※このイベントは、2007年3月25日をもちまして終了いたしました。
2007日本フラワー&ガーデンショウ
2007日本フラワー&ガーデンショウリーフレット

日本フラワー&ガーデンショウ概要

2007年3月23日(金)~25日(日)の三日間、幕張メッセで開催された「2007JAPAN FLOWER&GARDEN SHOW(日本フラワー&ガーデンショウ)」に行ってきました。
社団法人日本家庭園芸普及協会が主催するこのショウは、花と緑に関する知識を普及させることや業界の発展などを目的に、花・園芸・造園に関連する商品や情報を入手できる場として開催され、今年で17回目を迎えます。
今年のテーマは「育て、咲かせ、香りも楽しむLOHASな生活」で、いままで園芸などにあまり関心のなかった人たちもターゲットに取り込み、家庭園芸の楽しさをアピールしようというイベントです。
今回はこの「日本フラワー&ガーデンショウ」取材で感じたこと、注目の新品種やガイドが面白いと感じた新商品などをご紹介します!

「見る」よりも、積極的に「参加」したいショウ

ディスプレイ作品「山水長巻」
もちろんディスプレイ作品も楽しみだが……
クリックで拡大ページへ
これまで「世界らん展」「東京ガーデンジュエリー」、そして「国際バラとガーデニングショウ」など様々なガーデニングイベントをレポートしてきましたが、その多くがsightseeing(観光)的なものであったような気がします。もちろん見ごたえのある展示物に加えてそれぞれのショウやフェアごとに様々な企画が準備され、新品種や珍しい植物を見ることができたり、植物について学ぶ事ができる、またディスプレイの中からガーデニングのヒントを得るといったメリットもあるので、それらを否定するつもりは毛頭ありませんし、これからも楽しんでいきたいと思っています。
でも、いままでは数々の展示作品を見て回るだけで終わってしまうことが多かったのではないでしょうか?その点、「日本フラワー&ガーデンショウ」は前述の通り家庭園芸を普及させることが最大の目的ですから、「見る」よりも「積極的に参加して、自分自身で何がしかを得る」、そんなイベントのように感じました。

ガーデニングセミナー
出展者ブースでのセミナーも開催されている
また「花と緑」に関する日本一の総合園芸ショウを目指すだけに、会場では鉢花や種苗、培養土や薬品といった各種園芸資材、ガーデニンググッズなどの展示即売やPR、新品種の紹介など、その内容はガーデニング見本市ともいえます。
会場では植物栽培やガーデニングのコツを学ぶことができるセミナー、ハンギングや寄せ植え作りを学べる「ガーデニングレッスン」、GA(グリーンアドバイザー)が作った寄せ植えなどをゲットできるチャンス「ガーデニングオークション」など積極的に「参加」したい企画もたくさん。せっかく来たなら、参加しなきゃ損というものですよね。

フォーカスフラワー「ガーベラ」

フォーカスフラワー「ガーベラ」
フォーカスフラワー展示
クリックで拡大ページへ
前項で「積極的に参加しよう!」と述べましたが、やはりとっかかりとしては「見る」のが一番手軽なのかもしれませんね。美しい花を見ればそこから、「育て方は?」とか「ウチの庭でも植えられる?」といった興味もわいてくるのではないでしょうか。
ということで、まずはこちら!2007年度のフォーカスフラワー「ガーベラ」を使った、テーマ展示のコーナーです。

ガーベラはその愛らしい花姿とふんわりとした花色(最近は斬新な花色も増えましたが)から人気が高く、アレンジメントによく用いられる花なのでガーデナーでなくてもご存知の方が多いと思います。
展示コーナーでは色とりどりのガーベラをふんだんに使ったディスプレイが、来場者の目を楽しませていました。また、それぞれの品種ラベルをまとったガーベラが壁一面に並んでいた展示も圧巻でしたよ。
様々なガーベラ 様々なガーベラ
パープルスプリングス(中央) ミニスカート(左から二番目)
※フォーカスフラワーとは、(社)日本園芸普及協会が多方面の情報に基づき、ショウでその年度の推薦品種として選定した花のこと。

次ページは、「注目の新品種」と「アイデア満載!ガーデニング関連商品」です>>次ページへ