※このイベントは、2007年5月20日をもちまして終了いたしました。
第9回国際バラとガーデニングショウ
第9回国際バラとガーデニングショウ公式ガイドブック

国際バラとガーデニングショウ概要

「国際バラとガーデニングショウ(International Roses & Gardening Show)」とは、世界のバラと美しいガーデニングを紹介するイベントで、昨年は25万人を超える来場者を迎えた、国内最大規模の華麗なる祭典です。
第9回目を迎える今年は「L' art de vivre(アートな暮し)」をテーマに、2007年5月16日(水)~20日(日)の5日間、埼玉県所沢市のグッドウィルドームにて開催され、およそ100万輪ものバラが会場を彩ります。
今回はそのショウの様子を、画像と共にご紹介します。展示作品の画像は、クリックすると拡大画像をご覧になれます。別アングルや植栽の参考になるようなショットもありますので、ぜひご覧下さい!

スイート・ローズアベニュー
エントランスからすぐ、バラの回廊が出迎える(クリックで画像拡大)

フランスのバラ

テーマ「L' art de vivre」を見ておわかりのとおり、今年はフランスにスポットを当てたショウとなっています。
ガーデニングというと、どうしてもイギリスを思い浮かべてしまいますが、フランスもかのベルサイユ宮殿に見られるように、古くからガーデニングが盛んな地です。また優れたナーサリーから、数々の名花も誕生しています。
画像のスイート・ローズアベニューの脇には、フランスのナーサリー「メイアン」、「ギヨー」、「ゴジャール」、「デルバール」を紹介するコーナーがあり、フランスのバラの魅力を伝えるべく、各ナーサリー代表作と新作のバラが展示されています。

コンテスト作品

鉢花部門大賞株
鉢花部門大賞株(クリックで画像拡大)
国際バラとガーデニングショウでは、プロ・アマを問わず一般公募によるバラとガーデニングのコンテストも行なっています。毎回丹精こめたバラや創意工夫に溢れた展示作品が寄せられ、庭づくりのヒントを得ることができる場ともなっています。
画像は、バラ鉢植え部門の大賞を受賞した、「雪姫」。その名の通り、透き通るような花びらをした、繊細なバラでした。
ハンギングバスケット大賞作
ハンギングバスケット部門大賞作「陽光」(クリックで画像拡大)

ローズアベニューを抜けたところで、吊りタイプのハンギングバスケットのコーナーが広がります。これまでは壁掛けタイプのみのハンギングバスケットでしたが、今年からあらたに吊りタイプも審査対象となりました。
そしてめでたく大賞を受賞したのが、この「陽光」という作品。タイトルに合わせて、ライムグリーンとイエローにこだわって作りこんだということです。

次ページでは、ガーデン部門をご紹介します!>>次ページへ