おすすめINDEX【イベント情報】でもご紹介しておりました、「世界らん展日本大賞2004」に行ってきました!
そこで今回は、「世界らん展」の会場の様子などをご紹介したいと思います。

昨年は9日間の開催期間中に44万人を越える人が来場した(一日に換算すると約5万人)ということでしたので覚悟はしていたのですが、予想以上の人・人・人…ドームの前には入場を待つ長蛇の列ができていました。
その行列を見て、蘭はこんなにも人気がある花なのか…と改めて感心させられました。
画像は、「世界らん展日本大賞2004」公式ガイドブック

会場に入るとまず、100万輪のオンシジューム「オーキッドロード」が出迎えてくれます。
ドーム型の天井、左右と、オンシジュームの花に囲まれる空間です。
入場口から臨む
中に入るとこんな感じ


オーキッドロードを抜けると、全国の蘭園、農園、愛好会などによる様々な蘭のディスプレイが広がっています。
ディスプレイは、蘭の美しさもさることながら、原生地をイメージしたもの、「和」をイメージしたものなど、どれも趣向を凝らしたものばかりでその見事さには溜息がでるほどです。


さて会場は広い東京ドーム、事前に会場案内の紙を頂いていたのですが、ディスプレイに見惚れて人並みに押されるようにカメラ片手にグルグル会場内を見てまわったので、途中でどこを見てどこを見ていないのかわからなくなってしまいました。


さすがにちょっと歩き疲れた気もするし…とグルリと会場内を見回すと、観客席に設けられた休憩所でお弁当を広げている方々も…。
会場内では飲食できませんが、この休憩所ではOK。お弁当や飲物、お土産用のお菓子なども販売されています。
会場内では迷子の呼び出しアナウンスなどはしていないので、グループでお出かけの方は事前に「はぐれたらココね」と待ち合わせ場所を決めておくといいですね。