※このイベントは、2005年10月23日をもちまして終了いたしました。
矢野TEA氏のモデルガーデン
丸ビル前のモデルガーデン、屋上庭園のイメージ(画像をクリックで拡大)

東京ガーデンジュエリー概要

2003年に開催された日比谷公園開園100年記念事業の趣旨を承継する形で企画されたこのイベントは、日比谷公園と丸の内仲通りを会場に、市民や団体、企業が協力して街ぐるみでガーデニングショーを行うというものです。

今回で三回目となる「日比谷公園ガーデニングショー2005」は『実りの秋のものがたり 収穫の喜びに湧く9日間』をテーマに、10月14日(金)~22日(土)第二花壇をメイン会場にガーデンコンテストの作品などが展示されました。
また昨年から併催となった「丸の内仲通りガーデニングショー2005」では、10月14日(金)~23日(日)の10日間『アーバンガーデン「杜・花・彩─Sall we walk!!」』をテーマに矢野TEA氏によるモデルガーデン2点の他、コンテスト選出の15点のガーデンが展示されました。
今回はその日比谷&丸の内で繰り広げられた、ガーデニングショーの様子をお伝えします。

ハンギングバスケット
街路灯に取り付けられたハンギング

丸の内仲通り

丸の内仲通りガーデニングショーの会場は、東京駅丸の内北口から見えるビル「丸の内オアゾ」前から始まります。
今回は英国のチェルシーフラワーショーのメダリストである矢野TEA氏デザインのモデルガーデンが、このオアゾ前と丸ビル前に展示されていました。
オアゾから丸の内仲通りに進むと、通り沿いの街路灯にはたくさんのハンギングバスケットが飾られていました。
その数は、なんと126基!デザインのパターンも様々で、使われた花材とバスケットに植え込まれた配置図も添えられており、感心しました。
矢野TEA氏のモデルガーデン
丸ビル前のモデルガーデン。こちらはエコロジーを意識した作品
(画像をクリックで拡大)
ハンギングを見た人たちの「あの花はなんだろう?」という疑問にも答えられますし、植物の組み合わせ方の参考にもなりますよね。

ハンギングバスケットを眺めつつしばらく歩くと、やがてコンテスト選出のガーデン作品が仲通を挟む形で展示されているのが見えてきます。
オフィスビルの谷間に現れた、それぞれに個性のある15作品。
コンクリートジャングルの中で忙しく仕事をされている方たちへ、一服の清涼剤になったのではないでしょうか。
Seiren ~静簾~
多賀植物園「 Seiren ~静簾~」
(画像をクリックで拡大)
“ちょっとひと休み”“彩・形・香”
アキラ・ガーデン・デザイン「“ちょっとひと休み”“彩・形・香”」
(画像をクリックで拡大)

(なお各展示作品の詳細につきましては、丸の内仲通りガーデニングショーのサイトで紹介されています)

次ページでは、日比谷公園の様子をお伝えします>>次ページへ