ダウンタウンがクリスマス色に包まれる! ハワイのホノルル・シティ・ライツ

ホノルル・シティ・ライツのメイン会場、ホノルル・ハレ(市庁舎)。ハレ周辺にも大型デコレーションやイルミネーションが登場

ホノルル・シティ・ライツのメイン会場、ホノルル・ハレ(市庁舎)。ハレ周辺にも大型デコレーションやイルミネーションが登場

1985年にスタートしたホリデーシーズンのメインイベント、ホノルル・シティ・ライツ。毎年12月第1土曜から正月明けまでの約1か月間、ダウンタウンがイルミネーションとクリスマスデコレーションで彩られます。日本でイルミネーションといえば、ロマンティックな大人のイベントですが、ホノルル・シティ・ライツは、南の島ならではのユニークな演出で、美しさに可愛らしさもプラス。ファミリー必見のイベントなんです。

<目次>  

巨大ツリーとミスター&ミセス・サンタに会いに行こう

メインツリーは、数年ごとにデコレーションが変わる

メインツリーは、数年ごとにデコレーションが変わる

ホノルル・シティ・ライツのメイン会場となるのが、ダウンタウンのホノルル・ハレ(ホノルル市庁舎 「ハレ」とはハワイ語で家の意味)。毎年ハレ前の庭には、オアフ島の一般家庭などから提供された15メートルものノーフォーク杉のツリーが設置され、市の職員やボランティアによって飾り付けられます。ツリーのテーマ、デコレーションは数年ごとに変わります。
ハワイのサンタクロース夫妻は、衣装も南国バージョン。夫人の髪にはハイビスカス、腕にはハワイアンジュエリーも

ハワイのサンタクロース夫妻は、衣装も南国バージョン。夫人の髪にはハイビスカス、腕にはハワイアンジュエリーも

シンボルツリーの隣にある噴水は、ミスター&ミセス・サンタクロースの指定席。シャカサインをおくるご機嫌なサンタクロースの胸元はルーズに開き、足は夫婦揃って裸足。足元には水がふき出していて、なんとも涼しげ。
こちらも常連のスノーマン・ファミリー。服装や持ち物もチェックして

こちらも常連のスノーマン・ファミリー。服装や持ち物もチェックして

そして、ツリーの脇には、スノーマン・ファミリーも毎年登場します。マフラーや手袋を着けていても、頭には麦藁帽子。手に持っているのは、シェイブアイスとサーフボード。クリスマス=冬、雪といったイメージを一新させるハワイならではの演出を見逃さないように、ゆっくり、じっくり見学してくださいね。ツリー点灯は、例年18時から。青空の下、日中に見学するのも南国らしい雰囲気が味わえるのでおすすめです。
 

ホノルル・ハレにはサンタの家もある

ホノルル・ハレは、朝7時45分から夜11時までオープン

ホノルル・ハレは、朝7時45分から夜11時までオープン

ホノルル・シティ・ライツの見どころは、巨大ツリーだけではありません。ツリー後方にあるホノルル・ハレ(市庁舎)では、趣向を凝らしたクリスマスツリーとリースのコンテスト作品が見学できます。また、館内にはサンタクロースの家があり、クリスマスイブまでサンタクロースとの記念撮影会を開催しています(例年初日とクリスマスまでの毎週金曜夜。スケジュールはウェブサイトで発表)。
 

幻想的なイルミネーション…ホノルル・ハレ周辺にも見どころがいっぱい!

大掛かりなデコレーションも多く、絶好のフォトスポットに

大掛かりなデコレーションも多く、絶好のフォトスポットに

ホノルル・ハレ周辺の官庁街(サウスキング通りとその1本山側にあるベレタニア通り)にも見どころがいっぱい。カメハメハ大王像後ろのハワイ州最高裁判所やその隣にあるカワイアハオ教会内部、水道局、新聞社などの建物も色とりどりのイルミネーションで包まれます。
ホノルル・ハレが建つサウスキング通りの様子

ホノルル・ハレが建つサウスキング通りの様子

夜のダウンタウンは治安が良くないと言われていますが、ホノルル・シティ・ライツ期間だけは例外。開催中は警官によるパトロールも行われているので、安心して見学できますよ。
 

テレビ中継もあり! イベント初日は点灯式を開催

高さ15メートルものシンボルツリー。ツリーのテーマ、デコレーションは数年ごとに変わります

高さ15メートルものシンボルツリー。ツリーのテーマ、デコレーションは数年ごとに変わります

2019年のホノルル・シティ・ライツは、12月7日(土)にスタート。初日7日には、シンボルツリーの点灯式とエレクトリックライトパレード、人気ミュージシャンによるライブエンターテイメントなどイベント盛りだくさんのオープニングナイトが開催され、ローカルたちが早くから場所取りにかけつけます。イベントスケジュールは以下の通り。オープニングナイトの模様は、テレビやインターネットで生中継されます。

オープニングナイト 2019年12月7日(土)16時~23時>
16時:フードブース付きブロックパーティ(パンチボウル通り)、キッズアクティビティ&スーベニアブーズ(ファシ・シビック・センター Googleマップ)オープン
18時:ツリー点灯式(市庁舎前)、パレードがチャイナタウンをスタート
18時30分:市庁舎前にパレード到着、ツリー点灯
19時30分:ホリデーコンサート(スカイゲート広場 Googleマップ)、サンタと無料記念撮影(ミッション・メモリアル・オーディトリアム Googleマップ
 

ホノルル・シティ・ライツへの行き方

車窓から見えるダウンタウンの街並みもお見逃しなく(Niigata Photo Library/a.collectionRF/amanaimages)

車窓から見えるダウンタウンの街並みもお見逃しなく(Niigata Photo Library/a.collectionRF/amanaimages)

ワイキキからホノルル・ハレまでのアクセスをご紹介します。日中に訪れる場合は、市バスで。夜は、旅行者向けの観光トロリーが運行されるので、こちらを利用するのが安心でしょう。
 

ワイキキトロリー ホリデー・ライツ・トロリー・ツアー

イベント2日目から、ワイキキトロリーが夜のワイキキ~ダウンタウン間を運行。T ギャラリア ハワイを出発して、ダウンタウンのイルミネーションを眺めながらホノルル・ハレへ。ハレ近くの停留所で下車後、周辺を自由に見学します。クリスマスソングが流れる車内は、クリスマスムード満点! 人気ツアーなので、ウェブサイトで早めの予約を。

<DATA>
Waikiki Trolley Holiday Lights Tour(ワイキキトロリー ホリデー・ライツ・ツアー)
運行期間:2019年12月8日(日)~30日(月)
スケジュール:T ギャラリア ハワイ出発18時30分、19時、19時30分 、ホノルル・ハレ出発19時、19時30分、20時、20時30分
料金:大人25ドル、3~11歳16ドル、2歳以下は、膝の上にのせた場合は無料
※2019年10月3日現在、ワイキキトロリーウェブサイトでは未発表ですが、旅行代理店での申し込みは開始済
 

レアレア・イルミネーション・イロリー

ワイキキのT ギャラリア ハワイからダブルデッカー(2階建てバス)に乗って出発。アロハタワーを経由してダウンタウンヘ。約40分の自由行動の後、ワイキキへ戻ります。復路は、アラモアナセンターで下車することも可能です。車内では、ウクレレの生演奏も。

<DATA>
LeaLea Illumination Trolley(レアレア・イルミネーション・トロリー)
運行期間:2019年12月13日(金)~12月26日(木)
スケジュール:ウェブサイト参照  18時30分 T ギャラリア ハワイ 出発  約2時間のツアー
料金:大人27ドル、2~11歳22ドル
 

ザ・バス

ワイキキ・クヒオ通りバス停からザ・バス2番でS Beretania St+Punchbowl St交差点バス停下車。ホノルル・ハレまでパンチボウル通りを海側へ2ブロック歩いてサウスキング通りへ。または、13番でKapiolani Bl+South Stバス停下車後、徒歩3分。ルートは異なりますが、19・42番も利用可能。復路は、サウスキング通りのバス停から乗車します。所要時間約20~30分、料金2.75ドル。パレードが行われる初日は、迂回ルートで運行されます(ザ・バス ウェブサイト)。
 

レンタカー

平日16時30分以降、および、土・日曜、祝日の場合、サウスベレタニア通り×アラパイ通りの交差点にある大型駐車場「Fasi Municipal Building Parking Garage」が駐車無料に。日中は、Fasi Municipal Building Parking Garage(1ドル50セント/30分)、周辺の路上コインパーキングへ。

<DATA>
Honolulu City Lights(ホノルル・シティ・ライツ)
開催期間:2019年12月7日(土)~2020年1月1日(水)
会場:ダウンタウン ホノルル・ハレ(Googleマップ)周辺
TEL:808-523-4674

【関連記事】
ハワイの旅行ベストシーズン、気温・気候、雨季情報
ハワイの文房具、お土産にしたいおすすめ6選
ハワイ限定のお土産2019!おすすめ雑貨&お菓子20選
ハワイ 10・11・12月の気候・服装・イベント・セール
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。