部屋
寛げる雰囲気の中にハードなアイテムがクールに引き締める。こだわりのある一人暮らし男性の部屋をご紹介します。。
一人暮らしのインテリア実例」シリーズとして、まるでショットバーのような華やぎと寛ぎのある男性の部屋をご紹介します。インテリアの印象を決める、徹底的にこだわった照明は必見です。

その他の一人暮らしの部屋のインテリアを紹介した記事は、「一人暮らしのインテリア実例」シリーズとしてまとめてあります。

=INDEX=
■ 部屋の間取り
■ ゆっくりとお酒を楽しむ隠れ家を実現
■ 和室も大改造。上手に隠して生活感を消す
■ バスルーム&トイレのインテリアも手を抜かない
■ インテリア上手は、お手本を真似ることから


部屋の間取り

ruiさん
(30歳・会社員)

-Room Data-
埼玉県在住
家賃:63,000円(管理費込)
間取り:1DK

間取図

ruiさんの一人暮らしは3年目。初めての一人暮らしは、この部屋から始まりました。

この部屋に決めた理由を伺うと、「賃貸なのに、自分で壁紙を選ぶことができたこと。それから、ある程度のカスタマイズであれば、許してもらえることです。もちろん、契約のときに、その許可はいただいています」とのこと。賃貸住宅では部屋作りにも制限ができてしまうこともありますが、夢中になっていくと、大がかりな改造も楽しんでみたくなるもの。その点、ruiさんの部屋探しは大成功ですね。

ちなみに、間取図では和室がありますが、とてもそうとは思えないほどスタイリッシュに変貌を遂げています。詳しくは、次のページからご紹介していきます。

次のページでは、ダイニングキッチンをご紹介します。こだわってセッティングされた照明が隠れ家的な雰囲気を盛り上げています。>>次のページへ