私の初めてのフェレットです 私が初めてフェレットを飼ったのは、今から6年ちょっと前。
うちの猫たちが大ゲンカをしており、新しい動物、それも見たこともないフェレットが加われば、それによってケンカから気がそれるのではないか、というすごく失礼な理由からでした。
(この大ゲンカはフェレットが来た後も続き、約1年かけて解決となりました)

私が最初に飼ったフェレットは、「世話が大変」という理由から里親を探していた子でした。
それまでにも調べたことはあったのでフェレットについて知ってはいたのですが、体臭が強い動物だというイメージが強く、また、猫より小さい動物を飼うのは子供のとき以来だったのでものすごく不安でした。
ところが・・・。

初日はケージから出さないでいようと決意していたにも関わらず、あっさりその決意が崩れてしまうほどに可愛い動物であったフェレットは、その好奇心旺盛な性格から初めて会ったであろう犬や猫にも屈することなく、私の心配をすべて無駄なものとして、すぐに家族の一員になりました。
臭いと思っていた体臭は、確かに犬や猫とは違うものでしたが気になるほど臭いものではなく、簡単にトイレを覚えてくれ、私の努力などゼロに等しい手間で我が家のルールをどんどん覚えていきました。
うちに限って言えば、犬・猫よりよっぽど世話は簡単です。
好奇心旺盛で遊び好きなこのフェレットは、洗濯機の排水ホースをボロボロにしてくれたりしましたが、私の生活をより楽しいものに変えてくれ、誰に対してもフレンドリーでいつしか我が家の人気者になっていました。

あれから6年ちょっとたち、うちには2代目のフェレットがいます。
フェレットに関しては、私は皆さんに自信を持って言えます。
こんなに素敵なペットはいません。

僕はバスバレー出身です ▼フェレットってどんな動物?
今から十数年前、フェレットは「ヨーロッパケナガイタチ」としてペットショップで扱われていたりしました。 実際にはヨーロッパケナガイタチではありません。ヨーロッパケナガイタチを改良して作られた動物だと言われています。
ペットとしての歴史は古く、18世紀の絵画にも登場しているフェレットは、昔は狩りの道具としても使われていました。うちの子には狩りなんて無理よ、と思う方もいるかもしれませんが、フェレットの細くしなやかな身体は巣穴に潜りこむのには最適で、好奇心の強さは狩人向きでもあるんです。

現在ペットショップで売られているフェレットはいくつかの外国ファーム(ブリーダー)で作られている子達です。聞きたくないかもしれませんが、是非飼い主さんに知っておいて欲しいことのひとつに、繁殖用のフェレットのことがあります。ファームによるのではありますが、繁殖用の子をボロボロになるまで繁殖に使い、使い捨てにしているファームもあります(これはフェレットに限ったことではありません)。私達人間が妊娠・出産でかなり体力を取られるのと同じように動物たちも体力を使います。簡単に言ってしまうと、繁殖させる回数が増えれば増えただけ弱るのも早くなるんです。
ファームによっては1頭の繁殖回数を決めていたり、繁殖後はペットとして寿命をまっとうできるようにしているファームもあるそうなんですが、子供を産むだけで一生を終えるフェレットもいること、そういう親フェレットがいるからこそ私達のペットであるフェレットが誕生していることは、是非知っておいて欲しいと思います。

▽フェレットの学術的情報
フェレットは学名をMustela furoといいます。

肉食目(Carnivore) 
|- イタチ科(Mustelidae) 
|  |- イタチ属(Mustela) 
|  |  |- フェレット(Mustela furo) 
|  |  |- クロアシイタチ(Mustela nigripes) 
|  |  
|  |- ラーテル属 
|  |- アナグマ属 
|  |- スカンク属 
|  |- カワウソ属 
|  
|- 猫科(家猫やライオン、トラなど) 

フェレットは肉食獣ですので、繊維質の消化は得意ではありません。
また、フェレットは生後6か月の間に身につけた食性を維持するとも言われております。

Page2: フェレットの魅力
Page3: フェレットを飼う上で知っておきたいこと
Page4: フェレットのごはん

フェレットの身体は長いです ▽フェレットに似た動物たち
テンが出てくる漫画があるそうで、テンについて知っている方も増えているのではないかと思っています。 テンは日本にも生息している動物です。北海道に旅行に行って運良く出会えた方もいるかもしれませんね。
でも、テンは野生動物であり、ペットにはできません。
日本の絶滅危惧種にも指定されており、守らねばいけない動物です。
漫画に出てくるテンがすごく可愛いそうなので欲しいと考えた方もいるかもしれませんが、ペットとして飼うのではなく、彼らのために、彼らが暮らしている自然を守りながら付き合う方法を選んで下さい。

クロアシフェレット(black-footed ferret)という種類がアメリカに生息しているのですが、こちらも絶滅を心配され、保護されている動物種です。見た目はフェレットそっくりなのですが、野生動物ですので気は強いらしいです。

▽フェレットの生物学的特徴
知らなくてもいいと言えばいいんですけど、フェレットがどんな動物なのかを知るためには生物学的特徴も知っておいた方がいいでしょう。

頭胴長  : 雄約40cm、 雌約35cm
体重    : 雄1.2~2.5kg、 雌0.5~1.5kg
寿命    : 平均8~10年
性成熟  : 8~12ヶ月 
発情期  : 3~8月(約120日間) 
排卵    : 交尾排卵(交尾後30~40時間) 
妊娠期間: 約42日 
産子数  : 平均8(2~17)頭 
離乳    : 6~8週 

現在はフェレットのファームも増え、大きさについてはもっと幅が出てきているように思います。
また、寿命に関してはもっと短いという方もいます。

交尾排卵という言葉は聞きなれない言葉かもしれません。
これは、交尾後に排卵するということで、交配の確率が高い動物だと言うことでもあります(猫も交尾排卵する動物です)。
フェレットの発情に関しては、次週病気についての記事で取り上げる予定ですので1週間お待ち下さい。

可愛さに自信アリ! ▼フェレットの魅力
言う必要の無いことを書かせて頂きますと、まずは可愛さです。
次に性格
かなり好奇心旺盛な性格をしていますので、人見知りが少なく、仲良くなるのに時間が少なくてすむ相手です。
(個体差はありますので、全てのフェレットがそうだと言うわけではありません)
しつけができるのも魅力のひとつでしょう。

フェレットは部屋の角などに後ろ向きに後退し、排泄をする習性があります。これを利用することによりトイレのしつけはしやすく、ケージから出して遊ぶ時間が多く持てるペットとなります。
他の動物種と同じで子供の頃は遊びたがってばかりですのですぐにいろんなしつけはできないかもしれません。でも、時間をかけてしっかりと教えていけば噛み具合やいたずらしていいモノといけないモノ等を教えることができます。

寝てばかりなのも魅力なのかもしれません。
フェレットは、1日の大半を寝て暮らしている動物です。
基本的には、数時間寝て数時間遊んで、を繰り返すのですが、このパターンを利用することで飼い主が自分の時間を持ちやすくできるところがありますので、これも魅力なのかもしれません。

これは魅力では無いかもしれませんが、見ていて飽きることがありません
起きている時間は遊ぶか食べるかしていないようなところがありますので、常に楽しく見て、遊ぶことができるんです。
また、たまたまうちに遊びに来た子供達だけなのかもしれませんが、フェレットは子供に人気があります。
犬や猫では子供のしつこさを嫌う子が多いのですが、フェレットはフェレット自身がしつこく遊びたがるところがありますので、いつまでも遊べる相手なようです。

Page1: フェレットってどんな動物?
Page3: フェレットを飼う上で知っておきたいこと
Page4: フェレットのごはん

▼フェレットを飼う上で知っておきたいこと
残念ながらフェレットも簡単に飼えるペットではありません。
次週詳しく書きますが、まだ治療方法が確立されていない病気等あります。
犬ジステンパーに感染できてしまいますので、予防接種が必要となります。
蚊の多い地域にお住まいの場合には、フィラリアの予防もしないといけないでしょう。
これだけで年間数千円以上の医療費がかかります。

特に1年以下の子供に多いのですが、消化できないものを食べてしまい、腸をつまらせてしまうこともあります。たくさん遊びたくなる相手なのですが、常に注意をして遊ばせるようにしておかないといけません。
また、入りこんでしまうと危険な隙間や簡単に開けられる開き戸等はフェレットが入ってしまわないようにする必要もあるでしょう。

オクトちゃんです フェレットは気に入った物を集める習性があります。
おもちゃでなくとも気に入った物は集めてしまいますので、持っていかれないように注意する必要があります。(時には飼い主も運ぼうとしますので、運ばれないようにして下さいね。)
おやつを集めてしまうこともありますので、食べ物が腐ったりしないように、フェレットの寝ているときに宝物置き場をチェックするようにもしないといけないでしょう。
けっこう力持ちなので、大きなものも運ぼうとすることもあります。大きさや重さから大丈夫だと判断せずに、遊ばせるときには常に視界にフェレットを入れていてください( 我が家ではパソコンのキーボードを運ばれかかって慌てたことがあったりします)。

▽体臭のはなし
フェレットの体臭は独特の獣臭のような臭いです。
気にしてすごくマメに洗う方もいるようなのですが、このシャンプーは実は逆効果だったりします。

動物達は自分の臭いを嗅ぐことで安心するところがあります。
ところが、洗ってしまうとこの臭いが消えてしまうので、前よりもっと強く臭いを出すようになるのです。
体臭を消そうとシャンプーしているのに、結果的により強い体臭を出すようにさせてしまうことも多々ありますので、お互いの妥協点を見つけ、その頻度で洗うようにするといいでしょう。
ちなみに我が家では年に数回も洗いません。
おかげで体臭はすごく少なく、動物病院に行ったときなどにはいつ洗ったのかを聞かれ、答えるたびに驚かれています。

フェレットに限らず、どんな動物にも体臭はあります。
私達人間にだってあるんです。ただ、私達はそんなに鼻がよくないので気が付きませんが、もしかしたらペットからは「臭いやつ」と思われているのかもしれません。
ペットにとっては体臭が大切なものであることを理解し、必要以上に洗わないようにしてあげて下さいませね。

▽温度のはなし
フェレットは寒さに強く、暑さに弱い動物です。
体表の汗腺機能が未発達なので33℃以上には耐えられないと言われています。
徐々に馴らしていけば、ある程度の暑さにも耐えられるようになるらしいですが、これは決してフェレットにとっては快適なことではないでしょう。
暑さは体力を消耗しますので、無理をさせればさせただけフェレットを弱めることになります。エアコンなどで室温の温度管理をするようにしましょう。(エアコンの風が直接フェレットにあたらないように、ケージの置き場所を考えるようにして下さいね)

寒さには強い、とは言ってもあまりに寒いとやはり耐えられません。
特に歳をとってくると環境温度によって体調を崩すこともあるようです(人間と同じですね)。
基本は私たちが快適に過ごせる温度で室内を維持することです。
エアコンや暖房費がかかってしまうことになりますので、これは飼う前に覚悟しておいて下さい。

Page1: フェレットってどんな動物?
Page2: フェレットの魅力
Page4: フェレットのごはん

愛嬌たっぷりです ▽なんでもおもちゃになります
遊び好きなフェレットは、特に用意をしなくともいろんなものをおもちゃにしてしまいます。 カバンを置けば中に入って遊んでしまいますし、洋服を脱ぎ捨てたらそれをトンネルにして遊んでしまうでしょう。
おもちゃ代がかからないと考えればありがたいことなのですが、遊ばれたくないものでも遊んでしまうので注意が必要でもあります。
特にフェレットが噛みちぎれてしまうようなものは誤食の原因ともなりかねませんので、フェレットに安全かつ、遊ばれてもいいものをおもちゃとするようにしましょう。

潜る習性を利用すれば、使わなくなった洋服の袖やズボンを切ったり、ティッシュの空き箱をいくつか繋げたりすることでトンネルを作ってあげることができます。また、空き箱に入り口を作ってあげるだけでもそこに入って遊んでくれるでしょう。
おもちゃは飼い主のアイデア次第でいくつでも作ることができますので、工夫してあげて下さいね。

▼フェレットのごはん
いろいろなフェレット専用フードが市販されていますので、それをごはんとして与えるのが一番いいと思います。
種類が多すぎてどれを選べばいいかわからないという場合には、フードの内容を調べてみるといいかもしれません。
フェレットは肉食な動物です。それゆえ、ごはんには動物性たんぱく質が多く含まれている必要があります。一般的に32%以上動物性たんぱく質が含まれているフードがいいと言われていますので、パッケージにある成分表を比較して選んでみるといいでしょう。

たとえどんなに成分的に優れたフードでもフェレットが食べないのでは意味がありません。 飼い始めは何種類かのフードをフェレットに試してもらい、好みの味を探すといいでしょう。
また、1種類に限定せず、何種類かのフードを混ぜて与える方法というのもあります。

一緒に犬や猫も飼っている場合、フェレットがその子たちのごはんに興味を持ってしまうこともあります。
キャットフードであれば、同じ肉食性の動物ゆえフェレットが必要としている栄養を満たすことができるものもあります。 メインはフェレットフードにする方がいいと思いますが、混ぜて与える場合やおやつとして与えるのであれば、動物性たんぱく質を多く含むキャットフードも与えてもいいかもしれません。

水を掘ることもあります ▽水が好き~♪
フェレットの飲み水は給水ボトルで与えるようにするといいでしょう。
お皿で与えてもいいのですが、フェレットは水好きな子が多いので、お皿だと飲むよりも遊んでしまうことが多々あります。
フェレットに聞けば、きっと水を飲むボトルと水遊びをするお皿と2つ欲しいと言うんじゃないかと思うのですが、飼い主としては毎日水遊びをされると辛いところがありますので、給水ボトルの方がいいでしょう。

時々水で遊ばせてあげるのは楽しいかもしれません。
特に暑い夏場は水遊びすることでより快適に過ごせるようになるかと思います。
水遊びさせるときに気をつけて欲しいのはお風呂場にある石鹸類です。

フェレットには石鹸が好きな子が多いのです。
言うまでも無く、石鹸は食べれません。でも、簡単にかじることができてしまいます。
水遊びをさせるときはフェレットの届かない場所に置いておくようにしましょう。

▼癒し癒され・・・
よく「ペットは飼い主を癒してくれる」と言います。
ペットを撫でることで血圧が安定したり脳波がリラックス状態になる等の報告もあり、 これは飼い主が感じているだけではない事実だと思います。
でも、癒されるだけでいいのでしょうか?

自分をより良い状態にしてくれるペットだからこそ、飼い主もペットのことを知り、時には癒してあげることがあってもいいのではないかと思います。
フェレットは素晴らしい家族になります。
家に迎えたその日から、あなたの毎日をより楽しい、刺激的かつ安らぐものにしてくれることでしょう。
そんなフェレットだからこそ、飼い主さんにはフェレットについてたくさん知って欲しく思います。 フェレットのことをよく知り、お互いに幸せになれるようになって下さい。

次週はフェレットの飼い主さんに是非知っておいて欲しい、病気について取り上げます。
疑問、質問、経験談等お寄せ下さいませね。

写真協力:Ferret Rollのオクトちゃん
  ご協力、ありがとうございます♪

Page1: フェレットってどんな動物?
Page2: フェレットの魅力
Page3: フェレットを飼う上で知っておきたいこと
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。