全国の両爬ファンの皆さん、コンニチハ!

久しぶりの法律関係の記事です!
今回は、去る2006年6月1日から施行された、いわゆる「改正動物愛護法」によって大きく変わった生体の販売および購入の方法に関して解説してみましょう。

これって、イマイチよくわからなかったんですけど、先日の「ぶりくら市2006」で、私も「届け出業者」として、実際に生体を販売してみてようやく実感として捉えることができましたので、解説できるようになったのです。

結論めいたことを最初から書いてしまうようですが、要するに私がここで訴えたいのは「ちゃんと法律を守る『購入者』であるために、ちゃんと法律を守る『販売者』から購入しましょう」ということです。
ここ数年、両爬飼育を取り巻く社会の情勢は激変して、必ずしも私たち飼育愛好家にとって追い風とはなっていません。今こそ、私たち飼育者も販売者も、誰からも文句を言われないようにエリを正して正々堂々と両爬を楽しめるようにしていきたいものです。

改正動物愛護法下での動物取扱業

実は、改正前から決まりはあったのですが、ほぼ有名無実であったのが
動物の販売は動物取扱業者だけ
だったのです。改正前の法律では第8条に、要するに「動物を販売するならば都道府県知事等に届け出をしなくてはならない」旨が明記されていました。
私だって「ぶりくら」や「HBM」で無届けで販売していたのですから、違法行為と言われても言い返せなかったわけです。でも、なぜかわからないんですが、あまりこれに関しては厳しくなかったんです。

しかし、改正法では「届け出」制が「登録」制(言い換えれば許可制)になり、厳しくなりました。

この法律の下で、動物取扱業者つまり販売者が守らなくてはいけない「義務」は、実はそう多くありません。まとめると以下の3点でしょう。
・動物取扱責任者を設置する
・登録は5年ごとの更新を行う
・申請事項に変更があった場合は届け出る

これらを守らなかった場合は、即摘発されて罰則の適用、なんて事態もあり得るのです。

しかし、法律には「義務事項」よりもややレベルの低い「遵守事項」というのがあります。
「遵守事項」は守らなくても、即摘発というようなことはありませんが、「指導」「勧告」「命令」の順で監督省庁からの処置がなされ、その命令に従わなかった場合は罰則が適用されるようになっています。

この「遵守事項」こそが「販売者」だけでなく、私たち「購入者」も大きく関わってくることなのです。

販売時の遵守事項

遵守事項はいくつかあるのですが、ここでは「購入者」が関わってくる事項に絞って解説しましょう。
わかりやすく、簡潔に行きましょう。
「販売者は『生体説明書』を作成し、生体について説明し、購入者は説明を受けたことを確認する『署名』をすること」
です。
さらに販売者が行わなければいけない遵守事項もついでにいくつか挙げておきましょう。
・成体が食べる餌を自力で食べるようになった生体しか販売できない
・飼育環境の変化、輸送に対して十分な耐性が備わった生体しか販売できない
・2日間以上、その状態を目視により観察し、健康上の問題がないことが認められた生体しか販売できない
・署名の入った確認書を保管する
・販売の実施状況(仕入れ、販売)を記録した台帳を作って5年間保存する
・購入者が関係法令に違反していないことを確認する

ちょっと細かすぎますけどね...ま、遵守事項ですから。

では理想的な販売の流れをシミュレーションしてみましょう。

販売者「さて、新しく入荷してきたコーンスネークが来たぞ。『台帳』に記録をして、と。それから今のうちに『生体説明書』を作っておこう」
・・・2日後
販売者「よし、2日間観察をして健康そうなことがわかったし、餌も食ったから、値札を付けて並べよう」
・・・さっそくお客さんが来店
客「こんにちは。このコーンスネークきれいですね」
販売者「いいでしょ、それ。まだ入荷したばかりで、さっき値札付けたばかりですよ」
客「餌は食べてます?」
販売者「到着した日に食いましたよ。健康で何の問題もないですよ」
客「じゃ、もらおうかな」
販売者「ありがとうございます。失礼ですけどお客様はヘビの飼育は初めてですか?」
客「いいえ。二年前からコーンを飼ってます」
販売者「じゃ、口頭での説明は省きますね。この『生体説明書』に品種とかの情報と、念のため飼育法も書いてありますから、ちょっと読んでいただけますか」
客「はい」
・・・・
客「全部読みました。へー、秋になると餌食いが落ちる個体もいるんですね。知らなかったから読んで良かったです」
販売者「お手数をおかけしました。じゃ、お手数ついでに、この『確認書』に住所と電話番号、そしてご署名をいただけますか。何かありましたらこちらからも連絡できますし。もちろん個人情報は、他のことには利用いたしませんので」
客「はい」
販売者「ありがとうございました。じゃ大切に育てて下さいね」
・・・お客さんが帰る
販売者「さて、この『確認書』に書いていただいたことを元に『台帳』に記録をして、と。この確認書も保管しておこう」

と、まあこんな感じでしょうか。ちょっと面倒くさい感じもしますが仕方ないですね。なかなかイベント会場ではここまでできませんが、慣れてくればできるようになることでしょう。

生体説明書と確認書

では、この「生体説明書」と「確認書」ですが、どうやって作成すれば良いんでしょうか。
生体説明書は、こちらに例があります。(環境省のサイトより)
また確認書は複写式のものが市販されています。
が、実際には確認書は「販売者が保管していればいい(実は「確認書の保管義務」はない)」ので複写式のモノでなくても構いません。ちなみに私は生体の種名入りのものを自分で作成しました。
下に、私の作成した『生体説明書』と『確認書』を掲載しておきます。
見えるわけねーか見えませんやね...
コーンスネークの"生体説明書"クリックすると拡大画像が表示されます購入者が署名するの"確認書"クリックすると拡大画像が表示されます


また、実はこの二つは「電子文書」でもいいことになっています。
つまり通販などの場合は「電子メール」のテキスト部分に「説明書」と「確認書」のフォーマットを作成しておいて、それを購入者に送り、購入者がメールを読んで、読んだことを確認したという「署名」をして返信するだけでもいいのです。
次のページに、電子メールを利用した『生体説明書』と『確認書』の実際をご紹介しましょう。

電子メールを利用した説明書と確認書

以下のテキストは、私が「購入者」の立場で通販で購入したときに「販売者」の某ショップさんから送られてきたものです。一応種名も伏せておきますね。いやカブトトカゲなんですけどね。

星野様、****の****です。

先般はお電話にて生体購入のご希望をいただき、有り難うございました。つきましては、以下の通り生体についての説明書類をお送り致します。お客様が普遍的にご覧になれるよう、シンプルテキスト形式で作成しておりますので、見難い点もあるかと思いますがご容赦下さい。

お客様各位

平成18年6月1日施行の改正動物愛護法案により、爬虫類の販売時には販売生態についての情報説明書(ないし電磁的な記録)をお客様にお渡しすると共に、その受領についてご署名等(電磁的な物を含む)による確認をお客様よりお取引前に頂戴し、一定期間保管することが動物取扱業者に義務づけられました。

大変お手間をとらせて恐縮ですが、以下の生体説明要項をお読みになり、4項「お客様ご確認およびご署名欄」にお名前をご記入の上、ご返信をお願い致します。

※尚、お客様より頂戴したご署名他個人情報は、改正動物愛護法案による署名保管義務にのみ用い、他目的に使用しないことをお約束しておりますので、その旨ご安心下さい。

動物販売時説明書(トカゲ)

1、動物の特性及び状態の概要種類・品種:**** 性別:オス1匹、メス1匹 数:2匹生産地等:インドネシア 生年月日:不明 平均寿命:不明 輸入年月日:平成18年6月3日成体になったときの大きさ:標準体長18cm程 投薬状況:未 病歴の有無:無し当該動物の保有者:当該店舗の自己保有 個体識別:無

2、飼養方法省略(星野による省略)

3、関連法令の有無省略(星野による省略)

以上。

本説明書は必用最低限の情報のみ記載しております。詳細や不明点は、個別にメールやお電話でご質問下さい。

4、お客様ご確認欄およびご署名欄

私は貴店からの動物(種類:****、数:2匹)購入契約に当たって、説明者(****)より、予め購入動物の特性及び状態に関する説明及び本説明書の交付を受けたことを確認致します。(注;この確認書の受領は、規則第8条第4号の規定により、動物の販売業者に義務づけられているものです。)

お客様ご署名欄(以下の空欄にご記入下さい)

平成 年 月 日 お客様ご氏名:       ご住所:販売店名:****説明者:****



なお「生体説明書」は、購入者個々に配布する義務はありません。「見やすい位置に文書により表示」すればいいことになっています。最近はショップさんのサイトなどにも、その生体のページに細かに書かれているのをよく見かけますが、あれでもいいのです。要は「購入者がきちんと読むこと」ですから。

一応、法律の施行令では、具体的に以下の情報を「表示すること」になっています。
・ 品種等の名称
・ 性成熟時等の標準体重、標準体長等体の大きさに係る情報
・ 性別の判定結果
・ 生年月日(輸入等をされた動物であって、生年月日が明らかでない場合は、推定される生年月日及び輸入年月日等)
・ 生産地等
・ 所有者の氏名(自己の所有しない動物を販売しようとする場合に限る。)

その他には
・飼育方法
・感染症
・繁殖を制限するための措置(不妊・去勢など)
・ 遺棄の禁止
・関係法規


うーん、やっぱりこうやって文章にしちゃうと、なんだか妙にやっかいな感じがしますね。
でもイベントならともかく、店舗での通常販売時なら、これくらいの手間はなんとかなるのではないでしょうか?
また、これをお読みになっているみなさんも、こういった対応をしているショップを利用していくことを推奨はいたしますが、こういった対応をしていなかったからと言って、即「あのショップはイカン」などとしないようにしたいものです。移行処置期間みたいな時期ではありますし、遵守事項ではあるわけですから。
ただ、いつまで経っても全然「こんなんカンケーない」みたいなショップもアレですけど...

いよいよ「HBM」も近づいてきましたし、出展者のみなさんも参考にしていただきたいと思いますし、何より購入者も、賢く正しい購入者でいられるようにしてほしいものです。

<参考サイト>
環境省

<関連記事>
動物愛護法改正(前編)from All About
ぶりくら2006速報レポートfrom All About
動愛法はペット業界を変えられるか? from All About「犬」

<おすすめINDEX>
必須法律知識
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。