洗い方(洗濯機洗い編)

1.ダウンジャケットを整え、必ずネットへ
ダウンジャケットのファスナーなどは留めてから、洗濯用ネットへ入れます。ネットが小さめなら軽くたたんで。洗濯用ネットへ入れないと衣類が傷むほか、洗濯機がエラーを起こす等トラブルの元になりますので、必ずネットに入れてから洗います。

2.洗濯機のコース設定
洗濯機のコース設定で、ソフトやドライなどの名になっている弱水流のコースを選びます。中性洗剤を入れ、ぬるま湯を使えるようにし(お風呂の残り湯でもOK)、ネットに入れたダウンジャケットを入れ、スタートします。

干す

形を整えてしわをのばし、ハンガーにかけて、風通しのよい日陰で干します。脱水後はすぐにこれをしないと、目立つシワが残ったり型崩れしますので要注意!

中のダウンが片寄っている場合は少し乾いてから、または乾いてからほぐして直します。ほぐし方は両手ではさんでポンポンとたたくような感じで、決して揉まないように(ダウンがちぎれてしまいます)!

なお干すときは針金ハンガーではなく太く(厚みがある)、アームが長めのハンガーがおすすめです。奥の方は乾きにくいので、できれば2、3日干します。湿ったまま収納すると、臭いやカビの原因になります。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。