切手の図柄には様々なものがあり、美しく、また希少な動植物をモチーフにしたものも少なくありません。私たちが興味する『熱帯魚』も例外ではなく、各国から発行される切手の図柄には、海水魚、淡水魚を問わず、多種多様な魚をみることができます。

因みに熱帯魚に限らずにいえば、『魚』をモチーフにした切手が初めて発行されたのは、1866年にニューファンドランドから発行された『タイセイヨウダラ Gadus morhua』があしらわれたものが初めてだそうです。その後、各国から様々な魚の切手が発行され、なんとその数は1万点余りにもなるそうです。

中でも、一般に観賞魚として販売される魚種をモチーフにしたものも少なくなく、『ディスカス』『エンゼルフィッシュ』『ベタ』などの、私達に馴染みの深い魚たちも多く見られます。お気に入りの魚や、現在飼育中の魚の切手を探してみるのも面白いかもしれませんね。

それでは、美しい熱帯魚の切手をご覧下さい。

▲2002年 シンガポール発行

ディスカスと美しい水草がデザインされた切手―――

ディスカスは、南米原産の魚ですが、シンガポールをはじめ東南アジア各国で商業的な繁殖がおこなわれています。写真にみられるように、多くの品種改良をほどこされた美しい品種が存在するのが特徴です。


さて、こちらは、インドネシアに分布する『レインボーフィッシュと水草』がデザインされたもの。


上 セレベスレインボー
  Marosatherina ladigesi

下 ハーフオレンジレインボー
  Melanotaenia boeseman

両種とも一般種と言えるほど普及はしてませんが、たまに専門店で見かけることができます。中性付近の飼育水であれば、容易に飼育できます。
▲1994年 インドネシア発行


まだまだ続く!魚の切手。次ページでは、収集した切手の保存法をはじめ、お洒落なインテリアとしても通用するストック方法を紹介しています。
チョウザメとヒシ(水草)の仲間? がデザインにされた切手。観賞魚としても流通するチョウザメだが、どちらかといえばキャビアの産みの親!としての方が有名かも…


切手にはよく登場する魚で、この他にも幾つか見かけることができます。
▲1994年 チラスポス発行


Acipenser dabryanus


Psephurus gladius


Huso dauricus


Acipenser sinensis

▲1994年 中国発行


さて、幾つか切手が集まってくると、その保存方法に悩まされます。折角の美しい切手であれば、いつでも見られる状態で保存しておきたいものです。一般に切手収集家が利用しているのが、『ストックブック』と呼ばれる切手を差し込むポケットの付いたアルバムです。これにより、見やすく、また何時でも取り出せるように保存することが可能です。

その他にも、お気に入りの切手を、『写真立て』や『お気に入りの額』に飾れば、チョッとしたインテリアに早変わり!





▲1995年 ポーランド発行


複数の熱帯魚がデザインされた、美しい切手。
(左からブリスルノーズ、エンゼルフィッシュ、ソードテール、ネオンテトラ、グッピー)



次のページで、アクアリストには馴染みの深い熱帯魚7種を一挙紹介!
グッピーにドワーフグラミー、ゼブラダニオ——。



グッピー

ドワーフグラミー
▲1978年 キューバー発行


スリースポットグラミー

ゼブラダニオ
▲1984年 ベトナム発行


ショートノーズクラウンテトラ
▲1973年 ルワンダ発行


スマトラ

レッドテールブラックシャーク
▲1988年 ベトナム発行


今回ご紹介した切手以外にも、まだまだ沢山熱帯魚がデザインされた切手は存在します。熱帯魚の飼育と並行して、魚の切手を収集してみるのも面白いものです。この他に、金魚や海水魚がデザインされてものも多数発行されており、次の機会にはそれらの紹介と、もう少し踏み込んだ切手収集に関する情報をお届けしたいと思います。



関連リンク
図鑑・写真・アート
切手を彩る魚たち[第2回]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。