近年、アロマテラピーはあちこちで聞かれる言葉となりました。 アロマテラピーはアロマ(芳香)とテラピー(療法)という言葉を組み合わせてできた言葉で、 言葉のとおり、香りで身体・精神状態をよくしていくものです。 人間同様ペットにも効果が期待できるものですので、興味を持ってもらえたら嬉しく思います。

香りが私たち人間やペットに及ぼす影響というものは、はっきりとは自覚できないものかもしれません。 でも、匂いは私たち人間を含め、動物にいろいろな影響を与えるものなのです。 匂いを嗅ぐことで私たちはある種の刺激を受けます。 それは、ラーメンの匂いを嗅いでお腹がすいてしまうというようなはっきりした刺激なことも ありますが、アロマテラピーで得る刺激ははっきりとしたものではありません。 自覚することがないくらいの刺激です。

▽ストレスに効く!

アロマテラピーの効用は、人間もペットも同じです。 鎮静作用や鎮痛作用、ストレス緩和などの効果が匂いによって得ることができます。 ペットに是非アロマテラピーをさせてあげて欲しいと思う理由のひとつが、ストレス緩和です。 ストレスというのは人間にもペットにも望ましくないものです。 ストレスで病気になることや、病気を悪化させてしまうこともあります。 ですので、ストレスはできるだけ与えない環境を作って欲しく思っています。 とはいっても、遊びに来た親類の子供がペットを無理に抱っこしてしまうなど、避けられないストレスもあるかと思いますので そういったときには是非アロマテラピーで少しだけでもストレスを和らげてもらえれば、と思います。

▽アロマは痛みを和らげる?

また、痛みを伴っているであろう病気中にもいいと思います。 痛み止めの薬を与えていても、実際に痛みが無くなっているのかどうか 私たち人間はわかりません。ペットの動作から判断することになります。 しかし、判断し損なえばペットは痛みを持ったままとなってしまいますし、 心配しすぎて強い痛み止めを与え続けてしまったら今度は薬の副作用が襲ってくるかもしれません。 気休めにしかならないかもしれませんが、 もしペットが匂いでちょっとだけでも痛みが和らぐのであれば、 それだけでも試してみる価値があるのではないでしょうか?

小動物と呼ばれるペットたちには通院がストレスとなることもあります。 痛みを伴わない病気にしても、病中・病後に体調がおもわしくないときなど、 アロマテラピーで落ち着かせてあげたり、 気分転換させてあげることで病気の回復を早めることもあるそうです。 私たちより嗅覚がすぐれているだけに、効果のある子にはすごくいいものだと思いますので、 是非一度、試してみて欲しく思います。


▽アロマテラピーにチャレンジ~エッセンシャルオイルの使い方~

アロマテラピーの一番簡単な方法は、お湯を入れたカップに2~3滴エッセンシャルオイルを滴らす方法です。 これだとエッセンシャルオイルだけ用意すれば、どなたでも試すことができます。 (決して安価なものではありませんので、最初は簡単な方法から試してみる方がいいと思います)

エッセンシャルオイルには、ラベンダーやカモミール、ローズマリーなど聞いたことのある方も 多いのではないかと思うものが多いのですが、最初からたくさんいろんな香りを試す必要はないと思います。 匂いには好き嫌いがあります。効用から考えるとコレが一番!と思える香りでも、 ペットが嫌いだったら効果は期待できません。といって、1度試して嫌がられたからこの匂いはダメ、と いうものでもありません。何度か嗅いでいるうちに気にならなくなる匂いもありますので、 ものすごく嫌がられたのでなければ、すぐにはあきらめずに数回試してみて下さい。 また、匂いの濃さ(使うエッセンシャルオイルの量)によってもペットの反応は違うでしょう。 私たちよりずっと嗅覚の優れているペットたち。彼らに嫌な思いをさせないように、 匂いはかなり薄くして使うことを勧めます。 あせらずにペットの好みに合った香りを見つけてもらえれば、と思います。

▽注意すること

市販されているアロマランプやアロマポットを使う方法もありますが、 どの方法でも気を付けて欲しいのはペットが触れることのない場所で行うことです。 匂いは空気中を流れていきます。ですので、決してペットの横で行う必要はありません。 ペットが飲んでしまったり、倒してしまったりしない場所で行うようにして下さい。 市販されているものにはコンセントに差し込んで使うものもあるのですが、 そういったタイプのものは部屋の上側にあるコンセントを使うなどして、注意してあげて下さい。

また、やりすぎないようにも注意して下さい。 アロマテラピーは日に15分くらいで十分効果があります。 やりすぎると刺激が強すぎて逆効果になってしまいますので、 数日~1週間おきに15分程度楽しむようにして下さい。

香りがもたらす効果は絶対的なものではありません。 同じ香りでも効果がある子もいれば、何の効果のない子もいます。 また、香りに対する好き嫌いもありますので、効果ばかりに気を取られずに、 自分もペットも香りを楽しむようにしてもらいたく思います。

香りを楽しみ、ストレスを和らげることまでできてしまったら、 飼い主さんもペットもより楽しく、幸せに暮らせるのではないでしょうか?

<<関連ガイドサイト>>
アロマテラピー  もっと詳しく知りたいと思ったら、是非こちらのガイドサイトを見て下さいませ。


エッセンシャルオイル(精油)

エッセンシャルオイルとは、植物(花や草、木など)から芳香成分を抽出した 100%天然の香り高い物質=精油のことを指します。 精油の分子はとても小さく、呼吸で吸収されたものが身体の細胞の中にまで取り込まれ、 体内の毒素を取り除きます。

代表的なエッセンシャルオイルとその効用

作 用特 徴
鎮静抗うつ殺菌・消毒鎮痛消臭リラックス集中リフレッシュ
カモミール*



ゼラニウム*




ティートリー





ペパーミント*




ベルガモット
ユーカリ




ラベンダー*

レモン




レモングラス


ローズマリー*



*:妊娠中の使用は避けて下さい。
(神奈川県愛玩動物飼養管理士会勉強会資料より抜粋)

これらの効用は必ずあらわれるものではありません。 個体差がありますので、効果が強くあらわれる子もいれば、 何も効果があらわれない子もいます。 また、なにかの香りに対して悪いイメージをすでに持っている場合には (常に叩く人がつけている香水の匂いとか)、その香りは嫌いなことが多いです。 それを無理に嗅がせても効果はあまり期待できません。

上記の表には、ラベンダーのようにいくつかの効用があるものがありますが、 全ての効用が期待できるというわけでもありません。 個体差によりこの中のどれかの効果が期待できる、と考えて下さい。

エッセンシャルオイルはひとつずつで使わなければいけないものではありません。 混ぜることにより相乗効果が出ますので、いくつかのものを混ぜて使うといいでしょう。 ただし、混ぜた結果が必ずいい香りとなるとは限りません。 気分が悪くなる香りになってしまうこともありますので、少しずつ試しながら混ぜていくといいでしょう。

アロマテラピーに使うエッセンシャルオイルを扱うお店は増えてきたように思います。 お店によってはペット用にエッセンシャルオイルをブレンドしてくれるお店もあるとか。 もしそういったお店を見つけたら、いろいろ教えてもらうといいかと思います。 自分のペット専用のブレンドを作ってもらうのもいいかもしれません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。