夏の定番。七夕ご飯。素麺+野菜レシピ』としてご紹介する、素麺レシピです。辛さで食欲をアップさせる『韓国冷麺風ピリ辛そうめん』も、併せてご覧ください。

ネバネバした食べ物は元気が出る。そんな話を聞いたことはありませんか。

その話にはもちろん根拠があって、オクラや長芋、里芋、納豆などのネバネバした成分はムチンと呼ばれるもので、免疫効果を高めてくれると言われています(詳しくは、All About[食と健康]インフルエンザ予防にヌルヌル食品 をご覧ください)。 また、そこに疲労回復の効果が高いクエン酸を多く含む梅干しをプラスすれば、夏バテだって吹っ飛んでしまうかも。

切って、乗せて、混ぜるだけの簡単レシピ。疲れて帰って軽く食べたいときの夕ご飯や、小腹が空いたときのお夜食などに、ぜひどうぞ。



元気のもと。ネバネバ&スッパ! パワーアップそうめん

ネバネバ&スッパ! パワーアップそうめん
野菜たっぷり、彩りも鮮やかで食欲をそそります。よーくかき混ぜて、美味しさを絡めていただきましょう。

材料(1人分)

素麺 100g
ひきわり納豆 1/2パック
オクラ 2本
長芋 5cm程度
梅干し 1個
しそ 1枚


(たれ)
水 300ml
しょう油 100ml
みりん 100ml
昆布 5cm角
鰹節 5g


作り方

たれを作る
1. めんつゆを作ります。市販のものでもいいですが、もし切らしているときでも簡単に作れます。材料を鍋に全部入れて、一度沸騰したら、弱火で3分ほど煮立てます。ざるなどで濾したら、できあがり。余った分は冷蔵庫で一週間ほど保存できます。冷たくして食べるので、早めに作っておきましょう。


オクラの下処理
2. オクラは塩をまぶし、まな板の上で手で押さえながら転がして、うぶ毛を取ります。洗い流してから輪切りにします。生のままでも食べられますが、えぐみが気になる人はさっと茹でて。


野菜を切る
3. 長芋は千切りにします。


梅干しをたたく
4. 梅干しは種を取り除いて、叩いておきます。


素麺を茹でる
5. 沸騰したお湯で素麺を茹でます。


盛り付ける
6. 茹であがった素麺の上に納豆、オクラ、長芋、しそ、梅干しを盛り付けて、めんつゆをかけたら、できあがり。よく混ぜながら、お召し上がりください。





しその爽やかな風味、納豆のうまみに、梅干しのすっぱさ…。いろんな美味しさが素麺に絡まるので、夏バテしているときにも箸がすすみます。野菜もたっぷりとれますよ。

今後の記事の更新情報については、ガイドメールマガジンでもお伝えします。ご購読を希望される方はこちらからご登録ください。

== 関連サイト ==
All About[一人暮らしの楽しみ方]ひとりご飯の簡単レシピ集
自炊をした方がお財布にも健康にも優しいけれど、ちょっぴり面倒。そんなときにすぐに使える、一人暮らし向けのレシピを掲載したガイド記事を集めました。
All About[ホームメイドクッキング]鮎の清流そうめん
鮎の塩焼きと、梅味が入ったとろとろのおくら。ちょっと小粋なそうめん。冷酒を添えて、晩酌のおともにいかがでしょう。
All About[スパイス&ハーブ]4種のタレが楽しい!サラダそうめん
メニューにそうめんが増える季節ですが、いつも同じ味で飽きてませんか? 韓国やアジア、イタリアンなど、4種類の風味の違うタレで食べるサラダそうめんをご紹介します。
<All About[スピードレシピ・料理]ガスパチョそうめんの作り方
ガスパチョは夏バテ防止、ヘルシー&ビューティーにいちおしのスープ。そうめんと一緒に食べればダイエッターにもおすすめのお夜食になります。
All About[おかずレシピ]コンソメジュレの三色洋風そうめん
七夕の日にはそうめんを食べる風習がありました。コンソメをジュレにして、赤・黄・緑のカラフルな具を乗せて、洋風のそうめんにしてみました。




『一人暮らしの楽しみ方』のガイド記事で取り上げてほしいテーマを募集しています! 疑問・質問、興味関心のあることなど、どしどしこちらにお寄せください。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。