今回はほんゆず1個分を焼酎漬けに♪種は約10gありました。

ゆずの種の化粧水

柚子にはとてもたくさんの種がついています。
この種や種のまわりのヌルヌルには、保湿成分や、シミ・小じわを薄くするペクチンが含まれていて、昔のおかあさんたちはこれらを集めて化粧水にしたのだそうです。


準備するもの

・ゆずの種(できればたくさん集める)
・焼酎(ゆず種の重さの10倍量)または、水(ゆず種の3倍)
※焼酎は35度がおすすめ。低くてもよいのですが日持ちしません。
※アルコールに弱いお肌の方はお水を使うとよいです。

作り方(焼酎バージョン)


(1)種を集めて重さをはかる。
(2)種は洗わずヌルヌル部分ごと焼酎に漬けて、冷暗所に置く。
(3)約1週間後、どろりとしてきたら、種をひきあげて完成。


作り方(お水バージョン)


(1)種を集めて重さをはかる。
(2)水に付けて、冷蔵庫で保存する。
☆種は洗わずヌルヌル部分ごと使う。
(3)1日ほどでぷるっとした保湿液が完成。   
☆この種はあと2、3回再利用できますが、そのときは長めに漬けます。


香りを満喫し美肌づくりにもフル活用してと、おばあちゃんたちはさすが暮らしの楽しみ方をよくご存じです。
そんなお話を紹介したガイド本『おばあちゃんの歳時記 暮らしの知恵』もよろしかったらご覧くださいませ。


◎こちらもおすすめ☆柚子レシピ

・柚子をきかせた美味おかず>>『カジキのソテーきのこ柚子ソース』
・柚子こしょうが手に入ったら>>『柚子こしょう風味のチキンとレタスのパスタ』
・手作りできるんですよ♪>>『柚子こしょう』
・おせち料理に>>『おせち料理にもう1品!ゆず釜』

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。