海のエキスがいっぱい! 牡蛎

プリンスエドワード島のシェルフィッシュ(貝類)フェスティバルundefined写真提供:John Sylvester/Tourisim PEI

プリンスエドワード島のシェルフィッシュ(貝類)フェスティバル 写真提供:John Sylvester/Tourisim PEI

プリンスエドワード島近海はロブスターの産地でもありますが、もうひとつ忘れてはならないのが牡蠣。プリンスエドワード島のメルペック地方の牡蠣はメルペックオイスターと呼ばれ、カナダ国内のみならず、アメリカ東海岸の高級シーフードレストランでも提供されるブランド牡蠣です。

身は小さめですが、その分大味にならず、うまみが凝縮されています。火を通すと身が小さくなるので、やはり生牡蠣がベスト。

また、プリンスエドワード島はムール貝の産地としても有名。ガーリックとワインで蒸した一品もおすすめです。こちらもぜひ。

ケベック州の郷土料理

ミートパイなど、ケベックの郷土料理の数々undefined写真提供:Tourism Quebec

ミートパイなど、ケベックの郷土料理の数々 写真提供:Tourism Quebec

カナダ料理というものはなかなか思いつかないのですが、ケベック州だけは別。カナダのみならず、北米でも唯一のフランス文化圏だけあって、本国フランスの美食文化が、ここでも存分に発揮され、確固たる食文化を築き上げています。

そんなケベックの郷土料理のなかでまず紹介したいのが、トゥルティエール。これは牛肉、豚肉などを野菜とともにパイ生地で包みオーブンで焼いたミートパイ。もともとはクリスマスなどの行事の際に食べるものでしたが、現在では、スーパーのお惣菜コーナーで年中売られています。決まったレシピはなく、各家庭に「おふくろの味」があるような定番メニュー。使用する肉も地方により異なり、鹿の肉や、海に近いところでは、サーモンが使われることもあるようです。

プーティン+ひき肉とソーセージ乗せスペシャル

プーティン+ひき肉とソーセージ乗せスペシャル

次にプーティン。フライドポテトにチーズカーズ(チーズになる最終段階手前のもの。チーズよりもやわらかく弾力がある)とグレイビーソースをかけたもの。現在ではカナダ全国で見られるようになりましたが、もともとはケベック州がルーツです。

ガイドは初めてこの食べ物を見たとき、「カラッと揚がったポテトをソースでぐちゃぐちゃにするなんて、邪道ここに極まれり!」と憤慨(?)したものですが、慣れとは恐ろしいもので、今となっては、この「ぐちゃぐちゃ感」がたまりません。ケベック州では人気のあるファーストフードで、専門店もあります。専門店では様々なトッピングをして、バリエーションたっぷりに展開しているので、気に入った組み合わせのものをチョイスしてみてはいかがでしょうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。