各地で催される花イベントは、ただ花を見るだけでなく、栽培方法を学ぶチャンスでもあります。
今回は2002年3月に開催された「イーハトーブいわて世界の蘭展」の模様と、蘭の栽培教室をレポート!



2002年3月30日から4月4日、岩手産業文化センターアピオにて、「イーハトーブいわて世界の蘭展」が開催されました。
世界の蘭3000種約2万株という大規模な展示会は北東北では初めてということで、私も蘭の世界を堪能すべく会場に赴いてみました。
前売り券完売のところも多いとの情報が入り、初日の開場時間めざして出かけたのですが、既に人、人、人…。情報はガセではなかったようです。

入り口を入ってすぐ、数え切れない蘭の花で彩られた巨大ディスプレイが出迎えてくれました。
これらディスプレイは「銀河鉄道の停車場」、「グスコーブドリの遊園地」、「チェリスト・ゴーシュのファンタジー」、「ダースコダーダの火まつり」、「羅須地人の無常」といった、イーハトーブゆかり(宮沢賢治の作品ゆかり)の名前が付けられ、観客の目を惹いています。
個別株展示部門ではグランプリ作品の展示のほか、いずれ劣らぬ優秀株がズラリと並んでいます。
また、洋蘭・東洋蘭・日本蘭の生産者による展示即売も大盛況!

開催初日は、イーハトーブ世界の蘭展審査委員長を務められた園芸研究家・江尻光一氏の「初心者のための栽培教室」が人気を集めていました。
私もメモを取りながら、約一時間のお話に聞き入ってきました。

次ページは、栽培教室の模様です!