先日、「花の国づくり岩手県協議会」主催による「いわて花メッセ2001」というイベントに行ってきました。

会場は岩手県農業研究センターで、こちらの「本部参観デー」との共同開催とあり、開場時間から既に大勢の人でにぎわっていました。

開場では、ケヤキを中心に花で取り囲んだ「フラワーガーデンツリー」と「フラワーゲート」がお出迎え。ゲートをくぐるとトレリスに様々なハンギングバスケットが飾られていました。


主要イベントとしては、フラワーコンテストに出品されたハイクォリティーな花たちの展示と販売予約、フラワーデザインのデモンストレーション、ガーデニング講習会などを開催。
メイン開場にはウェルカムフラワーディスプレイをはじめ、県立農業大学の生徒さんによるアレンジメントなどが飾られ、彩りを添えていました。

人気があったのは、参加費用は材料費だけという各種教室。講師の指導を受けながら、作品を作って持って帰れるということで、たくさんの人が挑戦していました。

フラワーデザイン教室では、ドライフラワーによるアレンジメントを作っていました。
隣の押し花アート教室では、しおり、トレイ、キーホルダーなど好みの作品に挑戦!
美しいお手本を参考に、試行錯誤しながら作品を仕上げていきます。

屋外ブースでは、ハンギングバスケット教室が開かれていました。
ハンギングバスケット協会の方たちに教わりながら、さまざまな花苗、葉物などをバスケットに植え込んでいきます。
皆さん、真剣に作業されていましたよ。

画像は「草物盆栽(山野草の寄せ植え)」をしているところです。

次ページは、メインイベントの中から「フラワーデザインデモンストレーション」の様子です。