「日本一」の桜の道

桜のトンネル
日本一の桜のトンネル。樹齢70年を超えるソメイヨシノがみだれ咲く。

桜の季節。
今年も、全国の桜の名所は、多くの人たちであふれかえることでしょう。
でも、桜を愛でに泊まりがけで行こうと思う人は少ないかもしれません。なぜなら、どこも早くから満館になり予約が取れないうえに、料金も少々お高くなるせいもあるかもしれません。
どこか、桜の名所でゆっくり温泉に浸かれる穴場はないものか。
そう聞かれることもしばしばあります。
実は、あります。
設備が整っていたり、便利なアクセスの場所ではないかもしれません。それでも、旅や湯、そして桜を愛する人が楽しみに泊まりに来る。そんな隠れ宿を一軒ご紹介しましょう。
それは、「日本一の桜のトンネル」のある、福島県富岡町
一時間に一本、鈍行列車しか止まらない常磐線「夜の森(よのもり)」駅を降りると、駅のホーム脇にも桜並木。この駅はシーズン中、桜の花びら舞い散る「桜の駅」と化します。
そして、駅から続く道の両側には、延べ2.5kmにわたる桜のトンネル!

夜桜のライトアップ
幻想的な夜桜のライトアップ。
富岡町夜の森地区では、桜のトンネルと、花見にちょうどよい「夜の森公園」の桜を合わせ、2000本以上の桜が4月中~下旬に咲きみだれます。毎夜18時から21時までは桜のトンネルはライトアップされ、歩みを進めるほどに幻想的な光景に酔い、時の経つのを忘れてしまうほど・・・。
年々知られるようになるにつれ、また常磐自動車道が富岡まで延伸したこともあり、週末にはたくさんの人で賑わう「夜の森の桜」。
皆さんも、一度、ご覧になってみてはいかがでしょうか!
さて、その日のお宿は・・・。