はじめての小樽の楽しみ方

小樽のシンボル、小樽運河

小樽のシンボル、小樽運河

みなさんは、小樽にどんなイメージを持っていますか? 運河と倉庫群、ガラス、お寿司…という印象が強いのではないでしょうか。
明治後期から昭和初期にかけの小樽は、「北のウォール街」と呼ばれ、北海道はもちろん、日本の金融・経済を支える街でした。その当時、重厚感のある建物が数多く造られ、約一世紀を経たいま、味わいのある街並みが魅力です。
食の楽しみも、お寿司をはじめとする魚介類、昔懐かしい洋食や甘味、地酒やワインなど、多々あります。

小樽へは、札幌からJR快速エアポートで約32分、高速バスで約55分、札樽自動車道経由で車だと約40分。宿泊をしてゆっくり…はもちろん、札幌からは日帰りの旅も可能です。ポイントとなるエリアを案内しましょう。

【小樽駅エリア】
小樽駅内に観光案内所あり。小樽駅前はバスターミナルになっていて、観光に便利な散策バスもここから出ます。周辺には「三角市場」「石川啄木歌碑」などがあります。

【小樽運河~堺町エリア】
旧北海道銀行本店(現在の小樽バイン)

旧北海道銀行本店(現在の小樽バイン)

小樽の旅の中心的なエリア。運河沿いには石造りの倉庫群、周辺には歴史的建造物が建ち並びます。観光案内所は運河プラザ内にあり。「北一硝子」「かま栄」「小樽洋菓子舗ルタオ」など、お土産スポットも数多く点在。ぶらぶらと眺めながら歩くのが楽しいエリアです。
★JR小樽駅から徒歩10分ほど。バスもあり。

【南小樽~築港エリア】
石原裕次郎記念館」「南小樽市場」「田中酒造 亀甲蔵」などが、主な見どころ&お土産スポット。
★JR南小樽駅周辺、散策バスもあり。

【祝津~高島エリア】
祝津パノラマ展望台からの眺め

祝津パノラマ展望台からの眺め

潮の香りをより近く感じるエリアです。「にしん御殿 小樽貴賓館」「おたる水族館」「祝津パノラマ展望台」などが見どころ。またグリーンシーズンは、小樽港第3埠頭~祝津港を結ぶ「海上観光船」もおすすめです。
★駅前のバスターミナルから路線バスで約25分。


旅のアドバイス

運河・堺町・南小樽は徒歩で移動できる圏内。1日あれば、主だったスポットをまわり、祝津方面にも足をのばすことができます。中心部を離れる場合、アクセスはバスになるので、時間を確認してプランニングするのがおすすめ。夕暮れの街並みや小樽天狗山からの夜景を楽しむなら、1泊してのんびり小樽を満喫してみては!?

[関連サイト]
>>小樽市内のアクセス
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。