シンプルなダイエット!
『5Factor(ファイブファクター)ダイエット』のやり方を紹介

エンダ
いつもの食事に5つの要素を加えることで、ダイエット効果がグンとup!!
このダイエットのキーワードは「5=ファイブ」です。食事内容、食事回数、運動etc全てに「5つのFactor=要素」を盛り込んでいるのが特徴です。

■食事の5ファクター

1 食事の半分は炭水化物を含ませる
ご飯やパンなどの主食だけでなく、豆類や果物、野菜など炭水化物を含む食品で1食の半分を占めるようにする。その際、玄米、雑穀米、全粒パンなど血糖値の上がりにくい食材を選ぶ。

2 低脂質のたんぱく質をとり入れる
1食の中で1/3を目安に低脂質で高たんぱく質の食材をとりいれる。脂身のない赤身肉や青身魚、卵白などが◎。代謝のよい体づくりには不可欠。

3 1食5~10gの食物繊維を

食物繊維は1食で5~10gを目安に。野菜や果物を皮ごと食べると、効果的に食物繊維が摂取できます。また豆類もオススメ。

4 良質な脂質を適量

エキストラバージンオイルやキャノーラ油、えごま油など、悪玉コレステロールを減らし、ビタミンの吸収を良くする良質の油を選ぶ。

5 水をこまめにとる

水、お茶、コーヒー(無糖)、ノンカロリー飲料をたっぷりとる。


■食事タイミングの5ファクター


カフェ
食事回数は1日5回! 暴飲暴食が防げます
「1日5回食事する!」。前ページでも述べましたが、こうすることで空腹感が減り、インスリンの過剰分泌が抑制され、体脂肪のつきにくい代謝のよい体質に導きます。

やり方は、自分が1日に起きている時間を5で割り、出た数字を食事と食事の間隔に。例えば起きている時間が17時間だとしたら、17÷5=3.4となるので、約3時間おきに食事をとるということ。朝7時起床の夜12時就寝の場合は、朝7時、朝10時、昼1時、夕方4時、夜7時がだいたいの食事タイムと設定されます。

■運動の5ファクターは!

デラックス
週5回の運動も習慣に!
週に5日、20~30分程度の簡単なストレッチやエクササイズを取り入れることも大切。運動をプラスすることで、より効果が上がるのだそうです。

毎日!と言われると億劫な気もしますが、ダイエットのためなら週に5回は頑張れそう!? 一つ手前の駅で降りて歩いたり、エスカレーターを止めて階段を使うだけでも十分運動になりますよ。