先日、All Aboutの編集さんの方と電話で話していた時のことです。

編集:「星野さん!ウーパールーパーって肉食なんですって!?」
ガイド:「いや、両生類だから...(植物食の両生類なんかいねーって)」
編集:「えっっっっ!?あれって両生類なんですか!?」
ガイド:「ですよ...(って、なんだと思ってたんだよ。まさか本当に宇宙からやって来たとおもってたんだじゃねーだろーな?)」
編集:「すげー!ちょっと、それみんなに教えてきますわ!!(ガチャン!ツーツーツー)」
ガイド:「...おい」

この辺が私たち生き物好きと一般の方の強烈なギャップ。
あの一世を風靡した「ウーパールーパー」ですが、意外に世の中の人たちって、この生き物のことをご存じない方が多いようで。
というわけで、今回は、これまた一般の方向けに「ウーパールーパー」に関するアレコレをご紹介してみます!!

ウーパールーパーブーム

流木の上で休むアホロートル
「ウーパールーパー」
写真:ウーパールーパー前線要塞基地
うーん、もしかして最近の若い方たちって、よく知らないかもしれませんね。あの「ウーパールーパーブーム」を。
詳しくは後述しますが「ウーパールーパー」は、私が幼い頃に見た図鑑なんかでは「アホロートル」という名前で紹介されていましたので生き物好きの間ではよく知られた存在でありました。例えばひも解いてみると昭和48年発行の「週刊世界動物百科 第144号」には、すでに紹介されていました。

このウーパールーパーが、日本中に知られるようになったのは昭和60年(1985年)のことです。私の記憶だけで考える範囲では日清の「やきそばUFO」のCMに「宇宙からやってきた生き物」という設定でキャラクターとして登場し、お茶の間の人気者になりました。「アイアイアイ、ボクはウーパールーパー、UFOからやって来たんだ」というような感じのCMソングは歌詞はどうあれ、未だに耳について離れなかったりしています。
※で、調べてみるとこの歌、耳に残るのは当然。あの尾崎亜美が歌っていたんだということが判明。曲名は「Wuper Dancing」というらしい。

ただし、ネット上などで調べると、UFOのCMに先んじて同じ年の1985年に大関酒造がCMでアホロートルとして登場させていたことが判明しました。そういえばなんとなくうろ覚えですが、あったような気もします。

とにかく、テレビで紹介されたウーパールーパーは、前年の1984年(昭和59年)に、同じくCMで紹介され大ヒットした「エリマキトカゲ」に続く「変な動物」ブームの主役になったのです。もちろん実際は、広告業界がエリマキトカゲに続くような動物として白羽の矢を立てたというのが真相のようですが。

ブームの影響

さて、CMに登場したウーパールーパーは、もちろんキャラクターとして商品化されたりしました。当時は、よくわかりませんが現在も「ウーパールーパー」は登録商標として平成14年に登録されています。
ちなみに「ウーパールーパー」というのは、もちろんこの生き物の正式な名前ではありません。これも後述しますが、一般的には「アホロートル」と呼ばれている生き物なのですが「アホ」と「ロートル」と、どちらも決して良い意味では使われない単語を連想させる言葉でしたので、考え出された造語です。未確認情報ですが、最初は「スーパールーパー」という名前にしようとしたらしいのですが、「スーパー」ではありがちなので「ウーパー」にした、そうです。

また一般の方から見ると、よほどあの外見はおもしろいらしいのか、マンガなどでもキャラクターのデザインによく使われるようになりました。もちろん「ポケモン」でも使われていますし、「ケロロ軍曹」の宇宙アイドル「スモモちゃん」もたぶんそう。さらに遡ると「うる星やつら」の「プール妖怪」もたぶんモチーフはアホロートルでしょう(ただし登場は1985年以前ですが)。

このブームの影響で、両爬というよりもむしろ観賞魚としての位置づけで「ウーパールーパー」はペットショップで大量に流通しました。前年のエリマキトカゲは飼育に不向きでしたが、こちらは飼育技術も確立していましたし、エリマキトカゲほどヒドイ扱いを受けることはなかったようです。それでも「コップで飼育できる」とかいい加減な情報で扱いを受けていたのは事実なようで、当然流通量に比例して、ブームのせいであっけなく死んでいった個体数も急増したことでしょう。
もちろん水族館や動物園、デパートの催しなどでも「ウーパールーパーを出せば客が集まる!」ということで、さかんにイベントなどをしていました。

当時は、私も大学生でしたので(年齢を感じてしまう...)このブームを冷めた目で見ていたことを思い出します。前年のブームの裏で消費された多くのエリマキトカゲを見て辟易していましたので。それと、私は本来は色彩変異個体(ウーパールーパーは基本的に白や黄色の色彩変異個体です)があまり好きではなかったので、それもあって特別には興味を持っていませんでした。

その後のウーパールーパー

さて、1985年のブームの後、ウーパールーパーたちはどうなったのでしょうか?
先述したように、現在でも細々とではありますが、キャラクターのデザインなどに使われているように、日本の文化(?)として根付いたと言えますが、肝心の生体はどうなったのでしょう?宇宙に帰ったのでしょうか?

エリマキトカゲや他の一世を風靡した生き物たちとの大きな違いはココにあるといってもいいかもしれません。つまり、他の多くの一過性のブームを作った(作らされた?)生き物たちはあっという間に忘れ去られたり、日本に連れてこられて悲惨な目にあったり、悪者扱いの外来生物になってしまったりしましたが、ウーパールーパーはペットとしての地位を築いたと言えます。

現在でも、熱帯魚ショップや金魚屋に行くと比較的容易に彼らに会うことができます。もちろん購入することもできます。ブーム以後、比較的丈夫で飼育もしやすく、何より実験用として飼育と繁殖の技術が確立しているためコンスタントに流通しています。
価格帯は概ね2000円くらいから5000円くらいまでのようです。
また両生爬虫類を扱うショップならば、注文をすれば取り寄せてくれるような場合もあります。
私たち両爬飼育を趣味とする者達は、あまりアホロートルに関心を持っていない場合が多いのですが、それでもペット的に飼育をしていたりコンスタントに繁殖をさせているような方も多くネット上などでもかなりの情報を得ることができます。カラーバリエーションも豊富なので、コレクション的に飼育することもできますので、そういう意味では両爬飼育者にもっと関心をもってもらってもいいかもしれません。
うぱ!?
ほぼ野生本来の色彩に近い品種「マーブル」
写真:ウーパールーパー前線要塞基地

ウーパールーパーとは

最初の編集さんではありませんが、そもそもウーパールーパーって何者だったんでしょう?
品種は、いわゆる「ゴールデン」
メキシコサラマンダー(アホロートル)つまり「ウーパールーパー」
写真:ウーパールーパー前線要塞基地

「ウーパールーパー」は、先述したようにあくまでも宣伝のための造語であります。生物学上の正確な分類では、両生綱(両生類)の一種でイモリやサンショウウオの仲間である有尾目に分類されるメキシコサラマンダーAmbystoma mexicanumといいます。またアホロートルとも呼ばれますが、これは生息地であるメキシコの言語であるナワトル語で「水の犬」を意味する「Axolotl」をスペイン語読みにしたものです。本来は、本種の仲間であるマルクチサラマンダー科の幼生を指していましたが、 欧米各国では、本種の幼生を指すようです。ですから、ここからはアホロートルと呼ばせて下さい。

野生のアホロートルはメキシコの中央部のソチミル湖とその周辺の運河、およびチャルコ湖に生息しています。しかし現在では、現地での食用のための乱獲が原因で、多くの生息地で絶滅してしまい、ソチミルコ湖と周辺にしかいません。
全長は意外に大きく18cmから25cm程度になります。食性は肉食性で、自然下ではよくわかっていませんが、昆虫類や魚、底性生物などを食べていると思われます。
繁殖は卵生で、一度に200から600個ほどの卵を産みます。
野生個体の多くが絶滅しているため、自然下での採集は禁止されており、CITES(ワシントン条約)の附属書II類に掲載されており、国際的な商取引は制限されています。
※CITESに関しては以下の記事をお読み下さい。
速報!CITES from All About 両爬サイト

一方、さまざまな実験動物として優れた特徴を持っているため、100年以上も前から変態ホルモン、神経、再生、生化学、解剖学、発生学などのために飼育繁殖されており、繁殖された個体が実験用・ペット用に流通しています。

アホロートルの特徴

目が赤いのが特徴
アルビノのアップ
写真:ウーパールーパー前線要塞基地
ウーパールーパーとしてのアホロートルの形態は
・色が白っぽい
・首のところに3対の突起がある
・手足のある魚のように見える
というところですが、これは何を意味しているのでしょう?

両生類というのはカエルの例でわかるように、幼生の時代はオタマジャクシのように水生の生活をしています。そして亜成体になると陸上に上陸して、陸上生活に適応できるように体のつくりを劇的に変化させます。これを「変態」といいます。
ところがアホロートルは、理由は諸説いろいろあるのですが、なぜか変態をせずに幼生の形のまま性成熟をして成体になってしまうことが多いのです。このことを幼形成熟(ネオテニー)といいます。これはメキシコサラマンダー以外の両生類にも見られるのですが、なぜかメキシコサラマンダーには多く見られたのです。
アホロートルの形態の特徴である「首のところに3対の突起がある」というのは、実はネオテニーして、消失せずに残った「エラ(外鰓)」なのです。
また「手足のある魚のように見える」のは水生生活から陸上生活への移行の途中で変態が止まってしまったためです。

アホロートルの色

さらに「色が白っぽい」のは、ウーパールーパーとしてのアホロートルが「色彩変異個体」であるからです。
※両爬の色彩変異に関しては以下のリンクの記事にわかりやすく書いてあります。
両爬の色彩変異 from All About 両爬サイト

メキシコサラマンダーは、本来黒褐色の地味な体色をしているのですが、流通していて見慣れたアホロートルは全身が白くて目が黒い「ルーシスティック(白色個体)」と、全身が黄色っぽく目が赤い「アルビノ(アメラニスティックス・黒色色素欠乏)」が主です。

アルビノと異なり目が黒い
ルーシスティックのアップ
写真:ウーパールーパー前線要塞基地
アホロートルのルーシスティックは、パリにあるパリ植物園(ジャルダン・デ・プラント)で突然変異で生まれた1匹のオス個体が由来であり、現在の世界中にいるルーシスティックのアホロートルは、すべてこの個体の子孫に当たるそうです。

一方、アルビノはかつては自然下でも比較的多く生息したという情報もありますが、現在目にするアルビノは、実は純粋なメキシコサラマンダーではなく、1950年代にアメリカでトラフサンショウウオ(タイガーサラマンダー)のアルビノと掛け合わせて作られた異種間雑種だそうです。
そう考えてみると、ウーパールーパーのCMソングにある「UFOからやって来たんだ」という、地球外生命体の例えというのは、あながち当たらずとも遠からず、という感じです。地球外生物いうより、むしろ人造生物だからサイボーグ?
サイボーグかどうかは別にして、100年以上も実験動物や愛玩用として飼育繁殖されてきたわけですから、アルビノやリューシなど以外にも30品種もの色彩や斑紋のバリエーションが知られています。

アホロートルの飼い方

私自身は、アホロートルの飼育経験はないのですが、飼育技術は確立されていますので、ここではあくまでも一般の方に向けて基本的な飼育方法をご紹介しましょう。もちろん一流のアホロートル飼育者の方からアドバイスをいただいて書いていますよ!

アホロートルの飼育は、基本的に両爬というよりも、観賞魚の飼育法になります。
※観賞魚の基本的な飼育法や知識に関しては「All About熱帯魚サイト」へ!
熱帯魚の飼育に関する基礎知識と心得 from All About 熱帯魚サイト

後ろの水草はスクリーンです
飼育の様子の一例
写真:Saka3エンタープライズ!

・飼育容器
小さいうちはプラケースで十分ですが、壁面に傷が付きやすいのでガラス水槽が良いでしょう。成体を1尾飼育するくらいなら45cmのガラス水槽がいいでしょう。

・温度
基本的に加温の必要はありません。室温で管理すればいいでしょう。ただし冬場に10℃以下などになるのは危険ですから、15℃程度に保温するためのサーモスタットとヒーターは準備しておきましょう。
むしろ夏場の高温の方に注意します。冷却装置は高価ですので、日陰で風通しの良いところに設置するなどの工夫をしましょう。

・床材
砂利などを敷くと見栄えも良いのですが、何も敷かなくても問題はありません。

・濾過
水質の管理のために、濾過装置は必要です。いろいろな種類がありますので飼育頭数、容器の大きさなどに合わせて考えます。観賞魚用品売り場で購入できます。

・エアーポンプ
アホロートルはエラ呼吸をしますので、水中に酸素を溶けこませなくてはいけません。特に夏場の高水温時は、酸素が溶けにくいので必須です。観賞魚用品売り場で購入できます。

・照明
照明は必要ありません。見栄えは良くなりますが、アホロートル自体は明るい環境は好みません。ストレスを溜めてしまいますので、使うのならば鑑賞するときだけ点灯させるなどの気配りをしましょう。

・インテリア
中には、隠れ家を設置しましょう。観賞魚用の「蛸壷」あるいは塩ビ管を適当な長さに切ったものなどを使います。
水草は入れると見栄えも良いのですが、育成がとても大変なのでどうしても、という人はプラスチックでできた人工のものを、よく洗って設置すると良いでしょう。産卵なども、これにするようです。ただしあまり硬く尖ったものは避けましょう。アホロートルの肌に傷が付くことがあります。

・水質
水道水をカルキ抜きしたものでいいでしょう。カルキ抜きをするための薬品は観賞魚用品売り場に売っています。また水道水をバケツにためて数日、外に置いておけば塩素は抜けます。

・餌
小さいときはイトミミズやアカムシなどを、観賞魚店などで購入して与えます。給餌頻度は2日に1回程度でいいでしょう。
成長したら配合飼料に転換しますが、評判が良いのは「キャットフィッシュ(ナマズ類)専用配合飼料」です。タブレット状のモノが観賞魚用品店で販売しています。これを5日に1回、5粒程度与えればいいでしょう。
動物性食なので、植物は食べません。

・収容頭数と他の生き物との相性
基本的に動物食性なので、「共食い」や「噛み付きあい」などがあるので、基本は単独飼育です。特に幼生の時期は共食いを起こします。
また魚やザリガニなどの他の生き物と一緒に飼うことも避けます。アホロートルが食ってしまうこともありますが、何よりも「エラ」を突かれてしまいます。魚などから見れば、アホロートルのエラはミミズなどの「エサ」に見えるからです。
突かれてなくなってしまったエラや、噛み付きあいなどで失った手足は再生しますが、少なくとも好ましい状況ではないでしょう。

・繁殖
最短で生後1年もすれば性的に成熟し、繁殖が可能になります。暖かい間にしっかりと栄養をつけさせて、秋から翌春にかけて水温の変化を自然に任せてから、雌雄を一緒にすると水槽内で産卵をします。
雌雄の見分け方は、成熟した雄は尻尾の付け根が大きくふくらむことで行うことができます。
卵は200から600ほど産み付けられ3週間程度で孵化します。孵化した幼生はブラインシュリンプなどを与えて育て上げます。ただし、この時期は激しく共食いを行いますので注意が必要です。

・変態させる方法
ネオテニーであることが魅力の生き物ですから、変態させて陸上生活をさせる必要はありませんが、稀に飼育下で変態をして、普通のサンショウウオになってしまうことがあるそうです。
この方法には諸説入り乱れており、未だ「コレ」と言った確実な方法はないようです。

とにかく基本的には観賞魚の飼育方法と大差ありませんし、器具類も初心者用の熱帯魚飼育スターターセットみたいなものを買えば、一通り揃えられます。他の両爬に比べて、ハード面、ソフト面ともに充実していますので、初心者の方でも飼育を始めやすいと言えるでしょう。

でも、アホロートルは宇宙から来たわけでもありませんし、「ウパ!」とか鳴くわけではありません。他の両爬よりも動きはありますが、オモチャ感覚で飼育すると、きっとすぐに飽きてしまうでしょう。命がある生き物であることを忘れず、水槽の中の彼らが居心地良さそうにしているか、長く飼うことできっと、しゃべることができない彼らの表情を見て、コミュニケーションをとることができるようになるはずです。

宇宙からではないにしても、私たちの目の前に現れて来てくれた彼らといつまでも仲良くしていきたいものです。

<関連記事>
有尾類の魅力 from All About 両爬サイト
アカハライモリの飼い方 from All About 両爬サイト

<おすすめINDEX>
有尾類

<記事協力>
ウーパールーパー前線要塞基地
びっきぃとやまどじょう
[All About WEEKENDERトップページに戻る]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。