文鳥ってどんな鳥さん?

桜文鳥
文鳥と聞いて思い付くのがこの桜文鳥。
「可愛い小鳥」という言葉がぴったりくるのが文鳥。インコのような派手さはありませんが、愛らしく、暖かな気持ちを与えてくれる鳥さんです。

身体のしくみ

文鳥は鳥さん。セキセイインコオカメインコ同様、か弱く、乱暴な扱いをしてはいけない相手です。食べたものを長い時間身体の中に置いておけない身体のしくみを持っていますので、部屋に放して遊ばせる場合には、室内は汚されるものと覚悟しておかなければいけません。

文鳥の特徴とも言えるのはくちばし。インコ類と違い、まっすぐなくちばしをしています。これはフィンチ類の特徴で、十姉妹なども同じようにまっすぐなくちばしをしています。

パイド
微妙に柄のあるこの子は桜文鳥と白文鳥の子供の「パイド」です。
文鳥の寿命は平均すると8年。10年以上生きる子も少なくありませんので、飼う場合には10年以上一緒に暮らせるかどうかを考えましょう。

インコのような大きな声ではなく、「チュンチュン」と例えられるスズメのような鳴き方をします。決して室外に100%聞こえないほど小さい声というわけではありませんが、ご近所への鳴き声での騒音を気にして鳥と暮らすことをあきらめているならば、文鳥を検討してみるといいでしょう。

文鳥も他の鳥さんと同じで、室内での事故というのが少なくありません。鳥かごから出して室内に放して遊ばせるときには、踏んでしまったり、ドアに挟んでしまったりしないよう、注意してください。時間に余裕の無いときには室内に放すことは勧められません。ゆったりした気分で文鳥に十分な注意ができる状態で遊ばせましょう。

ヒナ
まっすぐなくちばしは文鳥の特徴のひとつです。
外見からは想像しにくいのですが、文鳥には気の強い子が多いです。文鳥同士の相性が合わない場合や大人の鳥かごに幼鳥を入れた場合などには羽をくわえて振りまわしたりすることもあります。
飼っている中に新しい子を入れる場合には、相性が合わない場合には別の鳥かごで飼えるように用意しておいてから引き合わせましょう。

文鳥はお喋りや歌はあまり得意ではありません。覚える子もいますが、覚えない子がほとんどですので、教える場合にはあまり大きな希望は持たずに教えるようにしましょう。

-->>次のページは一緒に暮らす上での注意点です。

一緒に暮らす上での注意点

文鳥
手乗りにすることは鳥と暮らす楽しみかもしれません。
やはり文鳥も手乗りに育てたいもの。セキセイインコで紹介しました手乗りに育てる方法を参考に、手乗りに挑戦してみてください。

ひとつ違う点はエサの与え方です。文鳥はくちばしがまっすぐですので、エサは口の中に落すようにして与えます。
スプーンなどでは上手く食べられないことが多いので、専用の器具などで少しずつ、口にエサを落して与えてあげてください。

文鳥はわりと飼いやすい、丈夫な鳥です。温度管理などそれほど神経質にならなくても飼うことができます。小さな鳥ですので、鳥かごも大きなかごでなくても飼えます(もちろん、大きければ大きい方がいいです)。

文鳥は水浴びが好きですので、必ず水浴びできるようにしてあげてください。また、鳥かごは水浴びで濡らされますので、マメに掃除することも忘れないでください。文鳥にはおもちゃはあまり必要ありません。

インコのようにくちばしが曲がっていれば、おもちゃをくわえたり、移動させたりして遊ぶことを楽しみますが、まっすぐなくちばしの文鳥はそういう遊びをほとんどしません。シンプルにブランコだけ用意すればOKです。

ブランコ
おもちゃとしてブランコは用意しましょう。
初めて文鳥を飼う場合には、生後1ヶ月くらいのヒナからはじめるといいでしょう。升箱などに隔離されている状態であれば馴らしやすく、手乗りにもしやすいはずですので、ペットショップでよく相談し、ヒナを選ぶといいでしょう。

文鳥と聞いて桜文鳥を浮かべる人が多いと思うのですが、文鳥にもいろいろな色があります。真っ白な白文鳥にベージュっぽい色合いのシナモン文鳥、その名のとおりのシルバー文鳥などです。また、微妙に柄の出ているパイドも個性的で魅力のある文鳥です。


-->>次のページでは、飼うのに必要なものと初期費用をあげてみました。

飼うのに必要なもの

鳥かご
文鳥にとって落ち付ける鳥かごを用意しましょう。
初めて飼う人はペットショップでいろいろ教わってから飼い始めましょう。すでに飼っていて新しい子を迎える人は相性のことを考え、新しい子だけを別の鳥かごで飼うこともできるように準備しておきましょう。
升箱・プラスチックケース雛から飼う場合、最初に必要となる飼育施設です。
粟玉雛に与えるごはんです。
挿し餌用器具注射器などで代用も可能ですが、高価なものではないので、専用の器具を購入するといいでしょう。
鳥かごはばたくようになってからの住まいになります。
巣箱鳥かごの大きさに合わせて巣箱は選びましょう。
エサ入れとフードエサ入れは鳥かごに取り付ける タイプになります。フードは皮付きの飼料かペレットを与えます。
水入れ水入れは餌入れと同じで、鳥かごに取り付けるタイプのものを使います。
水浴び用容器文鳥は水浴び大好きな子が多いので、必ず用意してください。
ブランコ文鳥を鳥かごに入れる前にブランコはセッティングしておきましょう。

最初にかかる費用

おおまかな目安として、これくらい費用はかかります。

升箱・プラケース500円~2,000円
鳥かご5,000円~20,000円
挿し餌器具200円~500円
巣箱1,000円~3,000円
エサ入れ300円~500円
水入れ300円~500円
粟玉300円~500円
フード500円~3,000円
ブランコ500円~2,000円
文鳥2,000円~8,000円

合計10,600円~40,000円

鳥を安心して任せられる動物病院はまだまだ少ないので、飼う前から動物病院はリサーチしておくといいでしょう。

-->>次のページでは文鳥と暮らすのに向いている人はどんな人なのか考えてみました。

文鳥に向いている人

文鳥
文鳥は可愛い家族になります!
文鳥と一緒に暮らすのが向いている人、それは末娘・末息子として愛してくれる家族です。文鳥は家族みんなと仲良くなる鳥さん。1人暮らしで飼うよりも家族で飼うのに向いていると言えます。また、比較的飼いやすい鳥でもありますので、子供にとって初めての鳥として、親子で飼いたい鳥でもあります。

もちろん、子供だけでは世話はできません。お父さん・お母さんが一緒に世話をし、鳥を飼うこと、動物と一緒に暮らすことを子供に教えてあげてください。家族全員で愛情を持ち、世話をしていけば、文鳥はそれ以上に答えてくれます。必ず、お子さんに相手を思いやる心や頼りにされて頑張る気持ちを教えてくれるでしょう。

そんな、末娘・末息子として迎えたい文鳥と暮らすのが向いているのは、暖かな家庭です。派手さは必要ありません。
いるだけで落ち付ける、ホッとすることができる暖かな家庭。そんな家庭を作っている人達と暮らせれば、文鳥は幸せになれます。

文鳥と暮らすことになったらば、家族が集まる、暖かな家庭で穏やかな時間を過ごせるようになってくださいね。

■文鳥をもっと知りたい人に読んで欲しい記事・INDEX:
記事 一人暮らしのペット
おすすめINDEX「文鳥の飼い方」

■ご協力、ありがとうございました!
今回、文鳥の写真画像はペットショップ610さんにご協力を頂き、撮影させてもらいました。ありがとうございました!

■他のペットの「はじめてシリーズ」も見てみよう!
フェレットやウサギ、ハムスターなどの「はじめてシリーズ」は、以下の記事より見ることができます。
ペットの特徴と最初に必要な費用

「はじめてシリーズ」では今後もいろいろなペットを取り上げていく予定でおります。お楽しみに!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。