TOPトカゲアガマの仲間>フトアゴヒゲトカゲ
フトアゴヒゲトカゲ
撮影協力:ちいさきものくらぶ(於:九州レプタイルフェスタ)

フトアゴヒゲトカゲ

学 名Pogona vitticeps別 名:-英 名:Central Bearded Dragon分 布:オーストラリア全長:40~55cm

世界中でも、もっとも多く飼育されていると思われるトカゲです。原産地はオーストラリアの内陸部で、やや乾燥した場所に多いですが森林などにも生息し比較的環境への適応力は高いようです。

和名が表すように特に雄では首から下顎にかけて「顎ヒゲ」のようにトゲ状の鱗が発達します。基本的な体色は褐色に不規則な斑紋があるのが普通ですが、CB化が進んでいるため赤、黄あるいは淡色などバラエティに富んだ個体が「品種」として流通しています。写真の個体は黄色みが強い「シトロン」と呼ばれる個体です。ただし幼体時には成長した時の体色は想像しにくいため劇的にキレイになる個体や、逆にあまりぱっとしない個体に成長したりするようです。

基本的に昼行性であり、昆虫食が強い雑食性です。野生下では雄が縄張りを持ち、複数のメスを従えたハーレムを持った社会性を持ったトカゲです。

原産地のオーストラリアからWC個体が輸出されることはあり得ないため、CB化に完全に成功したと言え、大量のCBベビーや多くの品種が安価から高価にいたるまで流通しています。流通量、価格、飼育のしやすさ、飼育の楽しさ、品種のバラエティなどどれをとっても昼行性トカゲの入門種と言えます。ただし、飼育設備は比較的規模が大きくなることは覚悟しましょう。

ただ、私はなんとなくあまり魅力を感じない種なんですよね...なんでだろ?

飼育の基本情報
飼育容器90~120cmクラス以上の水槽など
温度ホットスポット部は40℃、低温部は26~30℃。夜間は21~24℃にする。
照明紫外線灯とバスキングランプが必要。紫外線灯はできれば複数。
床材爬虫類用の砂漠の砂など
容器内レイアウト流木や岩などでホットスポットとシェルターを作る。水入れは小さめで倒れにくいもの。
専用の配合飼料もあるが、基本的にはコオロギやジャイアントミールワームなどの昆虫を主食にして野菜や果実などの植物質も同量程度与える。幼体時はピンクマウスのきざんだものなどの高タンパク質も与えるとよい。
基本的な世話乾燥系トカゲの飼育に準ずる
  • 海外の情報などでは毎日の給餌は植物食で、週に2回程度動物食を与えると良いという情報も
  • カルシウムの添加は必須。ときどきビタミン剤も添加する
  • 自分よりも小さい他種のトカゲは食われてしまうので同居させない
  • 飼育下での寿命は10年ほど
※「飼育の基本情報」は「爬虫・両生類ビジュアルガイド トカゲ1(誠文堂新光社)」を参考にしました。


<おすすめINDEX>
その他のトカゲのコミュニティサイトfrom All About
その他のトカゲfrom All About

Terra Herps.では図鑑作りへのあなたの参加を待っています!
  • 自分の持っているフトアゴヒゲトカゲに関する情報を書きたい!
  • 星野の情報はココが間違っている!
  • みなさんが提供した情報や意見を読みたい!
そんなあなたはココをクリック!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。