ミニマンゴーとは?美味しすぎる完熟マンゴー

ミニマンゴーとは?美味しすぎる完熟マンゴー


<目次>  
 

ミニマンゴーとは?

色々と調べたのですが、ミニマンゴーという種類は無いようです。つまり、普通のマンゴーの中で、たまたま実が大きくならなかったものが、ミニマンゴーとして出荷されるようです。専門に作っていませんから、数が少ないうえに、生産地では根強いファンがいる為、一般の小売にはほとんど流通しません。
 
ミニマンゴー
左のマンゴーが1個500gサイズ
言ってみれば、選果落ちの規格外マンゴーですから、形や色などはそろっていませんが、味は素晴らしく、地元の人たちが好むのも納得です。

見た目と大きさは別にして、糖度が非常に高く、酸度が低いので、大きなマンゴーより
も美味しいくらいです。

1個500gサイズの大玉(5000円くらい)に対し、ミニマンゴーは70g~90gくらいです。写真でも明らかですが、ぐっと小ぶりになります。
 

完熟マンゴーは熟してポロリと落ちる

輸入物のマンゴーは完熟前にはさみで切って収穫し、食べるまで追熟させますが、宮崎などの完熟マンゴーは、マンゴーが熟して自然に落ちるのを待ちます。
その為、非常に糖度が高く、酸味も少ないので、明らかに輸入物とは味わいが違います。
農家の方々は熟してきたマンゴーに透明(透明でないとマンゴーに後が残る)のネットをかぶせ、自然にマンゴーが落ちるのを待ちます。落ちたマンゴーをネットに引っ掛け、地面に落とさないで収穫します。
 

ミニマンゴーの食べ方

ミニマンゴー
小さくても小悪魔的な香りがします
先ず、熟しているか否かは必ずチェックです。せっかくのミニマンゴーでも熟していなければ、力が発揮できません。少し柔らかな手触りになってきて、匂いも例の独特な艶かしい感じになってきたら食べ頃です。

 
ミニマンゴー
果肉はまさにマンゴーです
色々な切り方があるかと思いますが、私の一押しは包丁でリンゴの皮をむく要領で皮をクルクルとむき、丸ごと口に入れます。口の中で歯と舌を使って、ミニマンゴーを徐々に味わい、最後に種を出す食べ方です。

 
ミニマンゴー
左の私の指と比べると薄さが際立ちます
ミニマンゴーの種は非常に薄く、本当にマンゴーを丸まる食べた満足感があります。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。