全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!

早いもので、この12月で私もAll Aboutガイドとして7年目に入ってしまうわけですよ。
最初の頃は、本当に国産種しか知らない初心者みたいな人間だったのに、いつの間にか多少は両爬のことを広く浅くではありますが、語れるようになってしまいました。

そうなると、悲しいもので、何も知らなかった頃の自分を忘れて、まるで昔からなんでも知っていたかのようになってしまうことがあるんですよね。だんだんと、両爬についてどんな話がおもしろかったのか、どんな話を知った時に感動したのか、そんなことまで忘れてしまって、次から次へと新しい刺激を求めてしまうようになってしまう、そんなつまらん人間になっちゃうのかもしれません。

で、今回は、そんな話の一つの例にもなるかもしれません。やはり初級者の方向けの記事として「箱ガメ」を話題にしてみたいと思います!
新しい写真がなかった...
日本の箱ガメ・ヤエヤマセマルハコガメ

「箱ガメ」の疑問

また、なんで今さらハコガメなのか、と。
先日、ヘビを飼い始めて日が浅い方から
「カメの甲羅の『蝶つがい』って意味がわからなくて」
なんて、質問をいただいたんです。

そりゃ、ショックでしたよ。
だって、今でこそ「両爬オンライン図鑑 Terra Herps.」の中で
「腹甲に2つのヒンジがあって」
なんてわかったように書いていますが、そもそもヒンジなんて言葉を使うようになったのはガイドになってからですし、セマルハコガメのことを初めて知った時の感激なんて、とっくになくなっちゃっている自分に気づいてしまったから。

で、私自身も初心に戻ったつもりで、あらためて「箱ガメ」のお話しをしてみようかと。

なんで「ハコガメ」じゃなくて「箱ガメ」?

さっきから、文章の中に「ハコガメ」という言葉と「箱ガメ」という言葉が出てきていることにお気づきの方も多いかもしれません。

実は、「箱ガメ」と「ハコガメ」って、ちょっとニュアンスが違うんです。

厳密ではないんですが、だいたい「ハコガメ」って全部カタカナで書くと、それはイシガメ科のアジアハコガメ属Cuora またはオカハコガメ属Cistoclemmys の仲間とか、ヌマガメ科のアメリカハコガメ属Terrapene の仲間あたりの種類を指します。この仲間のカメは、和名にすると「○○ハコガメ」となるからです。例えばマレーハコガメセマルハコガメカロリナハコガメみたいに。

では「箱ガメ」は?
読んで字のごとく、「箱のように、甲羅にフタをすることができるカメ」のことを指すのです。
それって、ハコガメと違うの?と思う方も多いと思います。

実は、「箱のようにフタをできるカメ」というのはセマルハコガメのような「ハコガメ」だけでなく、他のカメの仲間たちにもいるんです。というか、かなり多いんです。
ですから、そんな「『ハコガメ』に限らず、箱のようにフタをすることができるカメたち」のことを総称すると「箱ガメ」となるわけです。英語でも、まんまBox Turtleと呼ばれています。

世界の箱ガメたち

どうやって「フタをして箱のようになる」のかは後で詳しくお話しするものとして、世界中にはどんな「箱ガメ」たちがいるのかをおさらいしてみましょう。

まず名前も「ハコガメ」であるのが、先述したイシガメ科のアジアハコガメ属(オカハコガメ属を含む)の仲間たちです。マレーハコガメ、セマルハコガメ、モエギハコガメコガネハコガメなどです。またヒラセガメムツイタガメ、マルガメなどもやや未発達ではありますが、フタをすることができます。
またヌマガメ科ではアメリカハコガメ属の仲間たちも「ハコガメ」です。カロリナハコガメの亜種たちやニシキハコガメが該当します。またヌマガメ科には他にもブランディングガメヨーロッパヌマガメなど、未発達ながらもフタができる箱ガメがいます。

また人気の曲頚類にも箱ガメの大きなグループがあります。それがアフリカに住むハコヨコクビガメ属のカメたちです。お気づきのように「箱」ヨコクビガメなんですね。クリイロハコヨコクビガメを代表にしてトゥルカナハコヨコクビガメとかウペンバハコヨコクビガメとか。
ご存じのように、曲頚類は首を中に引っ込めるのではなく、横に曲げるわけですから、フタをしてしまうとさぞかし苦しい姿勢になりそうな気がするんですが。

意外に知られていないのがドロガメ属のカメです。ドロガメ属のうちキイロドロガメなど数種はかなり立派にフタをして「箱ガメ」になります。

さらに「箱」というよりも「どら焼き」みたいな感じなんですが、スッポン科のハコスッポン属やフタスッポン属などはフタをすることができます。オーブリーフタスッポンで知られるクビスジフタスッポン属もフタをできるスッポンです。
ある種の和菓子みたいです
フタスッポンがフタをした様子・矢印が申し訳程度の可動している
写真提供:EndlessZone

最後は、リクガメを見てみましょう。
リクガメの仲間の「箱ガメ」は水生ガメとはちょっと違います。後述しますがホームセオレガメベルセオレガメなどのセオレガメ属は「箱ガメ」と言っても良いかもしれません。

どうやって「箱」になるのか

さて、では「フタをする」というのはどういうことなのでしょう。
もちろん、カメというのは背中に大きくて丈夫な甲羅(背甲)を背負い、また腹側にも丈夫な甲羅(腹甲)があります。この背甲と腹甲は両脇でつながっていて、前後はつながっていません。つながっていない場所の前方を使って頭部と前肢、後方から尾と後肢を出したり引っ込めたりします。

多くの「箱ガメ」は、この背甲と腹甲がつながっていない場所を、腹甲を動かすことによって閉じることができるのです。

そもそもカメの腹甲や背甲というのはどのようにしてできているのでしょう。
実はカメの甲羅は「三重構造」になっています。つまりもっとも内側には肋骨と脊椎骨が、そしてそれに支えられるように骨甲板という骨でできた甲羅があり、その外側を皮膚が硬くなったような構造、人間で例えるならば「爪」のような構造である角質甲板が覆っています。私たちが目にするカメの甲羅は角質甲板ということになります。

要するに、「肋骨や脊椎骨」で「骨甲板」を支え、それを「角質甲板」が覆っているという三重構造というわけです。

ところが、骨甲板や角質甲板はいくつかの「甲板」という部品が組み合わさってできていますので、そのままでは強度不足になります。そこで、骨甲板と角質甲板の各甲板の「継ぎ目」をずらすという工夫がなされています。継ぎ目が一致してしまったら、そこが脆弱になってしまいますから。

賢明なるみなさんはもうおわかりでしょう。多くの箱ガメたちは、この骨甲板と角質甲板の「継ぎ目」が一致している場所があるため、そこが動くようになっているのです。つまり強度を犠牲にすることで、もっとも重要な頭部や四肢を完全にしまい込むという作戦に出たわけです。

ただし、これはどの箱ガメにも共通していることではなく、必ずしも継ぎ目が一致しているとは限りません。単に甲板が持つ弾力で可動式になっている場合もあるようですが、それでも一致している方が可動性が大きいようです。

この可動部分は、簡単に言えばアキレス腱のような結合組織でつながっていて、一般にはヒンジ(蝶つがい)と呼ばれています。これを利用して、腹甲の可動部分を作り頭部や四肢、尾を引っ込めた時に「フタ」をして保護しているわけです。

さまざまな「フタ」

さて、箱ガメにも種類があるように、このフタの仕方もいくつかの種類があります。

もっとも一般的なのは、イシガメ科やヌマガメ科、曲頚類の「フタ」です。
これらの「箱ガメ」は腹甲のほぼ中央あたりに1カ所の蝶つがいを持っていて、そこから前の腹甲を使って前部を、後方の腹甲を使って後部を閉じることができます。
Rさ~ん!「蝶つがい」わかりましたか~??
モエギハコガメの腹甲・矢印で蝶つがいを示す
写真提供:EndlessZone

一方、ドロガメ属のカメは腹甲に2カ所の蝶つがいを持っています、つまり腹甲が三分割されていると考えればいいでしょう。これを使って前方と後方を完全に閉じることができます。
こんな蝶つがいもあるんですよー
キイロドロガメの腹甲・矢印で蝶つがいを示す
写真提供:EndlessZone

またハコスッポンやフタスッポンはごく前方に1カ所の蝶つがいがあり、前方のみフタをします。では、後方はどうするのかというと、後肢の付け根に大きな皮質のヒレ状の器官(フラップ)があって、それを使って後肢を収納した時のフタにします。
スベスベ~。気持ちよさそう...
キタインドハコスッポンの腹甲・矢印はフラップを示す
写真提供:EndlessZone

リクガメであるセオレガメは、名前からわかるように、腹甲ではなく背甲が可動式になっています。
背甲の後方に蝶つがいがあり、そこから後方が可動式になっています。つまり、そこを動かすことによって後肢と尾を収納してフタをするわけです。それでは頭部が保護できない、と。ご安心下さい。彼らは頭部を背甲の中に引っ込めた時に、前肢を頭の前に引き寄せてそれをフタ代わりにするのです。彼らの前肢には硬くて大きくな鱗が密生していますから、非常に丈夫なのです。
この写真も使い回しか...
ホームセオレガメの背甲・緑色のラインが蝶つがい。ここより後方が可動

フタの役割

もちろん、フタをすることで大切な頭部や、弱点である軟らかい四肢の付け根などを守ることができます。箱ガメのフタは、かなり強い力で閉じられているようで、試しに私たちが開けようと思ってもなかなか動かすことができないくらいです。

また、このフタは種類によってはかなり密閉性が高く、短時間ならば乾燥によって水分が失われるのを防ぐ働きもあると言われています。

しかし、飼育下では多くのカメは安心してしまうのか、あまりフタを閉じて箱ガメ化する姿は観察できなくなってしまう場合が多いし、飼育下で繁殖したCB個体の場合は、まったくしなくなります。
私の家でも5匹のセマルハコガメを幼体時から飼育しているのですが、フタを閉じたところは一回も見たことがありません。

ただし、有名な話ですが、ある種の箱ガメは、交尾中にメスがフタを閉めてしまうとオスの生殖器(ヘミペニス)が背甲とフタの間に「はさまって」しまって、とれなくなってしまうことがあるようです。しかもそのままメスが動き出してしまうと、オスは「はさまれたまま」ズルズルと引きずられてしまうことも多々あるとか。あ、痛たたたた....

と言うわけで、なぜか「フタができる」というだけなのですが、魅力的で人気がある種が多い「箱ガメ」たち。
ところが、天然記念物になっているセマルハコガメをはじめ、どの種も比較的生息地では減少傾向で保護されている種も多いのも現実です。

完璧で究極の防御を手にすることができた「箱ガメ」たちですが、乱獲や環境の悪化という敵の前では、無力だったようです。

幸い、鉄壁の防御を持っているからでしょうか、小型の種が多く飼育に適するため、多くの種が飼育下で繁殖に成功しているというのが唯一の救いです。
これからも、けなげな防御を続ける「箱ガメ」たちを大切にしていきたいものです。

<関連記事>
カメの魅力
オンライン両爬図鑑Terra Herps. 水生ガメ
オンライン両爬図鑑Terra Herps. リクガメ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。