全国の初級両爬飼育者のみなさんコンニチハ!!
お待たせいたしました。「初めての○○飼育」の第五弾です!!
今回のテーマは「地上性ヤモリ」。ちょっと一時のブームは過ぎて落ち着いているようですが、あらためて見直すと、やはり飼育に向いている種類が多いのも事実。今回も、やはり私が自分で飼育してみてのレポートですから、自信を持っておすすめです!

▼そもそも地上性ヤモリって...?
地上性ヤモリは、いわゆる「やもり」の特徴である「壁にくっつくための指先の特殊な構造」を持たないヤモリの仲間と理解するのが一番わかりやすいでしょう。トカゲモドキ科の種類やヤモリ科の一部(テラトスキンクとか、ササクレヤモリとか)を指すことになります。
小型で不活発な種類が多く、小規模の設備で飼育できるのが、私のようなあれもこれもという人間には魅力です。

また比較的、飼育繁殖が容易な種類が多く、累代飼育や品種の作出なども楽しめます。そのためCB個体が出回っていることが多く、まさに「初めての両爬飼育」に適したグループであると言えるでしょう。
そんな地上性ヤモリたちですから、どんな種類でも飼育初級者の方たちにオススメと言えるのですが、やはりここは定番の「あいつ」をご紹介するしかありません。

▼オススメNo1の地上性ヤモリ
さて、では飼育初級者にオススメする地上性ヤモリとはなんでしょう?
定番で申し訳ないのですが、やはりオススメは「ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)」に尽きます。彼の千石先生も言っているように「最もペットに向いている爬虫類」なのですから。
以前私はレオパには全然興味がなかったのですが、昨年の「HBM」で「レオパくらい飼わなきゃ両爬は語れないよな」みたいな気持ちで、一匹のレオパのリューシベビーを購入し、飼育を始めてみたら、なるほど千石先生が言うこと、そして、なぜここまでレオパが人気があるのか、よーくわかりました。

◇レオパの魅力
ま、今さらなんですがレオパの魅力って何でしょう?
・丈夫
私は、基本的にWCの国産爬虫類を中心に飼育しているのですが、それらと比較すると、CBのレオパの丈夫なこと。餌付きも良いし、水切れにも強い。

・扱いやすい
基本的に咬んだり、突発的な動きをしない生き物です。餌を捕らえるときは別ですが、とにかく動きがスローです。ですので、国産爬虫類では考えられない「ハンドリング」が可能なのは魅力のひとつでしょう。

・ほどよい大きさ
私は、ベビーから飼育したのですが、すでにその大きさでイエコのMを食うことができますので、餌に困ることはまずなさそうです。

その他にも
・多彩なカラーバリエーション
・繁殖が比較的容易

などなど、いちいち挙げていたらキリがないほどの魅力が満載の種類と言えるでしょう。
▼レオパを楽しむ
これも今さらですが、レオパの基本的な飼育法を考えてみましょう。
もともとレオパはパキスタンからインド北西部、アフガニスタンからイランにかけて広く分布していて、比較的乾燥した荒れ地や砂礫が多い場所に生息しています。岩の下の砂地に巣穴を掘り夜になると活動をします。
ですから、飼育の際もそのような自然での生活をイメージして飼育したいモノです。
とは言ったものの、私などは実を言うとかなりいい加減な飼育をしちゃっています。
詳しいことは、飼育書や専門サイトなどがありますので、私のような初心者が書くよりは、そちらを参考にした方がいいでしょう。

◇ケージ
大きさに合わせたプラケで十分です。フラットプラケは場所もとらずいいケージです。私の所では、以前に記事でご紹介した「フタと本体の間にすき間ができて、ヘビ飼育には到底使えそうにない」フラットプラケを使っています。
結構、背伸びして脱走を図ろうとしますのでしっかりとフタができるものがいいです。

◇床材
これは意見が分かれているところで「細かい専用の砂を入れた方がいい」という意見と「砂の誤食の恐れがあるので入れなくていい」という意見です。
砂の誤食は、そのまま消化管内に残ってしまって体調を崩すことがあるようです。一方「ミネラル補給のために砂を食うのでは?」という意見もあります。
ちなみに私の所では、何も敷いていません...

◇保温
基本的にレオパには保温が必要です。
我が家ではテープヒーターでケージの4分の1ほど温めています。ただし夏場は無加温です。
◇照明
基本的に紫外線関係の照明は不要と考えられています。

◇餌
ミネラルやカルシウムをダストしたコオロギがメインとなります。その他ジャイアントミールワームやピンクマウスも食うようです。我が家では二日に一回くらいのペースで与えています。結構、大食いです。

◇湿度
乾燥系の生き物ですから、湿度はあまり気を遣わなくてよさそうです。水は水入れを常設させておけば自分から飲みます。体に水分がつくのは好まないようですが、なぜかうちのは霧吹きすると喜んでいるように思えちゃいます。

その他、繁殖を考えるのならばやらなくてはいけないこともありますが、詳しくは飼育書などを参考にして下さい。

かれこれ1年くらい1匹のレオパとの生活をしていますが、本当に楽しいヤツです。触れるし、表情も豊かだし...

とかく爬虫類飼育は「繁殖をさせなくてはいけない」とか「神経質だから真剣に」とか、私を含めて蘊蓄を語って、肩を張って飼育に臨みがちですが、レオパを飼っていると「やっぱり生き物を飼うって楽しいこと」をあらためて感じさせてくれます。
飼ってみて、本当に実感できました。
レオパが「ペットとして飼育するのにもっとも適した爬虫類」である、ってことを。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。