オーストラリア北の玄関口ケアンズから、軽飛行機で約40分。世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフの真っ只中に浮かぶ、トロピカル・アイランド ダンク島。この島には、1つの宿泊施設『ダンク・アイランド・リゾート』しかない1島1リゾートというところが、旅心を誘われる。

島の7割が国立公園に指定されているダンク島は、島全体が熱帯雨林に覆われ、自然との調和を大事にしながら快適なリゾートを作ったというポリシーが、いたるところに生かされている。

かといって、何もなくて退屈…なんて心配はまったく要らないのだから、リゾート満喫型のヴァカンスにはうってつけなのだ。



ダンク島へGO!
・アクティビティ豊富、退屈知らずの島
・アウター・リーフでシュノーケリング
・アーティスト・コロニーを見学
・ファミリーで楽しむダンク島
・ダンク島 詳細データ



アクティビティ豊富、退屈知らずの島

このダンクほど、バラエティに富んだ楽しみがある島というのはなかなかない。ビーチで遊ぶだけじゃなく、熱帯雨林トレッキングや乗馬、ゴルフにテニス…その他にも大人から子供まで楽しめるアクテビティが盛りだくさん!
しかも燃料や飼料(餌)を必要とする遊び以外は、ほとんどのアクティビティが宿泊料金に含まれているのだから、普段やったことのないゴルフにだって、気軽に挑戦できたりするからウレシイ。(ボールだけは有料だけど)

ダンク島に来たら、まずやってみたいのがMt.Kootaloo(コータルー山)へのトレッキング。熱帯雨林に覆われたダンク島最高峰で、標高271m。リゾート施設から約2時間で登ることができる。
頂上の展望台からは、ダンク・ファミリーと呼ばれる周辺の島々とメイン・ランド(本土)、そして周りに広がる美しいグレートバリアリーフの海が一望できる。