※このイベントは、2006年10月29日をもちまして終了いたしました。

東京ガーデンジュエリー概要

ハンギングバスケット
プレクトランサスと球根ベゴニアだけで作られたハンギング
「東京ガーデンジュエリー」とは2003年の日比谷公園開園100年記念事業を承継する形で企画されたイベントで、日比谷公園と丸の内仲通りを会場に市民や団体、企業が協力して街ぐるみで行うガーデニングショーです。
今年の「東京ガーデンジュエリー」は「日比谷公園ガーデニングショー2006」と「丸の内仲通りガーデニングショー2006」からなり、それぞれ『気持ち晴れやかに ここにしかない花もある』、『伝統ある街づくり・花カフェ仲通り』をテーマに、2006年10月20日(金)~29日(日)の10日間の開催となりました。
今回は、そのイベントの様子をお伝えします!(※展示作品の画像は、クリックすると拡大画像を見ることができます)

丸の内仲通りガーデニングショー2006

壁面緑化
工事現場に壁面緑化で緑を
今年の「丸の内仲通りガーデニングショー」は、ちょうど会場となる丸の内仲通りで歩道工事などが行われており、歩道スペースを使っての展示作品は昨年に比べると少なくなりました。そのかわり、壁面緑化パネルを使ってなされた展示が、味気ない工事現場を見事に覆い隠していました。
壁面緑化に関しては、街に緑を増やし都市景観を整えるといった面だけでなく、都市におけるヒートアイランド現象の対策の一つとしてもその効果を期待されています。今回は壁面緑化に携わるメーカーの協賛による、8作品が展示されていました。

竹のポケット
一見するとただの竹垣、でも実は……
次に歩道スペースを使ってのコンテストガーデンの展示を見ていきましょう。 入賞作品については丸の内仲通りガーデニングショーのサイトでも個々に画像入りで紹介されていますので、ここではガイドが注目したところを中心にご紹介します。
竹のポケット
竹のポケットの中には、可愛い秋がぎっしり!
まずはガーデンジュエリー大賞を受賞した、「竹のポケット」という作品です。うっかりすると「ただの竹垣?」と通り過ぎてしまいそうですが、タイトルにある「竹のポケット」を覗いてみると……。こんなに可愛い「秋」が、隠れていました!

丸の内ポケットオアシス
和テイストのオアシス
次は銅賞を受賞した、「都市と緑のバランス~丸の内ポケットオアシス~」という作品です。全体的には和テイストの庭ですが、目を惹いたのはやはり屋根の上の緑ですね。

メインガーデン
吉谷桂子氏デザインのメインガーデン(別アングルの画像あり)
最後に今年のモデルガーデンから、吉谷桂子氏デザインのメインガーデンです。 外側だけ見ると突然街中に茫々たる草っぱらが出現したかのようですが、中には実に様々な植物が植えられていました。このあたりの植栽の妙は、「第7回国際バラとガーデニングショウ」のシンボルガーデン『秘密の花園』で見せた手法に通じるところがあるような気がします。

次ページでは、「日比谷公園ガーデニングショー2006」の様子をお伝えします>>次ページへ


1 / 2 / 3 次のページへ>>