ケージ
飼育用品もセットされた便利なケージも売られています
初めて小さなペットを飼う人は、ケージをどう選べばいいかわからないかもしれません。ペットショップでどのようなケージがいいか説明してくれるとは思うのですが、してもらえない場合には、あなたから聞いてください。

また、「昔使っていたのがあったはず」と、ペットの種類を考えずに昔のケージを使ってしまうと、ペットに快適な環境を与えることができなくなってしまうかもしれません。管理(掃除)のしやすいケージやペットの習性を考慮したケージなど、新しいケージも作られていますので、ケージを買うことだけは検討してください。

ペットの種類で好ましいケージは変わる

ペットショップにいろいろな種類のケージがあるのは、買う人のことを考えているからではありません。ケージで暮らすペットのことを考えているからです。

モモンガやリスといった樹上性のペットの場合、高さのあるケージが求められます。ハムスターのようにケージの網を登ることができるペットの場合、落下したときのことを考えると高さの低いケージが求められます。このように、飼うペットによってケージに求められるものは変わるのです。

モモンガにはモモンガにとって快適な環境が作れるケージ、ハムスターにはハムスターにとって快適な環境が作れるケージ、とペットの種類に合わせてケージは選びましょう。

足の裏に毛のあるペット

リス用ケージ
リスの生態を考えて作られたケージもありました
ウサギやフェレットのように足の裏に毛のあるペットがいます。彼らの足の裏の毛は何のためにあるのでしょうか? ペットの足には肉球(パッド)と呼ばれる、弾力のある部分があります。人間の手で言うならば指の付け根の肉厚のある部分になるでしょうか。これは、足を地面につくときのクッションの役割を果たします。では、肉球のない部分はどうかというと、毛がカバーしているのです。

平らな床で暮らしていれば、毛がカバーしているので足の裏に怪我をすることはありません(とがった物を踏んでしまうなどの事故は別です)。しかし、床が網目になっている場合、その上を歩くことで足の裏の毛は擦り切れ、カバーしきれなくなってしまいます。そして、足の裏に傷を作ってしまうことがあるのです。

床を歩く、足の裏の弱い動物には金網状の床は好ましくありません。床が網じゃないケージを選ぶか、網底ははずして使うようにしましょう。

排泄量の多いペット

排泄量の多いペットの場合、網状の床は掃除しやすく便利です。網状の床の下がトレーになっていれば、トレーをはずして掃除できますので、ペットへの負担も少なく掃除ができます。しかし、掃除がしやすくってもペットの足に負担となる床ではいけません。

こういう場合は、底網をはずして、代わりにすのこを使いましょう。すのこは100円ショップなどで安く買えます。すのこがセットになって売られているケージもあります。

トイレのしつけをしない方がいいペット

手乗り用ケージ
手乗りの鳥さんを考えたケージもありました
水分を身体にためておけない鳥類は、ケージのいろんな場所で排泄します。手乗りであればケージから出して掃除をするのも楽しめると思いますが、網底の下のトレーをはずして掃除ができる鳥かごが、掃除しやすくて便利でしょう。

鳥類もトイレのしつけはできます。合図に合わせ、排泄するしつけをされた鳥さんに私は会ったことがあります。でも、この鳥さんの飼い主は、トイレのしつけを勧めませんでした。なぜならば、教えてしまうと合図をされるまで排泄を我慢してしまうため、鳥の身体に良くないのだそうです。全ての鳥さんが同じかどうかはわかりませんが、鳥さんは犬のように12時間も排泄を我慢できる動物ではありませんので、常に鳥さんと一緒に居られる環境にない方は、トイレのしつけはしない方がいいでしょう。

鳥類の場合、止まり木がつけられることも大切なケージ選びのポイントになります。手乗りならば鳥さんが出て来やすいように、入り口が大きく開き、固定できるタイプのケージもいいでしょう。

-->>次のページでは、ケージを選ぶ前の準備について説明します。

ケージを選ぶ前にすること

フェレット
ペットが気持ちよく寝られるケージを選びましょう
何も考えずにいきなりケージを買いに行く人は少ないと思います。でも、準備不足で希望にぴったり合ったケージを買えなかったという人はいるのではないでしょうか? ケージを買うときに、失敗しないために次のことを準備しておきましょう。
  • ケージを置く場所を決める
    ケージを買ってから置く場所を決めるのではなく、ケージを買う前に置き場所は決める必要があります。まずは、ペットの習性や飼い主家族の生活パターンを考慮し、家族の誰かの部屋に置くかみんなが集まる部屋に置くかを考えてみましょう。

    ケージを置く部屋が決まったら、次はケージの置き場所です。日当たりやエアコンの風の動きなどを考え、ペットに最適と思える場所を決めましょう。 そして、ケージを置く場所のまわりを整理し、ケージ用スペースを作ります。
  • 置けるケージの最大サイズを測る
    ケージ用スペースが作れたら、その幅、奥行き、高さを測ります。測った値が、置けるケージの最大サイズとなります。ケージを選ぶときはこの最大サイズを基準にして、できるだけ大きなケージを選びましょう。

    小さいケージの方が場所も取らないし掃除も簡単で便利。そんなことを考えたことはないでしょうか? 確かに小さいケージの方が狭い場所に置けますし、掃除にかかる時間も短いでしょう。でも、これらはケージ選びの重要ポイントにはなりません。

    ほとんどのペットは、1日の半分以上をケージの中で過ごしています。それだけに、飼い主はペットにとって快適なケージを選ばないといけません。ペットが快適に感じるケージ、それは狭いケージではなくある程度の広さのあるケージです。ケージの中に落ち着いて寝られる寝場所があり、ごはんを食べる場所があり、退屈したときには遊べるおもちゃも入っている。そんなペットの望むであろうことを考えたケージを用意するためには、ケージには広さが必要になるのです。
大きなケージは掃除に時間もかかるし、簡単に移動することもできません。 でも、大きなケージの方がペットにかけるストレスは軽減されます。ケージ選びは、最大サイズを基準にしてできるだけ大きなケージを選ぶようにしましょう。ペットの快適さを優先し、その後に掃除のしやすさなど飼い主の都合を考えてケージは選んでください。

-->>次のページでは、賢くケージを買う方法をご紹介します。

お店に並んでいないケージ

ケージ
掃除のことを考えたケージもありました
ケージを買いに行くとき、ほとんどの人がお店に並んでいるケージから選ぶと思います。でも、お店に展示されていないケージもあるんです。ケージのような大きな商品は、全ての種類を展示しているお店はまずありません。よく売れる商品や新製品などだけを展示しています。その中に欲しいサイズのケージが必ずあるとは言い切れません。

お店の中にあるケージから欲しいサイズのケージが見つけられなかったときには、お店の人に聞いてみてください。展示していないケージが在庫でお店の奥にある場合があります。また、お店になくてもカタログで選ぶことができる場合もあります。ケージは頻繁に買い換えるものではありません。無理に選んで長く使えないものを買ったりしないで、お店の人に相談してみましょう。

特定動物専用のケージは無い!

お店では、「フェレット用ケージ」とか「ラビットケージ」と、ペットの種類が商品名や販売名に含まれているケージも展示されています。でも、決してその動物専用でほかの動物には使えないというわけではありません。

商品名や展示ディスプレイの様子から、ある特定のペット1種類専用のケージに思えてしまうことはあります。でも、そこで勘違いをしてしまうのは、もったいないです。違う種類のペット用ケージとして売られていても、その大きさや作りが自分のペットにとって快適な環境を作るのに適している場合もあるのです。

我が家のフェレットたちは、チンチラ用のケージも使っています。フクロモモンガたちは、高さのある鳥かごで飼っていました。猫が病気をしたときは、ラビットケージに入れて保温と点滴を行っていたこともあります。

自分のペットにとって快適なレイアウトが作れると判断したら、たとえそのケージが他の種類のペット用として売られていても気にせずに購入は検討してください。リスだから絶対リス用ケージ、なんて考えてしまうとあなたのペットが快適に過ごせるケージを選ぶことができなくなってしまいます。

大切なのは、自分のペットにとって快適な環境が作れるケージを探すこと。商品名や展示ディスプレイに惑わされずに、ケージは選んでください。

賢くお買い物

ケージ
遊び場にもなるケージもありました
インターネットを利用して、賢くお買い物をする方法もあります。メーカーのサイトとオンラインショッピングサイトを利用して買い物をする方法です。

はじめに、メーカーのサイトをチェックします。メーカーのサイトでは、扱っているケージが紹介されています。サイズやケージのつくりを確認し、いくつかを候補として選んでおきましょう。

次に、ペットショップに見に行きます。メーカーのサイトで選んだケージがペットショップに無い場合には、他のショップを見に行ってみたり、同じメーカーのケージを見て想像したりするといいでしょう。そのケージの特徴について、店員さんに聞いてみるのもいいかもしれません。

ケージの実物を見て、買うケージが決定したならば、もう一度インターネットにアクセスします。ペット用品のオンラインショップサイトを探し、価格を調べてみましょう。このとき、忘れずに送料も含めた価格で比較してください。

オンラインショップサイトの価格がペットショップでのケージの価格よりも安い場合には、オンラインショップで買った方がお得です。同額でも、家まで運んでくれることを考えるとオンラインショップの方がお得と言えるでしょう。オークションサイトもチェックしてみるといいかもしれません。

大きさにもよりますが、ケージは安い買い物ではありません。じっくり調べて、長く使えるケージを賢く買いましょう!

■ご協力、ありがとうございました!
今回、写真を貸してくださったのは、ケージ専門オンラインショップ「pet-peace」さんです。いろんなケージを紹介させてくださって、ありがとうございました!

■ケージ選びに役立つINDEX:
小さなペット関連情報

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。