全国の両爬ファンの皆さん、コンニチハ!

今年2006年ももうすぐ終わろうというこの時期に。そして偶然にもクリスマスというタイミングで、この両爬界にド肝を抜くようなニュースが舞い込んできました!

そのニュースは何と...
世界最大のトカゲ・コモドオオトカゲが単為生殖をした!
もう、これって2006年の重大ニュースのトップニュースに確定でしょう!
今回は、速報の意味もありますが、この話題をご紹介しましょう!

ニュースの概要

その仰天のニュースが私の耳に入ってきたのは12月21日午後2時でした。どうやらネットで流れる前に、すでにテレビとか新聞に出ていた、ってことなんですがうちはテレビ壊れているし、新聞は職場でしか見ていなくて...

で、肝心の内容なんですが、要するに。

イギリスの2つの動物園で飼育中だった2頭のコモドオオトカゲがオスと接触がないまま産卵をして、孵化に至った。

つまり交尾をしないまま、メスだけで繁殖ができた、ということなんです。で、このニュースはなんと世界でもっとも権威ある自然科学の総合学術雑誌「Nature」誌での掲載ですので信憑性も十分です。

このようにメスだけで繁殖を行うことを「単為生殖」と言います。
あまり生き物に詳しくない一般の方から考えれば、「メスだけで子どもを作るなんてマリア様じゃあるまいし...」なんて驚くかもしれませんが、無脊椎動物まで含めれば自然の中ではそれほど珍しいことではありません。形式はさまざまですが、例を挙げればキリがないくらいです。
どうやって単為生殖つまりメスだけで子供を産むかの仕組みは、後述するとして、もう少し今回のニュースを解説してみましょう。

今回、単為生殖が確認されたコモドオオトカゲはイギリスのチェスター動物園で飼育されている個体(『Frola』という名前)と同じくイギリスのロンドン動物園で飼育されている個体(『Sungai』という名前)です。

チェスター動物園のFrolaはこれまでオス個体と交尾はおろか接触したこともない正真正銘の「処女」というか「箱入り娘」だったのですが今年5月に11個の卵を産卵しました。
このうち孵卵中に割れてしまった3個の卵を調べると正常に発生をしていたらしく、残る8個の卵は今月末から来月の初めに孵化をする予定だそうです。

一方、ロンドン動物園のSungaiでは2年以上オスと接触をしなかったメスが昨年8月に産卵し、卵は今年の初めに孵化しました。現在も4匹の幼体が育っているそうです。

と、ここまで読んで多くの両爬ファンは「貯精(精子をメスの体内に蓄えておいて必要なときに受精させること)だろ?よくあることだろ。」って考えたはずです。私も。

ところが、Frolaの割れてしまった卵、そしてSungaiの子供たちの遺伝子を調べてみると、明らかにメス親の単為生殖によるものと確認されたのです。

コモドオオトカゲとは

ご存じない方はいらっしゃらないと思いますが、念のため今回の主役であるコモドオオトカゲに関して、基本的な情報をご紹介しておきましょう。
いつもの調子でレタッチしたら、ちょっと写真が大きすぎかもしれません
コモドオオトカゲ
写真提供 動物の恋人

コモドオオトカゲVaranus komodoensis はオオトカゲ科の1種で世界最大のトカゲです。
一般的に全長は2.6m前後ですが、これまでの最大の記録は313cmという巨大なトカゲです。
成体は全身が灰褐色ですが幼体は明黄色の斑紋が散在する美しい体色をしています。

インドネシアの小スンダ諸島のコモド島などのいくつかの島に分布しており、主に乾燥したサバンナや開けた森林で生活をしています。
幼体は樹上で生活していますが、成長すると陸上生活に移り、ヤギやブタなどの大型哺乳類から爬虫類、鳥などを食べています。
野生では比較的気性が荒く、貪欲であるためこれまでも人間が襲われたり、食べられたという事案も起こっています。

一昨年に話題になったのですが、大型の哺乳類などを襲い、咬みついた時に口腔内の50種以上の細菌を獲物に感染させて敗血症を起こさせて殺す、ということが知られています。
もちろん咬みつかれた獲物は、すぐには死にませんが数日後に敗血症で絶命します。この時の死臭をコモドオオトカゲは遠くから嗅ぎとって見つけ出し、死肉を貪り食うらしいということです。

一般にオオトカゲの仲間は、英語でモニターリザードと呼ばれるのですが、コモドオオトカゲだけはその特別な存在感から「コモドドラゴン」と呼ばれています。
ただし、乱獲により生息数が激減しているため厳重に保護されており、ワシントン条約(CITES)の附属書I 類に掲載され、商取引は禁止されています。

※参考「爬虫・両生類ビジュアルガイド オオトカゲ&ドクトカゲ(誠文堂新光社)」

このように多くの個性を持ち合わせているため、飼育できるとかできないとかの問題とは別に、世界でもっとも注目されている爬虫類と言えます。

爬虫類の単為生殖

前述したように、爬虫類の単為生殖というのは、それほど驚愕に値するほどの話ではありません。

しかし、よりによって世界最大のトカゲであるコモドオオトカゲでそれが行われた、ということが驚愕なのです。ある意味、欲張りすぎですよ。だって「世界最大」「限られた分布域」「厳重な保護対象」...などなどコモドオオトカゲを説明するための話題はいくらでもあるのに、その上「単為生殖可能」とくるんですから。

これまでも比較的爬虫類の単為生殖は知られていて、例えば日本ではオガサワラヤモリキノボリヤモリブラーミニメクラヘビがよく知られています。
また外国産の種でも、ホビーの対象種としてはイボヨルトカゲは非常に有名な例です。
ただ、これをお読みになっているあなたがほとんど爬虫類に関心のない方ならば、ここに挙げた生き物の名前なんて聞いたこともないような種類ばかりでしょう。

それに、リンク先のページをご覧いただければわかるように、どれもこれも小さくて目立たない種です。ブラーミニメクラヘビなんて脊椎動物であることさえ疑わしくなってしまうような生き物ですから、あんまり単為生殖していたって不思議じゃないです。と言うかむしろ雌雄でまぐわう姿を想像することなんてできません。

私たち爬虫類飼育者にとってもそのイメージはほとんど同じで、単為生殖なんてそういう地味であまり縁がない、せいぜい「単為生殖種ならペアをそろえなくてもいいから繁殖楽だね」程度の認識でしかなかったわけです。

そんな常識の中で、次に出てきた単為生殖種が世界最大のトカゲというのだから驚くのも無理はありません。

過去にもあったビッグな単為生殖

ところがいろいろ調べてみると、予測できなかったことでは無かったようなんです。

実は、1996年にこれに似たような事例があったのです。
なんとドイツで飼育されていたグールドモニターが単為生殖をしたということが事実があったのです。
さらに日本の動物園でもミズオオトカゲで、その可能性が指摘されるような例があるようです。
また、これは未確認情報なんですがアジアの大蛇・ビルマニシキヘビもその例があるという話も飛び交っています。

もしかすると、意外に単為生殖をすることができる爬虫類って多いのかもしれませんね。

さて、次にちょっと難しいのですが単為生殖の仕組みのお話をしましょう。

両性生殖と単為生殖

さて今回のニュースの中で、結構いろいろな人たち(私も含めて)の頭を悩ませたのが以下の事実です。
単為生殖で生まれたコモドオオトカゲの子はすべてオス

どういうことかというと、先述した現在知られている単為生殖を行う爬虫類は基本的にメス個体ばかりが生まれてきます。これは、簡単に言うとこれらの種類が行う単為生殖はメス親が自分の細胞から子を作る「クローン」だからです。
ですから、今回のコモドオオトカゲが「子がオスばかり」というのは、極めて異質な感じなんです。

そもそも生き物が子を殖やすというのはどういうことなのか、から簡単に説明しましょう。いや、私って高校の理科の教員ですから。

生き物が子を産んで子孫を殖やしていくことを「生殖」といいます。
この生殖には、性がまったく関係しない「単為生殖」と、異なる二つの性が必要な「両性生殖」の2種類があります。
どのような形式でも単為生殖は、遺伝子が一様なものになってしまうので環境への適応とかの面で、種として反映がのぞめなくなってしまいます。
そこで少しでも多様性を持たせるために他の個体の遺伝子を取り入れるようにした生殖が両性生殖です。わかりやすい言い方をすると、メスはより強い子を産むためにオスから強い遺伝子を手に入れようとする生殖方法が両性生殖と言えるでしょう。もちろん私たち人間は両性生殖ですね。

減数分裂

両性生殖の特徴は「減数分裂」という細胞分裂によって「配偶子(精子や卵)」を作ることです。
生物は必ず遺伝子を持っているのですが、この遺伝子は細胞の中にある「染色体」に存在します。この染色体の数は生き物の種類によって決まっていて、例えば人間の場合は全部で46本あります。

生殖をして子どもを作るためにはオスの配偶子である精子とメスの配偶子であるが合体しなくてはいけません。これを受精と呼びます。
もしも私たち人間の精子や卵が親と同じ数、つまり46本の染色体を持っていたら受精してできた子どもの染色体は父親(オス)から46本、母親(メス)から46本で合計92本になってしまいます。
そこで精子や卵といった配偶子は染色体の数が半分(人間の場合は23本)になっているのです。このように染色体の数を半減させて配偶子を作る細胞分裂を減数分裂というのです。
この減数分裂が性の決定に関わっています。

性の決定

もう少し、生物の基礎の勉強にお付き合い下さい。

さて、人間には46本の染色体があるわけですが、これは減数分裂によって半分になってしまうため、すべて同じ染色体を二つずつ存在して対になっています。人間の場合は23種類の染色体が23対になっています。この中の1対が性を決定する染色体「性染色体」と呼ばれるものです。この機構は生物の種類によって種類があり、人間の場合はXY型と呼ばれる形です。

XY型の性決定とは、X染色体とY染色体の2種類の性染色体の組み合わせで性を決定します。
つまりXYの組み合わせを持つのならば男性、XXの組み合わせならば女性になります。
YYの組み合わせはありません。なぜならY染色体は男しか持っていません。そのためYYになるためにはオスの配偶子どうし、つまり精子が2つ合体しなければ作れないからです。

つまりオスはもともとXYの組み合わせで染色体を持っていて、減数分裂をすることでXを持つ精子とYを持つ精子を作ります。
一方メスはXXですから、作る卵細胞はXの染色体を持つものだけしか作れません。
そして受精の時にXの精子とXの卵が受精すれば生まれてくる子はXXですからメス、Yの精子とXの卵が受精すればXYになるのでオスになるわけです。

コモドオオトカゲの性決定はZW型

ところが、今回のコモドオオトカゲを含めたトカゲやヘビの仲間(有鱗目)はZ染色体とW染色体の2種の組み合わせのZW型の性決定を行います。
※ただし、多くの爬虫類には温度による性決定(TSD)が知られていて、この場合は性染色体の組み合わせは無関係です。

※上記の記述ですが、これを読んで下さった方から「コモドオオトカゲはZW型でであるが、トカゲの仲間でもXY型の性決定をするものも非常に多く知られている」との貴重な御意見をいただきました。この場をお借りして、心より感謝申し上げます。

これはXY型と逆でオスがZZの組み合わせ、メスがZWの組み合わせになります。
もしもコモドオオトカゲが、オガサワラヤモリやブラーミニメクラヘビのような「クローン」を作る単為生殖ならば生まれてくる子はすべてZWの組み合わせのメスになります。

しかし、コモドオオトカゲの単為生殖は異なります。詳しくはわかっていないのですが、おそらく次の通りではないかと考えられます。
メスの体内で配偶子(卵細胞)が作られるときに減数分裂が行われZの染色体を持つ卵とWを持つ卵が生じます。
減数分裂は、このあと「第二分裂」という全ての染色体の複製を作ってから再度分裂を行います。これによって「Zを1個だけ持つ卵細胞」が2個と「Wを1個だけ持つ卵細胞」が2個の計4個の卵細胞を作ります。

ところが単為生殖を行う時に、第二分裂が染色体だけで行われ、細胞自体は分裂しないという現象が起こります。こうなると結果的に一つの卵細胞の中にZの染色体を2つ持ったZZの卵細胞が生まれます。もちろんWWの卵も生じますので、計「ZZの卵」と「WWの卵」が1個ずつで2個の卵しかできません。ところがWWの組み合わせはあり得ない(おそらく致死性の組み合わせで発生せずに死んでしまう)ので、ZZの卵だけが残ります。

この卵はZZだけでなくすべての染色体を対に持っているので、結果的に受精した卵と同じことになり発生を続けて個体になっていきます。そしてこの個体は「ZZなのでオス」になるわけです。
このようにして得られた子はZ染色体だけでなく、残りの染色体もすべて対になっているものどうしが複製されたものになっているので遺伝子情報が同じになっています。

以上が、単為生殖によって生まれたコモドオオトカゲがすべてオスである、という説明です。
簡単に言えば、今まで知られていた爬虫類の単為生殖は「メス親の普通の細胞のクローン」であるのに対して、コモドオオトカゲの単為生殖は「Z染色体を持つ卵細胞のクローン」であるわけです。

今回、得られたチェスター動物園のFrolaの卵の遺伝子の情報とロンドン動物園のSungaiの子たちの遺伝子の情報は、ZZ型であることは当然ですが、他の対になっている染色体も完全に複製されていたものであることが確認されたため、以上のような仕組みで単為生殖されたものであると結論づけられたわけです。

単為生殖の狙い

もちろんコモドオオトカゲは通常は両性生殖を行うことが確認されています。

ところが、今回の例のようにオスがいない環境でメスを生活させると単為生殖を行うものと考えられます。
これはおそらく分布域を広げるための苦肉の策だったのではないかと考えられます。
例えば、メス親が生活の場を広げるために海を渡ってコモドオオトカゲがいない島にたどり着いたとしましょう。
もちろんオスはいません。
そこでメスは単為生殖を行い、オスだけを産みます。
生まれたオスが成熟して繁殖可能になったときにメス親と交尾をして両性生殖を行う。

つまり子どもが自分の母親と交尾を行って子孫を殖やしていくという驚くべきシステムです。
ただし、これでは遺伝的な多様性を作ることができませんので、種としての繁栄には不利と言えますが。
何にしろ仮説ですから、私たちが想像もつかないような真実があるのかもしれません。

だって、コモドオオトカゲが単為生殖をする、なんて驚くべき真実があったのですから。

やっぱり、両爬の世界なんて、まだまだまだまだまだまだまだ...わからないことだらけです。やめられませんよね。

とにかく単為生殖がコモドオオトカゲだけでなく、他のモニターにも可能であるならば、メスだけしか飼育していないそこのあなたの家のモニターも突然、発生可能な卵を産むかもしれませんよ...

しかし、今回の研究を発表したチームの科学者たちって、絶対に狙ってましたよね。発表時期を。よりによって単為生殖のネタをクリスマス直前に発表するなんて。
われわれ両爬ファンにとっては、文字通りのクリスマスプレゼントでした!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。