真夏のワンプレートごはん
@セコンドピアット

 

イタリア料理のメインディッシュであるセコンドピアットは、ハーブを使うことが良くあります。特にお肉料理には臭みをとり、風味をつけるためにふんだんに使用されます。

簡単に美味しくピアットウニコを仕上げるためには、そんなに手の込んだセコンドピアットは避けたいですね。今回はハーブで風味を出し、オーブンに入れるだけの簡単セコンドピアットを御紹介します。

鶏のオーブングリル オレガノ風味
Pollo al forno al'oregano


【分量】2人分
【材料】

鶏もも肉………………
…1~2枚
乾燥オレガノ……………適宜
EXVオリーブオイル……大さじ2杯
塩…………………………適宜
黒こしょう………………適宜
EXVオリーブオイル……適宜
レモン……………………1/2個

【作り方】

  1. とり肉は皮目を上にして、塩、こしょう、オレガノをふる。
  2. オーブンプレートにオーブンシートをしき、1のとり肉をのせ、分量のオリーブオイルを回しかけ、200度のオーブン予熱なしで15~20分焼く。
  3. とり肉がジューシーに焼き上がったら皿に盛り、適宜の量のオリーブオイルを回しかけ、レモンを添える。

【ポイント】

  • とり肉は1~2枚になっていますが、大きさによってですので、好みの大きさで結構です。
  • 予熱なしのままでオーブンに入れ焼き上げるので、実質は25~30分位の焼き上がりになります。
  • 予熱をしてしまうと、中まで火が通らなかったり、表面がパサパサになってしまうこともあります。
  • 好みでオレガノではなく、乾燥ローズマリーを使用しても美味しく頂けます。
  • スライスすれば、サンドウィッチにも最適です。

イタリアのパングリッシーニを使った、簡単アンティパストを添えてみてはいかがですか?


<<前へ 1 / 2 / 3 次へ>>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。