防災用語辞典 Topは行>非常持ち出し袋

非常持ち出し袋実際に被災したことがある方々から、貴重な情報を頂いております。大地震や自然災害が発生すると、その直後から様々な物が必要になってきます。普段の生活であれば、何がどこにあるのかを把握していますよね?

ところが、大地震などが起きた場合は転倒防止措置をしていなければ、冷蔵庫は倒れ、テレビもすっ飛び、食器棚やタンスも倒れたり中身をぶちまけているような状況になります。

もしも、大急ぎで家から脱出しなければいけない状況になってしまっても、懐中電灯や食料、水などの最低限必要なモノは、まず見つからないでしょう。それを、確実に持って逃げることが出来るように『非常持ち出し袋』を備えるのです。

基本的な『非常持ち出し袋』の中身については、次回お話しするとして、今回は実際に阪神淡路大震災の避難所で、被災者の方々が語った生きた情報から、「何を備えたらいいのか?」を、考え、参考にしたいと思います。

では、避難場所などに避難した、【その時】欲しかったモノを見てみましょう!!

被災した『その時』欲しかったモノ

被災時、無くて困ったモノ・あって良かったモノ(7月22日公開予定)

オススメ!その他に、複数の方々の意見ではありませんが、【地図】【方位磁石】【子供のおもちゃ】【好きな小説】【携帯ゲーム】【精神安定剤】【使い捨てカイロ】【アイマスク】【折り畳み椅子】【ペット用品】【ガス漏れ検知器】【サランラップ】【アルミホイル】などなど、いろいろな用品が、災害備蓄品として備えておきたいという事でした。

どれも、実際に災害現場で「使用した」「欲しかった」ものばかりですので、『これは良い!』と、思ったモノがあれば、皆様のお家で用意している『非常持ち出し袋』に加えてみてはいかがでしょうか?

また、まだ用意していないという方は、是非とも参考にして頂きたいと思います。

関連記事

独自の防災マニュアルを作ろう「 グラッと来たらテーブルの下?

【防災豆知識】避難するの?しないの? こんな時は避難所へ!

徹底解析! 日本直撃『大地震』

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行
防災用語辞典 Topは行>非常持ち出し袋
 地震・自然災害・火事対策  防 災 用 語   メールマガジン


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。