全国の両爬ファンのみなさん、コンニチハ!!
今回は、ちょっと趣を変えて生きている両爬たちの話題ではなく、両爬をモチーフとしたアクセサリーやフィギュアをハンドメイドで制作・販売しているサイトさんに注目したお話をしてみましょう。

▼リアル系フィギュアをハンドメイド!!
そもそも両爬のファンって、彼らの持つ独特の質感とか、バラエティ豊かな色彩とか形とかに惚れ込んでいる人が多いんですよね。だから1999年にチョコエッグが発売されたときも、両爬ファンの飛びつきは、一般の方たちよりも早かったように感じます。かくいう私も小さい頃は当時、多かった小さな恐竜フィギュアが大のお気に入りでしたし。
ただバードカービングなんかに対してハープカービングっていうのは聞いたことがないのは、よりリアルさにこだわってしまう両爬ファンならではなのか、あるいは自分で作るのは面倒だからと言う両爬ファンの性なのか...
何にしても、そんな背景もあるのか、最近はハンドメイドでリアルさを追求した両爬のフィギュアを作って販売している方やサイトが増えてきました。
そんなリアル系両爬フィギュアのサイトで最近注目なのが「Count blue」「カエルの森工房」です。
「Count blue」は樹脂粘土で、ちょっと変わったモチーフでリアルなフィギュアを、コツコツと手作りで制作し、販売しているサイトです。
グリーンバシリスク 写真:Count blue

アガマやイグアナなどのいかにもって感じのモチーフが多いのですが、注目はアシナシトカゲあたりの言葉では表現しにくい「キモさ」を持った種類のフィギュアでしょう。調子に乗って(失礼!!)糞とか謎の造形物でも販売してしまおうというのですから、よくわかりません。で、最近の新作で注目は「ピンクマウス」のフィギュアです。これをキーホルダーとかストラップにする人たちって...
ピンクマウス(フィギュアです!) 写真:Count blue


「カエルの森工房」は文字通りカエルをモチーフとした超リアルなフィギュアを制作・販売しています。こちらは土に埋めれば時間をかけて土に戻っていくという環境にも優しいオーブン陶土を使った暖かみのある質感のフィギュアです。扱っている種類はベルツノを中心に5種類ほどですが、秀逸なのはミツヅノコノハガエル。結構な価格ではありますが、本物と見まごうばかりのフィギュアです。欲しい!!
ミツヅノコノハガエル 写真:カエルの森工房

▼デフォルメ系フィギュアの老舗!?
リアルと対極のデフォルメ系フィギュアの制作・販売と言えば多くのイベントでもおなじみの「家雨堂」でしょう。樹脂粘土や陶土、ガラスさらにはウールなどさまざまな素材で両爬の魅力を最大限に引き出した多くの作品を制作されています。デフォルメなのに妙にリアルさがあるのが不思議で、本当に魅力を知り尽くしているからこそできるフィギュアなんでしょう。ぜひこれからは果敢に私の趣味でもある国産両爬もモチーフにして頂きたいですね!!
ガボンアダーウールのアマゾンツノガエル 写真:家雨堂


▼両爬モチーフと言えばシルバー!!
両爬をモチーフにしたアクセサリーと言えば昔からシルバーの、おどろおどろしいアクセサリーがよく知られていましたが、私たち両爬ファンが作ると、妙にマニアックでリアルで、その種類のちょっとした魅力を存分に引き出したアクセサリーになっちゃいます。
銀粘土が一般に普及してから、シルバー製の両爬アクセサリーも増えてきましたが、ネット上でおなじみなのは「Silver Wing」です。
ボアコンやツノガエルをモチーフにシルバーのリングやペンダントを販売しています。
一体普通のシルバーアクセサリーと何が違うのかというと、やはりこだわり。ボールパイソンのリングは間違いなくボールパイソンの模様だし、ボアコンのペンダントヘッドは間違いなくボアコンの表情なんです。当然と言えば当然ですが、これが両爬にこだわりがない方がデザイン、制作されると省略して欲しくないところが省略されたり、不必要なところが誇張されたりして、何となく不満になっちゃうもんなんです。
ボアコンペンダントヘッドボールパイソンリング 写真:Silver wing

▼フィギュア制作者に聞く!!
さて、最後に「Count blue」の管理人の方にお話をお聞きしました。
-フィギュアはどうやって作っているのですか?
「素材は近くの手芸店で売っている粘土樹脂です。色も各種ありますので、それをこね合わせて希望の色を作っています。どの種類のフィギュアを作るかは、基本的にお客様からのリクエストにお答えしています。それ以外は、自分で適当に選んでいます。」

-作るのにどのくらい時間がかかってるんですか?
「自分で飼育している個体を見たり、本やネットの写真を見ながら作っているのですが、だいたい少なくても4時間くらいはかかります。丸一日かかるものもありますね。」

-どんな苦労がありますか?
「作ること自体では模様を表現するときですね。模様の形に粘土を貼り付けていくのですが、その時が一番骨が折れます。あとはトゲトゲとか突起物が多い個体も手間がかかります。何よりも仕事が終わってから夜中に制作するのですが、気づくと一晩中かかってしまうようなこともあります。」

-自分の作品とこれからの作品についてお願いいたします。
「その生き物のもつ良い点ばかりでなく、気持ち悪い点も強調するように心がけているので、そういった部分を見てほしいですね。ヨーロッパヘビトカゲの血のにじみ部分とか。
これから作っていきたいものは両爬ではないのですがオオアリクイとココノオビアルマジロです。ご期待下さい。」

ヨーロッパヘビトカゲ 写真:Count blue



リアル系、デフォルメ系、アクセサリー系などなどいろいろな視点から、さまざまな両爬モチーフの作品がありますが、制作者の方の両爬が好きだからよく観察して、その個体の魅力が十分に伝わってくる作品ばかりです。
みなさんもたまにはこういう生きていないけど生きているみたいな両爬フィギュアやアクセサリーをいかがでしょう?

と言うわけで、「Count blue」様のご厚意により話題の「ピンクマウスフィギュア(チェーン付き)」をいただきましたので久しぶりにみなさまにプレゼントできることになりました!!
プレゼントを希望される方は
・お名前
・メールアドレス
・飼育されている両生爬虫類
・AAJ「爬虫類・両生類」サイトのご意見ご希望など

を書いて、reptiles@im.allabout.co.jpまで、ご応募下さい。応募の締め切りは1月15日とさせて頂きます。
応募者多数の場合は(そんなことあるのか!?)抽選させていただき、後日ご連絡をさせていただきます。
多数のご応募をお待ちしています!!
※上のプレゼントの応募は終了いたしました。多数の応募をまことにありがとうございました。

なお、
●お送りいただいた個人情報は、プレゼントの抽選と発送にのみ使用し、それ以外の目的では使用いたしません。
●プレゼントの発送後、こちらに応募いただいたメールはすべて削除いたします。
●All About Japan プライバシーポリシーについてはこちらをご参照ください。

<関連サイト>
Count blue
カエルの森工房
家雨堂
Silver wing