次点繰り上げを装った詐欺

ヤフオクでは、落札者が辞退した場合、「次点落札者を繰り上げて」落札者にするということができます。「次点繰り上げ」自体は悪いことではないですが、これを巧みに利用した詐欺が、次点繰り上げ詐欺です。

次点繰り上げをしたくないので、という詐欺

繰り上げ詐欺の手口
詐欺かもしれません。うっかり承諾して、取引はしないようにしましょう。
落札者のかたが、落札取り消しの申し出をされました。落札取り消しをして次点繰り上げをすると、落札者のかたに「悪い」評価がついてしまいます。手数料等は落札者様が負担してくれるということなので、ヤフオク内での次点繰り上げはせずに、直接あなた様にお譲りしたいと考えています。いかがでしょうか。

このようなメールも詐欺の可能性があります。前述の「おめでとうございます!」よりも、信憑性があり、善意に訴えやすいので、よく使われる手口です。

自分が正式の次点繰り上げ落札者になっていない場合は、取引するのをやめましょう。メールには返事をしません。返事をする場合は、プロバイダのメールアドレスではなく、Yahoo! メールからにしておきましょう。またメール内に、氏名、個人サイトのURL、会社名などの個人情報は記載しません。返事をせずに無視をするのが一番です。

繰り上げ落札者になると、ヤフオクから

「あなたが落札者候補となりました」

商品「○○」の落札者が取り消され、あなたが落札者候補となりました。出品者はあなたが入札している金額で、あなたに商品を落札されることを希望しています。http://~~~にアクセスしていただき、受ける場合は「現在の入札価格で同意します」ボタンを、断る場合は「この商品の落札を拒否する」ボタンをクリックしてください。


というメールが届きます。

そして、これと全く同じようなメールが用意され、ヤフオク以外のサイトに誘導されてしまうことがあります。一種のフィッシュング詐欺です。アクセス先はヤフオクと関係のないサイトで、IDやパスワード、個人情報を入力させられてしまいます。

メールの送信者と、アクセス先をよく確認しましょう。

どうしてメールが来るの?(私のメールアドレスがわかったの?)

Yahoo! オークションに参加している人は、IDを取得していますが、IDを取得すると同時に、IDのあとに@yahoo.co.jpをつけた、ヤフーメールアドレスが使えるようになります。これは基本Webメールなので、どのパソコンでもインターネット環境とブラウザがあれば、メールチェックができる便利なメールアドレスです。通常使っているプロバイダなどのアドレスを、取引相手に教えたくない場合は、このフリーメールである、ヤフーメールアドレスを通常の取引メールに利用することが多くなります。

と、とても便利なのですが

IDさえわかれば、後ろに@yahoo.co.jpをつけて、相手と連絡を取ることが可能になります。詐欺師は無作為に、高額商品に入札をしていて、落札できなかった人のIDの後ろに@yahoo.co.jpをつけて、送信したりします。それで、正規の出品者ではない人でも、次点の人にメールを送ることができるようになっています。

これを防ぐためには、メールアドレスを変更することです。IDは変更せずに、メールアカウントのみの変更が無料でできるので、これを使うとよいでしょう。

この取引に応じてしまうと

  • 商品が送られてこない可能性があります。
  • 詐欺師に住所や連絡先を教えてしまうことになります。
  • ヤフオクの正規の取引ではないので、ヤフオクでのサポートや補償はうけられません。
つまり詐欺ですね。

そのうえ、ヤフオク内での取引とは認められませんので、詐欺に遭った場合も、Yahoo! オークション補償の対象外になり、ヤフーでの被害金額の補償はありません。

取引に同意するのは、正規の次点繰り上げ落札者になっている場合に限ったほうがよいでしょう。

>>>対策と注意はこちらから