ガイド岩田も参加?!第7回ローマ国際写真フェスティバル


photo by SAWA pasqua
"target=_blank>Skip life, Casi speciali di normarlita' nel divenire quotidiano の展示作品のひとつ。↑手モデルやりましたよ

2008年4月4日から5月28日まで、第7回ローマ国際写真フェスティバル Festival Intelnazionale di Roma VII が、開催されます。

世界的に有名な写真家マルコ・デローグ氏とローマ市とのコラボレーションで生まれたこの国際イベントも、今年で7回目。毎年決まったテーマに沿った沿った作品を国内外で募集し、優秀なアーティストたちを審査&厳選。イタリアの、そして世界の写真アート界の最先端を見られる大規模なアートイベントのひとつです。

今年のテーマは、「Vedere la Normarita', La fotografia racconta il quotdiano」日本語に直せば、「~普通とは何か、写真は日常を語る~」といったところ。開催者のマルコ・デローグ氏によれば「私たちにとって写真とは、日々を表現するのに最も適した道具。特別との比較の中にある普通を捉えてみることもできるのではないか」。

メイン会場となるのは、ローマのナツィオナーレ通りのちょうど中間地点にある「Plazzao Esposizione エスポジツィオーネ宮殿」。数年を要した大規模なリニューアルを修了し、昨年秋から再びオープンしたローマの最新スポットです。美しい大理石に覆われた白亜の宮殿の内部は、広々としたイベント空間。再オープンと同時に「スタンリー・キューブリック回顧展」を開催するなど、これからのローマの美術系イベントの拠点となるべく話題を集めています。今年のローマ国際写真フェスティバルでも中心的な存在となります。

話題のエスポジツィーネ宮殿をはじめ、現代美術館、トラステヴェレ・ローマ美術館、他、ローマ市内のさまざまな美術館・ギャラリーにて、国内外のアーティストたちの作品が展示される第7回ローマ国際写真フェスティバル。ちょうどゴールデンウィーク期間にも開催されていますので、この春ローマへ行かれる方は、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう?


"target=_blank>Skip life, Casi speciali di normarlita' nel divenire quotidiano
Via dell'Arancio,79
※場所は上記サイト内に詳細あります。
06-68807116
4月9日~4月30日
火曜日~土曜日 16:00~20:00 日・月休
"target=_blank>GALLERIA MANIERO
入場無料


Festival Intelnazionale di Roma Vll edizione
2008年4月4日~5月25日まで
※イベントにより開催場所・開催期間は変わります。
ローマ最新スポット!カフェも素敵な美術館

イタリアの最新エスポジツィオーネ宮殿では、パオロ・ウッズ、ルチア・ミンコーヴァ、ティム・デイヴィス・・・・などに混ざって、ヒロユキ・マスヤマさんなど日本人の写真家も。

トラステヴェレ・ローマ美術館では、ダニエレ・ダニエッリによる「東京滅亡 Tokio in Eclisse」なんて展覧会もあります。外国人の目に日本(東京)がどう写るのか、興味深くもありますよね。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。