロール パネル]がカテゴリ表示に設定されている場合は、[パフォーマンスとメンテナンス]カテゴリにある[電源オプション]をクリックします。

[電源オプション]をクリックすると、[電源オプションのプロパティ]ダイアログボックスが表示されます。[休止状態]タブをクリックし、[休止状態を有効にする]ボックスをチェックします。

これで、設定は終わりました。実際に休止状態にするときは、[スタート]ボタン→[終了オプション]をクリックして、[終了オプション]ダイアログボックスを表示させます。

そして、[Shift]キーを押すと[スタンバイ]ボタンが[休止状態]ボタンに変わりますので、[Shift]キーを押したままクリックします。

パソコンを休止状態にするためには、ある程度のディスク領域が必要です。また、再起動後の環境が異なると、前回と同様の復元ができない場合があります。

【手順のまとめ】

 1)[コントロール パネル]を開く。

 2)[パフォーマンスとメンテナンス]カテゴリにある[電源オプション]をクリックする。

 3)[休止状態]タブをクリックする。

 4)[休止状態を有効にする]ボックスをチェックする。

 5)[OK]ボタンをクリックする。

【関連リンク】

起動直後にアプリを自動実行する

起動後すぐに受信トレイを開く

右クリックでアプリを選択!