浜比嘉島に行ってみた!


夏の終わりが近づいて、暑いなかにも秋風の気配を感じる今日この頃…。な~んて、少しはメランコリックな気分を味わってみたいのですが、沖縄では無理!無理! だって、10月までは夏ですもん!

本土からのお客さまが減って、沖縄各地のビーチも少し静かになりました。とはいえ、9月、10月はウチナーンチュ(沖縄人)のビーチパーティが本格化するシーズン。海風が心地よい季節です。

有名なビーチもいいけれど、たまには静かに、ゆったりのんびりリラックスしてみたい!と思いませんか? そんなアナタのために、お手軽だけど「ちょっと穴場♪」という居心地のよいビーチをご紹介します。

海中道路と橋で、本島につながったとても小さな島「浜比嘉島」のビーチです。橋を渡った先のT字路を左に行き、小さな漁港を通り過ぎると、海沿いに未舗装道路があります。その先です。上の写真が浜比嘉ビーチです。

 おお、沖縄には海底トンネルが!

ところで海中道路。最初この名前を聞いたとき「オキナワはスゴい!」と、えらく感動しました。海底トンネルを想像したんですよ。ガラス張りで、海のなかが見えるようなやつ。が、予測は見事に外れた。本島と離島をつなぐための道でした。

伊計島と浜比嘉島にむかってまっすぐ伸びる道路は、まさに海の上。沖縄ならではの景色を楽しめます。海中道路の途中には浜辺に下りることのできるパーキングスペースがありますので、車をとめて、しばし海景色を楽しもう。もち、トイレ完備だから安心! 

ヤシの木陰で語らうカップルや、子供たちを海で遊ばせている家族連れ、ウィンドサーフィンに興じる人もいれば、バーベキューパーティ開催中のにぎやかなグループ等など…。

夜になると、今度は夜景が超きれい! 夜の海を彩るイルミネーションは街の灯です。こりゃあもう、カップルにおすすめのロケーションなのだ!